★ ☆ 2005 ☆ ★ 
今年もレギュレーションの大幅な変更となり、2V,4Vクラスはエントリークラスとしての位置づけになりました。これにより両クラスともに予選〜決勝間に1分8秒を切った場合は「卒業」となり、次回からはアドバンスクラスへ移行となります。
今年は6月、10月とどういう事になるのでしょうか!
楽しみでもあり。。不安でもあります!
We're Desmo Famiglia
2005年6月26日(日)
天気:曇り&晴れ 気温:30度くらい・・・とにかく蒸し暑い日
梅雨の真っ只中というのに、この3年間ドカカップで雨はありません!凄いことですね〜
朝のうちは良い感じの気温だったのですが、時間が経つにつれて気温があがってきました。しかも蒸し暑いので
ツナギを着ると、息苦しいっ。。。この時期はいつもメッシュのツナギが欲しくなります。

黄色のまる印が変更点!
マシンのレギュレーションが変更になった為に、私のモンスターも色ばかりではなく、少しばかり変更を加えました。それはフロントブレーキ・マスターシリンダーをブレンボに変更し、ディスクローターもサンスターに変更したのです。ブレーキマスターは996時代のものを装着しただけで、改めて購入した訳ではないんです。
ディスク・ローターはサンスター製に交換、また今年からはアンダーカウルが義務付けられたので、去年の菅生6時間の時のをそのまま装着しました。

しかし、依然としてエキパイは標準装備のままですので、バンク角確保はあまり出来ていません。前回も7秒台に入ってくると最終コーナーではカリカリとエキパイを擦ってしまっていたので。。。リアのプリロードをちょっとかけて、リアのロッドを調整することで、リアを少しだけ上げた状態にしてみました。

まあ、あまりセッティングの事がわかっていないので、どこまで走り易くなるか!って事をメインに調整しています。

【車検時】
ちょっとびっくりなご指摘を頂戴しました。なんとゼッケンのフォントが違うっていうんです!まあ指定フォントはあるのですが。。。いまさら変更できないし、気合入れてカーボン地(黒でなければいけないんですが。。。)のカッティングシートで作ったのですが。。。
今回は『9』の文字を小変更(一部カット)でOKでした。次回からは。。。。どうなんでしょう?
*** 公式予選 ***
スタート時間:8:20〜8:35(15分間)

写真:Ducati Japan HPより
参加台数が極端に少なかったのです!たったの12台。よってコース上はガラガラの状態です。これならスイスイ走れます!
で。。。。2周目からアタック開始!そうしたら4周目くらいに「5秒台」とピットからサイン!!え!凄い!!これなら間違いなくポールだ!と思い気合を抜いて走っていたら。。。。なんと目の前にあるブレーキ・フルードのタンクがブルブルと震えています。。。
【トラブルです!】下から覗いてみたら、「な!なんと!。。。フルードのタンクを押さえてあるはずのナットが無い!」抜け落ちて、今にも飛び出しそうなくらいに激しく揺れていました!ピットインしかありません。。。。

写真提供:JACKpapaさん
ピットに入り、みんなの居るピット前に到着です。ジェスチャーで「これこれ!」とフルードのタンクを指しても、ピットでは何事?ってな感じです。そこで大声で「これ取れそう!!タイラップで留めて!」僕の悲痛な叫び声が19番ピットに響いたことだと思います。当人はヘルメットをかぶったまま叫んだものだから、自分の声で耳だ痛いくらいでした。とほほ・・・周りの皆が応急処置をしてくれている間に、「5秒台出たの?」と確認したら、「計測ミスです!5秒は出てません!」だって!「え〜そうなのぉ〜」残り少ない時間で再度アタック開始だぁ〜!!!
ほんとうに今まで何も無くドカカップが終了する事はありませんでしたが、今回もです!(爆)

処置を終えて、すぐにピットアウト!電光掲示板には1位:59番・・・おいおい!59番ってマークしてない番号だったけど。。誰だぁ〜と思っていたら、なんと1位はトマトモータースの「アライ君」という事に気が付きました。よ〜し!それでは余計に負けていられない!な〜んて変な気合を入れて走りました。。。。。残りの数分間では、毎回最終コーナーでも良い感じで、これは行ける!絶対に好タイム!!!!と思ったのですが。。。結果は予選3位。アライ君はポールポジションGETです。綺麗なフォームで走るアライ君を視界に捕らえていたのですが。。。悔しい。。。彼との差は0.46秒。。大きい差です。決勝で挽回できるか。。。きわどいタイム差でした。


トマトモータース:アライ君 1ヘヤのアプローチ!

何を考えていたのでしょうか・・・
下手の考え、休むに似たる。。。そう!休んでいるんです!
写真提供:bakuさん
★★ 予選結果 ★★
1 59 新井 祐輝 DUCATI:SS1000HF トマトレーシング 1'06.011 9/ 13 卒業
2 8 中村 勝彦 DUCATI:SS900ie TEAM POINT−UP 1'06.402 12/ 13 卒業
3 19 関口 耕平 DUCATI:M900 トマトレーシング 1'06.474 11/ 11 卒業
4 9 中丸 雄二 DUCATI:SS1000DS   1'07.449 8/ 13 卒業
5 1 村石 正敏 DUCATI:SS900ie ムラヤマモータース部品課 1'07.519 12/ 13 卒業
6 12 渡邊 雄三 DUCATI:SS900 Team Silverbird 1'09.999 12/ 13
7 2 秋山 峰久 DUCATI:SS900ie yellowD&STRATOS 1'10.206 11/ 13
8 26 小山 雅章 DUCATI:SS1000 TEAM SilverBird 1'10.265 10/ 12
9 5 渡邉 喜裕 DUCATI:SS900ie 嵐乃子・シルヴァバード 1'11.478 10/ 12
10 78 百瀬 康洋 DUCATI:SS900ie M−HOUSE.R.たんぽぽ組 1'11.673 12/ 12
11 22 寺本 剛史 DUCATI:SS900ie お昼寝くらぶ(_〜_)ZZzz 1'11.798 12/ 12
12 77 中村 尚美 DUCATI:SS900 茂SPEED&BDRチーム西條 1'12.143 12/ 12
予選結果は3位 1分6秒474(自己記録更新でした)
*** 決勝レース ***
11:55〜12:10

   予選3位のグリッドで
デスモガール&その他大勢の男たち!

           
写真:Ducati Japan HPより

お約束のウィリーでウォームアップ・ランのスタートです!ついつい!フロント上げたくなってしまうんだよなぁ〜。このまま1コーナーくらいまで行けると面白いんだけど。。。技が無いから中途半端なんです。。。
暑い暑い時間にスタートです。いったい気温は何度くらいだったのでしょうか・・・多分この時点で30度は越していたと思います。

ウォームアップで充分にタイヤをモミモミして・・・いよいよスタートです。僕の場合は4000回転に固定して、クラッチミートします。スタートではウィリーしないようにクラッチを繋ぎ・・・完全に繋ぎきったらアクセル全開!!!スタートは結構得意なんですよん!(まめぇさんには負けるけど・・・)

【スタート!】
スタート⇒1コーナーでは2位。。。前にはトマトのアライ君だ!きっと後には中村さん(#8)なんだろうなぁ〜と思いながら、S字に向かって立ち上がり、ぴったりと#59アライ君を追撃体制です!タイム差があるので、出来るだけ近くで走り、付いていく作戦にしました。

写真@ スタート直後の1ヘヤ
写真提供:bakuさん

写真A 2周目1ヘヤ
写真提供:bakuさん
1ヘヤ(写真@)ではこの状態です。決して付いていけないペースではないですが、簡単には抜けないのはわかります。そしてそのまま3台で2ヘヤをクリアしようとした時・・・先頭を走るアライ君のSSが転倒!・・・

予想外の展開で首位になり、バックストレートを全開で走り抜け最終コーナーをなんとか首位のままクリア、そして1コーナーへアプローチする瞬間!#8中村さんがインを付いて首位に!凄くスムーズに入られてしまい。。びっくり!でも必死に後につい走ろうとしました。(写真A) しかしジリジリと離されていきます。
 


写真提供:JACKpapaさん
5周目くらいから、腕が上がってしまいました。本当に情けない話なのですが。。。ピット前を通過する度に・・・残り周回数を数えていたような感じです。
追い上げるには無理と判断して、2位をキープすることにしました。後を振り返ると、まだ距離はずいぶんあり、残りの周回数で抜かれないように走りました。でもやはり前は気になりますが。。。やはり1位ははるか彼方に。。。。
そして10周が終了!!

決勝 2位
決勝のベストタイムは予選タイムを更新できず・・・・しかし、6秒台に入れる事が出来たので、まずまず・・・いや!上出来です。


写真提供:JACKpapaさん
DUCATI 2Vクラス 2位 :決勝中のベストタイム: 1分6秒682
★★ DUCATI 2V 決勝リザルト ★★
1 8 中村 勝彦 DUCATI:SS900ie TEAM POINT−UP 11'13.369   1'06.274
2 19 関口 耕平 DUCATI:M900 トマトレーシング 11'20.656 0'07.287 1'06.682
3 1 村石 正敏 DUCATI:SS900ie ムラヤマモータース部品課 11'25.101 0'11.732 1'07.745
4 9 中丸 雄二 DUCATI:SS1000DS   11'25.101 0'11.732 1'07.383
5 12 渡邊 雄三 DUCATI:SS900 Team Silverbird 11'42.414 0'29.045 1'08.492
6 2 秋山 峰久 DUCATI:SS900ie yellowD&STRATOS 11'45.219 0'31.850 1'09.229
7 26 小山 雅章 DUCATI:SS1000 TEAM SilverBird 11'45.679 0'32.310 1'08.941
8 78 百瀬 康洋 DUCATI:SS900ie M−HOUSE.R.たんぽぽ組 12'05.175 0'51.806 1'11.247
9 5 渡邉 喜裕 DUCATI:SS900ie 嵐乃子・シルヴァバード 12'20.142 1'06.773 1'12.338
10 22 寺本 剛史 DUCATI:SS900ie お昼寝くらぶ(_〜_)ZZzz 12'24.610 1'11.241 1'12.422
11 77 中村 尚美 DUCATI:SS900 茂SPEED&BDRチーム西條 11'56.351 1Lap 1'11.886
約3年間、モンスターで2Vクラスを走ってきましたが、『モンスターで優勝』という目標を果たせずに卒業するのは、少々残念です。
しかしエントリークラスという位置づけであれば、今後はこの場を次の方々へ明け渡さないといけませんね!
そして次のステップには、やはりこのモンスターでこだわって走って行きたいと思います。でもアドバンスクラスで走るかは、もう少し時間が経ってから考えたいと思っています。

サポートしてくださった皆様!今回もありがとうございました!
また写真を送ってくれたJACKpapaさん、Bakuさん、ノザ、ありがとうございました。

次回はどこで?

MAX7かMAX5に出ちゃおうかな!!