M 900-ホワイトニング作戦!

まだ完成はしていません!エキパイとマフラーのバフがけがまだ終了していないのです。
よってマフラー未装着の状態です。


この状態のままだと、ますますドカティーのスリムさが強調されます。ドカカップに参加している間は、フルエキをいれることは出来ませんが。。。マフラーも集合させて1本のサイレンサーにしてみるものいいかなぁ〜なんて思ってしまいました。でもワンオフって事になるので・・・う〜ん、実現させるのは難しいかも・・・
こちら側から見るとさらに小さく見えます!
まるでHONDA250ccのVTのように見えるのは私だけではないと思います。


フレーム&外装塗装をしたのに、いまだにリアフェンダーは標準のプラスティック製のままだし、タイミングベルトカバーもそのまま・・・クラッチカバーは自家製?穴あけ&ボロボロ塗装のまま・・・・まだまだやること?(お金はかかる!)いっぱいあります!!
☆☆ M900完成 ☆☆
完成〜!
バフがけされたマフラーが付き、ついにお色直し完了です!太陽光、夜の街灯などの光によって、より一層綺麗にみえるパールホワイトのM900です。
納車から3年間黄色いモンスターを見ていたせいか、ここまで色を大幅に変えると違うバイク買って『納車』するっていう感じでした。なんといっても、頑張ってフレームまで塗った事で、ここまで印象が違ったということですね!自己満足の世界にどっぷり浸かっています。


あとはレース用のカウルの塗装が残されていますが、ドカカップまでには、もう少し時間もありますので、ゆっくり考えます。っていってもベースカラーは同じなので、ライン、もしくはワンポイントのアクセントになるようなデザインにしたいと思います。
バフがけ処理後 バフがけ処理前

バフがけされる前の状態です。左の写真のように、ここまでかっちりとバフがけすると、純正でも見た目がかなり違いますね!まるでフルエキのマフラー入れたみたいです!!