目次

バイオリズム

グラフの見方

体験事例

皆様の声


グラフの見方


バイオリズムの見方と活用方法です。


要注意日の期間

正確にはグラフで交差する点を頂点として 釣鐘型に不安定な事象が発生します。
当グラフでは交差点の後の24時間を要注意日としていますが
前の24時間も注意する必要があります。

高調期と低調期

バイオリズムグラフが上(プラス)の時期を高調期、下(マイナス)の時期を
低調期と言います。
低調期は要注意日に比べて1/3以下の不安定さですので
あまり気になさらない方が良いと思います。

要注意日の過ごし方

要注意日に必ずバランスが崩れるわけではなくその確率が高くなるなる
だけですので、危なそうな計画を避けることと起こってしまった事に冷静に
対処するようにします。
不都合な事が起こった場合にも要注意日だと認識いれば冷静に対処できる
と思います。

身体の要注意日には

運動神経の不調から思わぬケガや交通事故に注意しましょう。
体の抵抗力が弱まっていますのでカゼ等の体調不良になりがちです。
旅行・スポーツ等の体を動かす行動を避けるようにします。

感情の要注意日には

感情の起伏が激しくなったり、自分自身をコントロールする事が難しくなります。
精神が不安定になりやすく、相手に不快感を与えることが多くなりますので、
慎重な言動が必要です。

知性の要注意日には

判断力や思考力が悪くなりますので、交渉ごとは不向きです。
注意力が散漫になり記憶力が減退しますので、物忘れ等のミスに気をつけます。


Copyright (C) TrySpace
ALL Rights Reserved.