2005-10-09

 燃費ガタ落ち。短距離市街地走行が多いこともありますが、やはり走行距離 3,000 km 超えてから回転数上がってるのが大きな要因かと…。シフトチェンジのタイミングも、4,000 回転ぐらいになってますし、一乗り最低一回 6,000 回転越えの快感に浸ってる事がそもそも足を引っ張ってる原因かも。まぁ、季節も夏でしたから、エアコンの影響もあるかもしれません。

 これからの季節、徐々に涼しくなりますので、少しは上向きになるかな?

pict

2005-10-08

 走行距離 5,000 km を超えまして(遅!)、車内に異音の発生を感じることがあります。助手席グローブボックスの裏側、空調かエアバッグユニットあたりだと思うのですが、走行中の振動でカサカサと何かがふれあう音がします。ラジオでもつけてしまえば気にならない程度の音ですが、結構四六時中なっている感じなので、耳に付き出すときになります。もう一つは、車両後部から、止まる寸前やバックの時のような、超低速時に「ゴッ…ゴッ…」という、例えて言えばブレーキを引きずったような感じの音が断続的に聞こえることがあります。

 ちょっと時間ができたので、先日ディーラーに持って行ったのですが、サービスマンと同乗走行するも、グローブボックスの異音に関してはなぜか発生なし。まぁ、持って行ったら症状出ないってのはよくある話なんですが、後から思えばディーラー周りの道路が最近再舗装されてたという点が原因かなと。帰りの道では見事にカサカサいってましたから。

 車両後部の音は、やはりリアのブレーキではなかろうかとの事、引きずりがない事を確認の上、鳴き止めスプレーを塗布して対処、でもやっぱ音しますね。

 とりあえず今のところは様子見です。悪化して行くようであれば、ディーラー預けで対処ですね。

2005-07-10

 走行距離 4,000 km とほんの少し。エンジンオイル&エレメント&ミッションオイル交換。エンジンオイルはホンダ純正 MILD。エレメント交換ついでにフルシンセの ULTRA GOLD をおごってやろうかとも思ったんだけど、それほど高回転で走る機会もなく、それどころか渋滞市街地発進停止繰り返しという車にとっては最も過酷な走行メインになりつつあるので、財布に優しいオイルをこまめに買える道を選択。

 馴らしが終わって、ついついハイカム領域まで踏んでしまう事と、季節柄エアコンを常時使い出した事もあって、燃費がかなりよくない今日この頃。ついにリッター 7 キロ台になっちゃいました。もっとも今回は、クソ暑い中をパーキング探して1時間近くウロウロなんてことを繰り返してましたから、仕方ないっすね。

2005-05-16

 走行距離 3,000 km を超えまして、足回りの当たりが柔らかくなってきました。今までは、荒れた路面などでの突き上げに“ゴンッ”って感じでちょっと角があったのですが、それが微妙に丸くなってきて、しなやかさを感じます。バネとダンパーのバランス、普通に乗り回すにはこのぐらいが私にはしっくりきます。純正足でホイールアーチの隙間が気になるのですが、下手に社外品入れるの躊躇するほどいい感じです。

2005-05-07

 納車以来 7 回給油しています。まとめてみると以下の通り。別ページに集約

 ガソリン銘柄は全て ENEOSヴィーゴ。4 月中頃から悪化しているのは、馴らし後半で、やや上の回転域を使い始めた事によると思われます、峠走ってたりしてましたから。5 月 7 日の給油で 10 キロ超えしてますが、これは高速道路使用がほとんど。走行距離 427 キロのうち、およそ 300 キロ程が高速道路ですが、結構なスピードで飛ばしていましたので、まったり巡航ペースだとかなりの燃費が期待できると思います。

2005-04-17

 今の所燃費は 9km/l 超えるぐらいです。峠走りを含めて結構回しているのですが、なかなか高燃費です。何しろ前の車は同じ排気量でボディも軽いくせに下手すると 7km/l 割ってましたから。
 しかし、ガソリン高すぎるよ最近…orz

 最近、ちょっと時間が出来ると、山走ってます(笑)。コーナー切るのが気持ちいいんですよほんとに。若干ボディの重さを感じさせられて、DC5 に魅力を感じてしまうのも事実なのですが、ゆっくり流している時の静寂性は CL7 ならではと思ってます。

pict

2005-04-11

 現在の走行距離、ちまちまと 1,400 キロ余り。1ヶ月点検でエンジンオイルのみ交換してます。4,000 キロ時点で、二度目のエンジンオイル交換と同時に、フィルターエレメント、トランスミッションオイルを交換する予定です。

 走行 1,000 キロを突破して 6,500 あたりまで回せるようになったので、ちょいとお山へ走りに行ってきました。大阪市内から 309 号線を下って金剛山を登り 310 号線へ。五條〜御所経由で帰りは水越峠を越える(今はトンネルできましたが)昔からのお気に入りコース。さすがに若干ボディの重さを感じさせますが、走りはなかなか気持ちの良いものがあります。コーナーでハンドルを切り込む感触がとても分かりやすく、狙ったラインを結構なハイペースでトレース出来るので、運転していて本当に気持ちいい感じ。前車のプレリュードだと「おっとっと」なコーナーでも難なく回りきります。もっとも、足回りの出来も違いますし、何よりタイヤサイズがプレリュード 195/60 R14 に対して 215/45 R17 ですから、当たり前と言えばそれまでですけど…。

 しかし、なまじ十数年間同じ MT 車に乗り続けていた事が災いしてか、どうもシフトチェンジがしっくり決まりません。5 速と 6 速の違いもあり、一瞬何速に入ってるのか分からなくなる事がままあります。ギア比もかなり異なるので、シフトチェンジの際ぎくしゃくする事もしばしば。歳食うと慣れるのに時間がかかるんだよなぁ…(涙)

2005-03-04

 CPCペイントシーラント施工車なので、昨日マニュアル通り洗車してきました。施工10日前後にクリーナーかけてくれってヤツですね。水洗い後にクリーナーで OK なのですが、雨降りに遭ったこともあり、カーシャンプー使用で洗浄しました。

 黒、確かに汚れ物すごく目立ちますが、洗うとキレイですねー。今まではシルバーメタリックだったので、汚れが目立たないかわりに洗っても代わり映えしなかったのですが、黒は本当にピカピカになります、何だか意に反して磨き好きになりそう…。

 ようやく走行距離が 200キロ超えたので、リミットを 4,000rpm に上げました。何しろ高回転エンジンなので、段階的に高回転まで回す形での慣らしを実践しようと思ってまして、以降 100km 走行毎に 500回転目安で上げていこうと思っています。

 しかし、なかなか速い、と言うか気がついたら速いですこの車。4,000rpm 意識してスピードメーター気にせずスコスコシフトアップして行くと、気付けば 100km/h 超えてます。一般道では要注意ですね。

2005-02-21

 夜中のごみ捨てついでに写真撮ってきました。

 う〜ん、かなりおデブ…。「安産型」って感じですかね?
 それにしても H マークでかすぎ。

 タイヤが 45 扁平なので、入庫の際、下手をするとパレット両サイドの段差でホイールをこすります。いつか絶対やりそうな予感。。。

2005-02-20

 来ました。と言うか、ディーラーまで取りに行きました。引き渡し時の走行距離は2キロちょっとでした。ボディーカラーの黒、すげぇ悪そう…、ホント真っ黒で、かなりいかついですょ。高速走ってると前の車が道をあけます。こっちは慣らし中で回せないんだって!(笑)

 しかしこの車、カタログなどの写真で見るのと実物ではかなり感じが異なります。写真だとかなりブーデなイメージなんですが、実際目にすると、塊感があってなかなか力強い印象です。まぁ、ボディーカラーが真っ黒だというのもあるのでしょうけど。

 100キロ弱走ってみましたが、ハンドリングがなかなか快適。ステアリングに反応して鼻先がスイスイ向きを変えます。ただ、EPS(電動パワステ)の感覚が、極低速時にちょっと違和感あり。慣れればどうって事無いレベルですが、やはり油圧の方が素直な感じかな。普通に走ってる最中は全然気になりません。足回りはセダンをイメージするとかなり固め。ただ、高速の継ぎ目の振動なんかはきっちり押さえてくれます。「トン!」って感じで、すぐに収束します。固めの猫足とでも言いましょうか。ボディの剛性感もかなりの物です。
 一応、気持ち的に 3,000 回転に押さえて走ってたんですが、これがひじょーに苦痛。ミッションの繋がりもギクシャクして厳しいです(単に下手なだけですが)。 5,000 ぐらいは回してシフトして行きたい、と言うか、その方がスムーズにシフトアップできそうです。つまり、そんなエンジンです。

 慣れていないせいもありますが、車両感覚が激しくシビア。ヒップアップしているので、トランクが全く見えず、後ろの長さがどこまであるか物理的に把握できません。サイドミラーを見ても、テールエンドが絞り込んであるので、車の後端角も全く見えません。ボンネットもまるで見えません。コンソールとフロントウィンドウの境目が、すでに地面です。つまり、鼻先がどこにあるのかわかりません。昼間、マンションの駐車場(屋外立体パレット式)に放り込むのに、どえらく苦労しました、夜の方がライトの反射で距離感つかめるので楽でしたよ。

 妙な例えですが、どことなく日本車離れした感じ。思いっきり新車なので、シフトや足回りに若干の渋さを感じますが、これからどう変化して行くか、楽しみでもあり、不安でもあります。エンジンぶん回したら、またひとつ印象が変わりそうな気がしますね。

 あ、写真撮るの忘れた。(汗)

2005-02-19

 「納車日決まらない」とか書いてたら、ディーラーから電話があって日曜日(2月20日)納車となりました。

 今回車の購入に当たって、メーカー、ディーラーオプションは一切注文していません。元々標準で装備品の類いは充実した車種なので、後付けオプションで必要な物が無かったんです。
 あ、フロアマットは頼みましたね。

 大抵、ナンバープレートの飾り枠とか、サイドウインドウの雨よけひさしとか(笑)付いてくるんですが、今回はそれも無し。プレート枠は、ボディーカラーが黒いので、メッキの質感が目立つのが嫌なこと、ドアバイザー(雨よけね)は、せっかく空力の良さをうたってる車種に空気抵抗増やすような物付けるのが嫌だったのでパス。最近付けている人が多いカーナビゲーションシステムも無し。

 カーナビって、あまり好きじゃないんですよ。アレに頼ると道覚えないし、事前に地図で道調べるのが好きなタイプなで、プロアトラスで必要な道順をプリントアウトして携行することが多いですね。
 ただでさえ重たい車重に余計な物積むのも嫌だったので(カーナビ搭載車はバッテリー一回りでかくなるんです)、迷わず却下しました。

 ETC がちょっと気になるのですが、これは後から考えることにします。実は妙なこだわりで、ワイパーブレードだけは英国向けの輸出用を発注してたりしますが…

2005-02-18

 現車が HONDA っていうのも大きな理由なんですけどね。車好きというか、エンジン好きみたいな性分なので、結局国産メーカーだと、HONDA か SUBARU になるわけです。一時外車も考えたんですよ。身分不相応ですけど、Peugeot とか、Alpha とか。
 しかし、今の生活スタイルだと、輸入車にありがちな「楽しいトラブルとのお付き合い」が出来るだけの時間的(精神的)余裕もとれそうにないので、ターゲットは国産車に絞り込んだわけです。何て言うともっともらしいですが、まぁ、正直、時間的よりも精神的よりも、経済的理由ですよ。アハハ…

 Peugeot の 206RC とか、Polo の GTI とか欲しかったんですけどね、本当は。金に糸目をつけなければ、BMWのM3とかね。はい、ぜーんぶマニュアルトランスミッションですね。

 「おバカ」な車が好きみたいですね。一見普通なんだけど、中身狂ってる…みたいな。

 最初は LEGACY 考えてたんですよ、かなり欲しかった。水平対向エンジンが美味しそうじゃないですか。あと、4WD の運動性ですね。速いらしいし。あ、これ重要。「速い」ね。

 運転してみると確かに速い。かなり低い回転数からターボが効いてくるので、出足からブッチギリ。でも、何て言いますか、印象が希薄なんですよ。トルクも太いんですが、山が無くて(これは長所でもあるんですけど)、アクセル踏んでエンジン回しても、盛り上がりを感じない。
 いい車なんだけど、なんだか感覚的にちょっと合わない。予算的にもちょっとオーバー気味になることもあって選択肢からは脱落しました。

 アクセルを踏む。エンジン回転数が上がる。加速する。この三つが自分的にシンクロするのは、現実的な選択範囲では HONDA のエンジンだったんですね、結局。
 そう、実は、車種よりもまず気になったのが K20A というエンジン。この形式のエンジンは同じ形式番号でもいくつかバリエーションがあるのですが、インテグラとアコードに搭載されているのは 2000cc の排気量でオーバー 200 馬力という、いわばメーカーチューンみたいなエンジンなんですね。

 インテグラは見たまんまスポーツモデルです。ボディも軽いので、運転してると目茶苦茶面白いんですよ。ブレーキや足回りも金かかってますし、もう、ホントに「エンジン回ってるぅぅぅ!タイヤが地面掴んでるぅぅぅ!」みたいな。10歳若かったら間違いなくインテグラ行ってましたね。

 しかし、外観が性格そのまんまってのも芸が無いじゃないですか。その点、アコードって、見た目全くふつーのセダン。しかも売れてないから滅多に見ない。でもエンジンは K20A でしかも6速マニュアル。ボディが重たいので若干エンジンの面白さはスポイルされますが、若干低い方へトルクの山を振っているので、感覚的にそれほど違和感はありません(しかし、出足はインテに比べるとかったるいのよ)。足回りもなかなかしなやか。いやぁ、まさしく一見普通なんだけど中身狂ってる。
 価格もリーズナブルで(装備考えるとインテグラより安い)、見積もり結果、ローンの金利もベルノに比べるとバカ安。同じ HONDA とはいえ、長年付き合ったベルノからクリオへ乗り換えるのも気が引けたのですが、背に腹は代えられないので、結局アコードに決定したわけです。

 ところで、納車日まだ決まらないんですけど…。