☆★ 2004 ★☆
今年で参加3年目になったドカカップ。このイベントに参加するようになり、ほんとうに沢山の人たちと知り合うことができました。ただバイクに乗っているだけでは、一生知り合いになれなかっただろう人達。。。これからも参加し続けるとなれば、もっと多くの人とのつながりができる事でしょう!楽しみです。

Ducati Tokyo West(トマトモータース)からは今回も多くの参加者&ヘルパー、応援の方々で大賑わいでした。しかし2Vクラスに出場する人は毎回少なくなり、とうとう今回はトマトレーシングからは2名の参加!しかし参加予定のY氏はカップ前の練習で転倒。。そして鎖骨骨折。。。。よって2Vクラスは私一人。さみしいぃ〜。。。。そういう自分も直前のライパで転倒してしまいました。今年は4Vがすごい人気です。なんとエントリーは48台です。予選落ちまであるんです。(と、いってもチャレンジクラスで走れます:8周)4Vが売れてるんですねぇ〜

『参戦』と表現するには少々抵抗がありますので、なるべく『参加』してると言うようにしています。なぜならドカカップってお祭りって感じで、自分の中には戦ってるっていう意識はほとんど無いのです。。。強いて言うなら自己タイムと戦っているって事になるのかもしれません。しかしタイムが良くなくても、実際レースという環境の中で走っているのが、すごく楽しいからいいんです!
この環境にも少しずつ慣れてきたので、楽しむ余裕があるのかも。。。はじめたばかりの2年前は緊張の連続でした。


2004年6月27日(日)
天気:曇り&晴れ(かなり蒸し暑い一日でした)

今回のドカカップ開始日まではかなり天候の事で悩みました。レース前は週間天気予報とにらめっこ!見ていても変わらないのに。。。う〜ん。。。と日々変わる予報に一喜一憂していました。職場でも「また天気予報を見てる!」とまで言われる始末!正直、レース前の1週間は仕事が手に付かなかった。
雨のレースも走り方とかすごく難しいのは、想像できますが、年に2回のドカカップです。やっぱりドライの路面で思いっきり走りたいよねぇ〜。で、当日は。。。曇り/晴れ。もう雨の心配は無い。。。と思ってもレインタイヤはトランポに積んで筑波に向かいました。


無事に筑波到着!さあ!これから荷物を降ろして
『レースな一日』が始まります。

準備〜車検〜予選前

写真提供:まめぇさん
受付をしてから車検までの時間は忙しい時間になります。パドックまで荷物とバイクを運び込んで間もなく、装備一式とバイクを車検場まで移動させて。。車検です。何度か経験していると、ドタバタしなくなりますねぇ〜さすがに参加5回目となればね!

今回のヘルパーにはmy奥様とタンゲ氏←この方は4V優勝&卒業、前回のスーパークラス(現:アドバンスクラス)でも上位入賞経験のある頼もしいヘルパーです!レース経験も豊富ですので、任せて安心!ほんと助けていただきました。ありがとう!


あ、無事に車検も終了し、予選までの時間が。。。緊張するんですよねぇ〜
*** 公式予選 ***
スタート時間:8:40〜8:55(15分間)
予選の走り方なんかも、出場5回目ともなると要領がわかってきます。まあ、何をするにもちょっと他の人より早く行動しておく事が、レース結果に影響するみたいです。これはレースに慣れているショップから参加されている方々を見ているとよ〜くわかります。ほんと勉強になりますねぇ〜
と、言うことで早々に並んでおいて、早い順番で出走できるようにピットロードに入ります。⇒

【番外編】

実はM900のサスペンションはシルバーバードの牧野社長にオーバーホールして頂いた経緯があります。で、。。。パドックに車両を運ぶ途中で、牧野さんがいらしたので「おはよ〜ございま〜す!」と声を張り上げたら、ニコニコしながら牧野さん「おぅ!おはよう!。。。あれ!前のサス、入りすぎてるなぁ〜少し(プリロード)かけておきなぁ〜」とありがたいアドバイスを頂戴したのです。これがびっくり!!
予選の結果に大きく影響しました!!!

写真提供:まめぇさん

写真提供:まめぇさん
私の前には3台が出て行ったばかりです。予選中にクリアラップで走れるのは、はじめの数周と考え、ピットアウトしたら少々飛ばして前の3台を全部抜き2周目からのアタックをしました。

この作戦が功を奏して、はじめの4〜5周まではかなりいいペースで走れました。ピットからのサインで7秒台が出たのを知って、少しペースダウン。。。うっしっし!これでポールポジションかも!よしよし!な〜んて思っていたら。。。
世の中そんなに甘くなかったのです!
順位を知らせる電光掲示板には2位のところにゼッケン19番が!え〜1位は何秒なの?
聞いてびっくり5秒台だそうな。。。ははぁ〜こりゃすげぇ〜1位と2位の差が約2秒弱。。。これってすでに勝負あった!って感じです。
予選結果はこちら!

僕らの世代でバイクレースしていたら右の写真の方が誰かは知っているでしょう。元世界GPライダーの八代俊二さんです。予選後のホッとしたひと時。。。いろんな話聞けてたのしかった!!

八代さんはとても楽しい方なのです!
予選終了してから決勝レースまでには少々時間があります。この間にいろんな方とお話したりで、とても楽しい時間を過ごせました。bakuさん、まめぇさん、あっぷらいと24さんなどなど、皆さん経験豊富でとても貴重な時間でした!  
前回の2V覇者 bakuさん!
アドバンスクラス3位!996で参加です。マシンに問題を抱えながらも入賞する実力の持ち主!ほんと速い人って、何に乗っても速いんですねぇ〜

岡田さん#55
多分次回の優勝者はこの方でしょう!今回3位だったのですが、レギュレーションに引っかかってしまった部分があり残念ながら失格になってしまいました。速いんです。。。6秒台出てたらしいし。。
*** 決勝レース ***
12:45〜13:00
まめぇさん!そうなんです!もう一つ隣に行かないとね!PPでドカガールに傘さしてもらいたかった。。。と思ったら、撮影の為とはいえ、来てくれましたよ!嫁さん&ドカガール!はぁ〜幸せ者です。でも調子に乗って肩に腕まわして写真撮ったけど。。。お姉さんの腰が引けていますねぇ〜(爆)そんなにギラギラしてたかな?

まったく緊張感の無い雰囲気ですが、実はドキドキしていたんです!

いよいよスタートです!!!

写真提供:まめぇさん 【スタート直後の1コーナー】
★★★★ レーススタート ★★★★
スタートは少々自信があります。旗が振り下ろされた瞬間にクラッチをつなぎ、アクセルを絞り込むように全開までもって行きます。一気にガバッと開けると、「ウィリー祭り」になります。
1コーナーには1番で!と思ったらやはりPPの#3がスッと入ってきました。上手い!!1から2コーナーのイン側をなめるように抜けてS字で全開!!!しかし前を見ると既に#3の彼は15メートルも先を走っています。なんでぇ〜。。。まったく一枚も2枚も上手です。。。既に『勝負あり』と思いながらも必死についていきます。あくまでもつもり。。。

1周目の1ヘヤでこの状態。。。】

写真提供:まめぇさん
2〜3周目くらいまでは1位についていくぞぉ〜という意思はあったのですが。。。さすがに速すぎます。コーナーを抜けるたびに離されていきます。歴然とした実力の違い。。。これ以降は2位を守ることに気持ちを切り替えました。なぜなら3位の岡田さんは予選の時から私にぴったりマークして来ていましたし、彼が速いのは3日前の練習で知っていたからです。
周りで見ていた人たちは、きっと#55の岡田さんが私をパスすると思っていたに違いありません。
←こんな状態ですもんね!

写真提供:まめぇさん
位GET! コーナー入り口では#55のマシンがチラチラと見えます。しかしまだ抜ける距離までは詰まっていません。でも何とか周回を重ねるうちに、周回遅れのマシンが出始めました。。。この機会を見逃してしまったら間違いなく3位転落だぁ。。。ここで先にいる周回遅れのマシンをコーナー入り口ギリギリで抜き、#55との間に入れてしまおう!そうすることにより#55岡田さんは加速がちょっと遅れる。。。結果的に私を抜けない。。。というかなり他力本願な戦法でしたが、成功したようで、チェッカーを2番目に受けることができました。
今回の決勝レースでの収穫はタイムをコンスタントに7秒台に入れて走れた事です。目標は6秒台だったのですが、まだ少し余裕を残しての走りでこの結果です。十分に満足できる結果でした。
前回と比較すると10周トータルで3秒短縮、ベストはほぼ同じで1分7秒200でした。
まあ、なんといっても練習がぜんぜん足りていませんね!本当に勝ちたければ、練習&セッティングが必要なのでしょうが。。。このまま卒業しないで2Vクラスで走っているのもいいかも。。。なんて真剣に考えちゃいます。
999Rではちょっとレースする勇気ないしなぁ〜

写真提供:まめぇさん
今回も沢山の方々にお世話になりました。ありがとうございました。
写真はマッチャン!ビデオはタケちゃん!そしてまめぇさんも!いい写真いっぱいありがとうございます。このドカカップのページ上でまめぇさんの撮った写真が一番多いかも。。。


ほんと皆様!応援!励まし!色々とありがとうございました!次回もがんばります!!