ノーマルマフラーはとても静かで、街中ではドカティーと気づかないくらいの音量です。(下の写真参照!)またこのままでサーキットを走行するとサイレンサーの外側の根もとを擦ってしまいます。よってテルミニョーニのスリップオンを装着しています。CPUはノーマルのままです。

音はドカらしく、すばらしく?大きくなります。(爆)装着してからは近所での暖気はできなくなりました!エンジンをかけたらすぐに大通りに出る必要があります。
【パワー】
ノーマルに比べて、トルクが太くなり街中でも走りやすくなります。特筆に価するのは軽さです!ノーマル装着時よりも、明らかに軽く取り回しができます。走り出しもスルスルとアイドリング+αの回転数で発進できますよ!


【欠点】
マフラーのガードがステップ後方に無いために、ステップにつま先立ちで乗る私はエキパイにかかとが触れてしまいます。すると高熱によりブーツのプラスチックが溶けなんとも汚いエキパイになってしまします。ガードを作成するか、ピカールで磨くか??私は後者です!