ZEPTO RA-Spec燃料改質剤
RA-Spec Banner
RA-Spec RA-Spec Super RA-Spec Professional RA-Spec Racing
RA-Spec (Rise Additive Spec)
Web Top Page RA-Spec Top Page LINKS ORDERFORM E-MAIL
燃料改質剤RA-Spec (ガソリン、A重油、C重油、灯油、軽油用)
RA-Spec燃料改質剤
 RA-Specは世界最先端技術の特殊活性化合物(非公開)と酵素を採用している燃料添加剤です。
世界最先端技術の特殊活性化化合物と酵素を採用する事で、ガソリンから重油まで対応する燃料改質剤となっております。
一般ユーザ様車両のテスト(ガソリン)でもかなり良いと言うお声があり1L缶の販売も開始しました。ガソリンエンジン車両からディーゼルエンジン車両、クリーンディーゼル車両、発電施設のエンジン、工場施設、ビル施設、農業施設ボイラーなど、全てRA-Spec1本で対応が可能となりました。この画期的なRA-Spec(世界最先端技術で生産された燃料改質剤)是非体験してみて下さい。

 昨今、実用車のエンジンの進歩が著しく、多様な省エネエンジンが開発されています。
一方燃料の分野でも燃料の組成や製造法ともに進歩しています。
特にクラッキングという新技術により、重質油を分子レベルで粉砕し必要な燃料成分を得ています。
エンジンにはガソリンやディーゼルなどの種類がありますが、燃焼エネルギーを機械的エネルギーに変換し動力として使用しています。
その全熱量の行方をみますと、駆動のための有効仕事率は約30%であり、排気損失、冷却損失、摩擦損失で70%は排気ガスと一緒に放出されてしまいます。
自動車のガソリンエンジンなど、排気管にアフターバーナーを取り付けすると、燃焼済みの排気はよく燃えるので、未燃成分が含まれていることがわかります。
燃料に添加剤を混ぜて燃焼を促進させたり、効率を上げたりといった措置が講じられる例は少ないですが、それは石油の販売量を増大する作戦でもあり、そのような研究が望まれなかった背景があります。
今日私たちが直面している資源の枯渇、石油価格の暴騰によって、節約が強く要求されることになると、この種の添加剤の開発は極めて重要な問題になってきます。
その上、大気汚染という環境問題もあり、一層必要性があります。
RA-SpecはA重油、C重油、軽油、灯油、ガソリン燃料に対応し内燃機関、ボイラーなどに使用出来ます。

燃料改質剤RA-Spec (Rise Additive Spec)
RA-Spec ■RA-Spec 1L缶
一般用
業務用(GHSラベル)

希望小売価格()内は税抜き
・¥13200-
(¥12,000-)

荷姿:1L/12本
RA-Spec 18L缶 ■RA-Spec 18L缶
一般用(丸缶UN仕様)
業務用(角缶UN仕様、
GHSラベル)

希望小売価格()内は税抜き
・¥198000-(¥180,000-)

荷姿:18L/1本
業務用RA-Spec 18L缶は、UN仕様の角缶になります。
業務用18L缶と1L缶のラベルは、GHS対応ラベルになりますので写真と異なります。

GHS対応ラベルは下記のデザインシールになります。


商品使用初期はスラッジ分散、カーボン除去等で効果が現れない場合が御座いますが使用を続ける事で効果が徐々に現れます。
燃料系統の不純物の排除等も完了しますと、燃料改質剤RA−Specの本来の効果が発揮されます。
また継続的に使用する事で燃焼効率向上状態の維持が可能となります。
RA−Specを添加する事で通常使用時よりエンジンオイルの汚れが少なくなりオイルの劣化を遅らせる事が出来ます。
ディーゼルエンジン、ガソリンエンジンをご利用の方は当社取り扱い製品センチネル(Sentinel)製のオイルを併用する事で更に燃費の向上、パワーアップが期待出来ます。

異常燃焼 理想的な燃焼 カーボンで性能低下
Abnormal combustion
ガソリンの気化された部分が
不均一だと異常燃焼を起こし、
パワーロスにもつながる。


Ideal combustion of RA-Spec after addition
RA-Spec添加後の理想的な
燃焼。均一に燃焼し、パワー
ロスが最も少ない


Abnormal combustion in the carbon attached
不均一な燃焼や空気不足
が不完全燃焼を引き起こし、
発生するカーボンが吸排気
バルブ、シリンダー内に蓄積し、
性能の低下につながります。
クラッキング無し クラッキング有り
Without cracking technology
クラッキング技術無しの
場合燃焼時間が長く
なり、NOxや黒煙発生
の原因となります。
There cracking technology
クラッキング技術有りの
場合燃焼効率を改善し
ます。


1.成分
ケロシン、特殊活性化合物(非公開)、酵素、その他により構成されています。

2.改質剤の効果
 燃料HCに対して作用します。
  1.燃料効率向上(着火特性の向上、安定、燃焼時間の短縮による燃料費節約)
  2.排ガス・黒煙(NOX・SOX・CO)の削減
  3.馬力の向上(オクタン価、セタン価)
  4.タンク内のスラッジ分散
  5.カーボンの溶解・除去
  6.水分除去(水抜き効果)
  7.燃料長期保存効果
  8.燃料系統の不純物排除
  9.振動や騒音の低減

3.使用方法
内燃機関(エンジン)ボイラーなどに使用する場合、直接タンクに適量を投入します。

 使用量の目安
種類 燃料タンク 基本添加率
A重油 メイン・サブ 1/3000
C重油 1/4000
軽油 1/3000
灯油 1/3000
ガソリン 1/2000
*A重油、C重油混合の場合1/3000〜1/4000の基本添加率で調整してご利用下さい。
*重油は粘度、比重により特殊活性物質と酵素の分散、改質に時間がかかりますので運転開始の6時間以上前に入れてください。
*特にボイラ−は年数とともに効率が低下しますのが、この改質剤を使用することにより改善することができます。
*エンジン(内燃機関)の場合入れすぎは燃焼効率が低下する場合が御座います。
 ガソリン:基本添加率1/2000、ディーゼル:1/3000でご利用下さい。その他燃料の場合基本添加率でご利用下さい。
*効果はボイラ−の種類、エンジンの種類等により異なりますが、注意事項へのご理解をよろしくお願いします。
【注意】
1.混合前に燃料フィルタの清掃を必ず行ってください。 スラッジ分解のためフィルタ−の目詰まりを確実に点検してください。
 エンジン車両の場合、走行距離が多い車両は燃料フィルターの交換をお勧めします。
2.ボイラー内のススや炎の色を点検してください。
3.ボイラー内部の炎の大きさや状態を確認して、2次空気を絞るなどの調整をして下さい。
4.エンジン(内燃機関)の場合初回から基本添加率でご利用下さい。
ボイラーでの使用方法
初回2KLタンクの場合はタンクに約1Lを添加混合してください。次からは給油前に0.5Lを入れてください。

4.改質作用と働き
特殊活性物質と酵素のはたらきで理想的な燃料への改質をおこなっています。この特殊活性物質と酵素は燃料分子の構造を変化させ、より酸素と結合しやすいかたちにし、燃焼効率を向上せる。このことにより、有害ガスのCO、HCX、黒煙、粒子状物質、を減少させている。

5.安全性
第4石油類であり有害な助因子材料は一切使用していません。燃料タンクの腐食や点火系統、触媒装置、排気系統に損傷を与えることはありません。
■第四類第二石油類危険物等級V

6.経済性
 1.燃費の節約が期待できます。
 2.燃焼温度が安定するためオイルの劣化を遅らせます。
 3.燃料系統の不純物を排除できます。
 4.長期間保存した燃料でも変質せず使用可能となります。

【参考】燃焼とは
燃焼とは、空気中の酸素と化合して物質が激しく熱と光を出しながら、性質の異なる別の物質ができる現象をいいます。炭化水素の燃焼後にできる物質は二酸化炭素、水、熱、光、エネルギ−であり、これを完全燃焼といい、これ以外の物質ができることを不完全燃焼といいます。大気汚染の原因は不完全燃焼です。例えばガソリンの中の一成分であるヘプタン(C7H16)についてみると、次の化学反応式であらわされます。

C7H16 + 1102 = 7CO2 + 8H2O


一分子のヘプタンが完全燃焼するには11分子の酸素を必要とします。実際のエンジン内では全部が完全燃焼するわけではなく、一酸化炭素やその他多くは排ガスとなって大気中に排出されるのが普通です。


【採用実績】
大手溶接機器メーカで採用(精密燃焼装置)
病院関連施設で採用(非常用発電機)
金属加工工場で採用

Copyright 1989-2019 ZEPTO All rights reserved