2011-09-25

革小物

tongue

 購入未使用時にこんな感じだったモノが…

tongue

 およそ4ヶ月使用してこんな感じになりました。

 通勤用のICカードを放り込んでほぼ毎日ケツポケで使用しているので、手持ちの革小物の中では一番変化が激しいです。

 WILD SWANS の Tongue というコインケースなのですが、コインのみならず背面ポケットにカード1枚、中にも数枚のカードがと共に折り畳んだお札を数枚収納できるので、ほとんどこれだけで用事が済んでしまうという優れもの。

革小物

 いちばん手前にあるメモカバーとほぼ同じ時期に使い始めた同じ革なのですが、常駐場所が鞄の中のメモカバーに比べると変化の差が大きいのがわかります。

 さて実際、Tongue ひとつで事足りてしまっている状態にもかかわらず、手前真ん中には新たなチョコ色の物体が…。

ENO

 同じく WILD SWANS の ENO という3つ折り財布です。元々財布はパンツのケツポケ派なので、2つ折りのブライドルレザーを使用した薄手のモノを使ってきたのですが、Tongue を使っているうちにサドルプルアップ革のミッチリした質感にも心魅かれまして購入してしまいました。

SAB&ENO

SAB&ENO

 薄手でしなやかなブライドルレザーを使った英国財布とは全く正反対の作りで、まるで革の固まりの様。

ENO

 厚みがなんと3センチ近くあります。ケツポケはちょっと厳しいかもしれませんが、使っているうちにある程度は馴染んでくると思います。コバ仕上げとステッチの美しさはさすがジャパンクオリティ。

ENO

 内側はこんな感じです。右側がコインケース、左側がカード収納部。

ENO

 コインケースは Tongue をそのまま内側に縫い付けたよう構造で、この裏側にカードポケットが1つあります。

ENO

 Tongue をもう1枚革でくるんだような作りになっているので、コバが二重になっています。英国モノを薄くしなやかとすれば、コイツは分厚く堅牢です。

ENO

 カード収納部、縦に入るポケットが1つ、横に入るポケットが2つ、その裏側にポケットが2つあります。大きさの割になかなかの収納スペースがあります。

 横位置のポケットがコインケースのフラップ側に向いているので、カードの出し入れがやや面倒。

ENO

 思った以上に分厚く、いきなりのケツポケは難しそうです。秋冬にむけてまずは上着のポケットで馴染ませてゆく事になりますね。

 使い込んでゆくにつれ表情を変えていくのが革製品の楽しい所です。しかし財布が増えるにつれ肝心の中身が減ってゆくというのがなんとも…。

2011-08-21

L.S./M.F.T.

Luckystrike

 少し前から、いつも吸っている煙草の内側の銀紙がペナペナになり、味もなんだか大ざっぱになってどうした事やらと思っていたのだが、、どうやら生産国がマレーシアになったらしい。

 元々は腰の強い紙で、引き抜く時に「ピシッ」という気持ちよさがあったんだけど、今はフニャフニャで手応えが頼りない。

 止めてしまえばそれまでなんだけど、長い付き合いなだけにどうにも気になる。

2011-08-10

End of the World

 世の中全体がうすっぺらで 2ちゃんねるみたいな様相にどうしようもなく疲弊する今日この頃、なにもかも放り出してどこかへ消えてしまいたいという衝動に駆られる。

2011-07-14

Somewhere over the rainbow

虹

 醜く夏風邪をくらってダウン中。この時期ここまでひどく風邪引くのは始めてのような気がする。

 どうにも発熱が強烈で筋肉が痛く医者に行く気力すらなくひたすら丸くなってます。

 それでも携帯やメールで仕事が追いかけてくるというのがもう限界超えて腹立たしいですよマジで。

 ♪夏風邪の熱に討たれてこのまま〜死んでしまいたい〜♪(by 西田佐知子)

 うぉ、タイトルと曲が全然関係ねーし。 。・゜・(ノД`)・゜・。


[TOP]