2006-06-09@792

「はい。6級は”指示されればやる”、5級は”指示されなくても自分で計画してやる”というような感じだったかと」

…真剣に考え込んでしまった。結果が全ては世の中の常、能力主義、成果主義という言葉はそれこそいやになるほど耳にするのだが。

5級の人物が、組織の中でどんどん消耗していって、モチベーションを失い、気が付けば6級…みたいな例をたくさん見てきた。なにより自分自身がそうではないと言い切れない。

そりゃ確かに、何らかの物差しは必要なわけだが、社会は厳しいの一言で済ませて良いものかどうなのか。

2006-06-06@682

あとはその姿で拮抗縛りを...。

日本で縛りの文化が発達したのは、もともと罪人を縛る際、無用に苦しめる事が無いようにという心配りからというのは真実なのか師匠に問いたい。(w

と、前置きはさておき、Silhouette Studio閉鎖のご案内...

閉鎖「宣言」だけしてまだ閉じませんし、リニューアルの野望は捨てていませんが(笑)

ιょぅちゃんの野望に期待しつつ、当面は「尺八ブログ」でよろしくとの事です。

追記:
×拮抗縛り ○亀甲縛り とのご指摘がιょぅちゃんから。(w

2006-06-05@725

♪ 静かに〜静かに。手を取り〜手を取り〜

少し前から、キリンのお茶の CM でよく耳にするこの曲。ちあきなおみが唄う「星影の小径」なのですが、実は私、この曲を聴いて真っ先に思い出すのは、もう十数年前になるでしょうか、Audi (当時ヤナセだったかな?)の CM なんですね。

今でもはっきりと覚えているのですが、都会を走っている Audi のフロントエンブレム(おなじみ四つのリングが水平に組み合わさったヤツね)のアップに、夜のイルミネーションが反射している映像に、ゆったりとこの曲が流れているという、まさしくシンプルながら映像と曲の相乗効果でしっかりイメージに焼き付いちゃうという、CM としては本当に素晴らしいものでした。

ちあきなおみが唄うこの曲、実はカバー曲でして、オリジナルは昭和25年、小畑実と言う男性歌手が唄った曲です。古いですね〜。

しかし何ともいい曲です。しっとりとした低音の響きを持ったちあきなおみの歌唱力がこれまた抜群で、泣けてきます。うまいよなぁ、ちあきなおみ。ご主人が亡くなられてから活動を休止しているのが残念でなりません。

2006-06-04@708

「共謀罪を民主党案で可決し、後で改正すればいい」
なんて、何でもアリの大馬鹿な事を言う自民党幹部だ。

おそらく世論の過半数は賛成してないと思うのですが、ろくに審議も説明も無いままに、なんと民主党案をそのまんま受け入れるという裏技で成立へと動き出しましたね。
とりあえず成立させちゃえばこっちのもの、あとは付帯決議をひっつけて、適当に再修正だぜ、シメシメ♪…てな与党の考え見え見えなんですが、終わってますねこの国の政治。

しかし、気分的に、現自民党幹部に指浣腸100万発大賛成だけど、こっちの指が腐っちまいそうでイヤですねぇ。(w


新幹線が走っても走っても静岡県。

東名車で走ってると、時によってイヤになってきます(静岡の人ごめんなさい)。深夜実家に向かう時なんか、もうこのまま東関道まで静岡県が続くのではと…w

2006-06-02@743

アナコンダだか錦蛇だか、まあそんな雰囲気の鱗模様がデコデコと付いたでかいバッグ。

こういうバッグを持ったオバサンって、小さいトカゲとかを見ただけで「うきゃぁ〜キモチワルイやめてイヤ亜qwせdrftgyふじこlp;@:…」ってな感じになるお方が多いような予感。

2006-06-01@361

いや早速ペタペタ貼られてますね、駐禁取り締まり。昼飯がてらに歩いただけで、フロントグラスにシールを貼られた車を幾台か見かけました。さすがに初日だけあってか、道路はいつもよりスッキリした感じを受けます。

ATOさんの2006年5月31日 水曜日の記事。

厳格な取り締まりと平行して、「その場所に応じた、時間帯別によるキメ細かな駐車制限及び解除」、「支障のない場所の駐車禁止解除や、もっと便利に使えるパーキングメーターの増設」、「荷捌き等専用スペースの確保と公正な使用」等の政策も強力に推し進めてゆかなければいけないのは、言うまでもない事ですが。

往々にしてこの国の場合、着手しやすい取り締まりを強化するばかりで、実質同時に必要な、こういう事がないがしろにされがちなのがムカつく所。迷惑駐車はバンバン取り締まって欲しいのですが、とっつかまえる事だけを考えていると、問題になってくるように思います。


さて、今日から駐車違反の取り締まり強化と、違法車両の確認業務の民間委託が実施されます。車を離れて見つかれば、即ご用となるわけですが、これだけ車が普及した現状で(それぞれの車の必要性の有無は別問題として)、「停める」ということに対するインフラ整備が貧弱なまま、取り締まりだけを強化するのは如何なものかとは思いますけど、実際、こちら大阪なんぞでは迷惑駐車はなはだしい状況もあるわけで、その辺の解決に繋がれば良いのでしょうけどね。「何でオレがワッパはめられて、向かい側がセーフやねん!」という不公平さはなくなって欲しいモノです。

2006-05-27@720

MAV

色々事情が重なって、忙しいんだか、そうでないのか、何だかよくわからない気が付けばもう5月末です。そんな中、昨日は久々に仕事でイヤな汗をかきました。

ある生放送で使うコーナーの V(放送素材)があがらない、つまりは、オンエアに間に合わないのではないかという恐怖…(w
はい、もはや笑うしかないという状況に陥りましたとさ。

幸か不幸か、直接担当している仕事ではないのですが、何しろ思いきり切羽詰まった状況ですから、何だかよくわからないままに自分の仕事を中断して助っ人に。どうも構成にどんでん返しがあったようで、テロップの打ち変えまで含めての修正編集作業。深夜12時を過ぎたあたりから(ウチらの業界では日付が変わって作業が続く事を「天井を回る」とも言う)、もはや絶望的状況に、朝8時半から MAV(ナレーション&音楽付けてミックスダウン)作業予定だったのですが、1時を回った頃には、「そんな時間には終わんねーよバカヤロー」と言う言葉がスタッフ全員の頭の中でこだましているという…。

すでに自分を見失っているディレクターを横目に、ひたすらテロップを打ちまくるオレ自身も、次に何をすればいいのか何だかよくわけわからない状態に。何しろ自分の担当ではないだけに、いまいち内容を把握してないので、作業の組み立てが効かない。こんな時に担当ディレクターに指示仰いでも、なにしろぶっ飛んじゃってるので、却って混乱するのが目に見えてので、ただひたすら、手探り状態で、やるべきで「あろう」事を処理して行く。

もうこうなったら、とりあえず「まぁオンエア夕方だから、それまでに出来ればいーじゃん」と、何の根拠もなく開き直って、後ろで構成作家とプロデューサーがガンガンなにがしかわめいているのを思いっ切り無視しながら、とりあえず形になったのが朝の9時ちょっと前。すでにその時間には作業に取り掛かっていなければならない録音スタジオは、ご覧の通り静寂が流れているのでありました。

まぁ、トータル2時間押しぐらいで何とかなったのですが、こんな時に限って途中で編集機がフリーズしたり、人間がフリーズしたり(w)で、いやいや、ホント久方ぶりに体中から変な汁が出まくりました、あー疲れた。

2006-05-07@857

実家の方に急用が出来て、慌ただしく名神〜東名〜東関道を往復。長距離走行は嫌いじゃないので、それほどしんどくはないんだけど、東京からでも大阪からでも、ちょうど浜名湖あたりで微妙な壁があるんだよね。
そんなわけで、いつもちょっと一服立ち寄るのが、浜名湖 SA。広いし、ウナギもそこそこ美味しいし。なにより遊歩道なんかあったりして浜名湖一望出来るんだけど…。

浜名湖

えー、日頃の行いのせいか天気悪すぎ。

2006-05-01@234

女湯のぞいていたのが見つかって、追われて川に落っこちて死亡…。若くしてこんな死に方は辛すぎるだろ。

2006-04-28@660

多忙。超多忙…。疲労困憊。若くねぇしなぁもう。

世の中スッカリ blog がメインになってしまいましたけど,たまにはこんなサイトがあってもいいのかなぁって...。(^^ゞ

いや、確かに右も左もぶろぐブログ blog になりましたね。みんな似たようなデザインでなんだ面白みに欠けるように思うんですけどね。ま、大事なのは中身といってしまえばそうなんですけど。

2006-04-10@707

実はちょっと前に、日頃持ち歩いているデジタルカメラがぶっ壊れまして…。

カバンに入れていだだけで、特に衝撃を加えた記憶はないのですが、ご覧のように液晶部分がパックリと割れてしまいましたとさ…、トホホ。

キヤノンの IXY Digital 50 なんですが、このシリーズ、液晶パネルむき出しなんですよ。となると、何かの角がコンって当たっただけで逝ってしまいそうなのは想像出来るのですが、それにしても何とかなりませんかねキヤノンさん。

例え光学ファインダーが付いていても、液晶無しではなーんにもできない事を否応なく気付かされたわけでして、速攻修理を考えたのですが、液晶の交換って高くつきそうだし、何よりほとんど毎日使用するので修理で手元を離れるのも痛い。携帯電話のカメラでは役不足だし…。と言うわけでやむなく新機種購入。

懲りもせずに IXY Digital 70 です。まぁ、バッテリーやら何やら、共通で使えるって理由はあるにしろ、特にキヤノンびいきというわけではないのですが(どっちかって言えばニコンの方が好きなのよオレは)、持ち運びを考えると大きさは小さいに越した事はないし、それでも画質と機能はそこそこ欲しいし、職業柄場合によっては動画も撮りたい、となるとコレになっちゃうんですよね。

このシリーズ、相も変わらずモデルチェンジしても画素数以外は代わり映えしないのですが、今回のモデルでは ISO800 相当での高感度撮影が可能になってます。

もちろん、ISO800 で撮影すると、ノイズも比例して増大するわけですが、実際撮影してみると、確かにノイズは多いのですが、あえて無理矢理ノイズ処理を加えてノッペリした画像になる事なく、自分的には好ましいノイズ処理です。
百聞は一見に如かずで、暗所で ISO 設定を“高感度オート”で撮影した画像がこれ。元画像データそのまんまなので、サイズが 4.4 MB 程ありますのでご注意。
色ノイズは確かに多いけど、ヘタにカメラでノイズ処理されてディテール失ってぺた〜んとなってるよりはマシ。この手のノイズは後処理でかなり目立たなく出来ますしね。そもそも最大解像度で撮影しておいて、後である程度縮小してしまえばほとんど目立ちません。

あ、そうそう、レギュラーの感度も以前の ISO50 から ISO80 にアップしてます。体感ほとんど差を感じるほどではないですが、高画素化と共にどんどん感度が落ちる傾向にありましたので、評価すべき点ではないかと。画質の評価などはその手のサイトの方が専門でしょうから端折りますけど、個人的には昔のキヤノンのような、見た目キレイなノッペリ画像ではなく、ややあっさり目の素直な感じです。撮影した画像は必ず Photoshop で大なり小なりレタッチするので、昔のキヤノン画よりは好きですね。

高画素化イコール高画質化って受け取られがちだけど、昔撮った画像を整理していて思ったのは、数年前の 300万画素機の絵が今見るとすごくキレイなんですよ、花の画像なんか見ると、深みがあるって言うのでしょうか、確かに解像度だけ見ると最近のカメラの方が上手なんだけど、実際の見た感じは、画素数に反比例してるような…。ま、こういった感覚的な部分は人それぞれで感じ方が違うので何とも言えないですけどね。

2006-04-06@790

う〜ん、便利です Mighty Mouse 。不安だった右クリックも使ってみればそれほど癖もなく、すぐに慣れました。

問題は、各所でトラブル報告のあるスクロールホイールがいつまで無事に動作するかだな。

2006-04-02@785

PowerBook G4 1GHz Titanium (M8859J/A) 延命計画!

まずは、今さらですが、会社で使っている Windows マシンのクルクルスクロールに触発されて、Apple Mighty Mouse を購入。長らくワンボタンマウスに慣れ親しんだ身には、右クリック左クリックの感覚をつかむ事がなかなか難しかったりしますが、指先でスクロール出来るのはやはり快感です。でも質感は Pro Mouse の方が上だなぁ、クリックの強さが調整出来ないのがちょっと不満です。

そしてこれまた今さらなのですが、 USB 2.0 拡張アダプタ(mathey MCUA-20L)も一緒に購入。データの持ち運びに USB フラッシュメモリを使っているのですが、最近でかいデータをコピーする事が多くなり、転送時間に嫌気がさして我慢出来ずに買っちゃいました。いやぁ、速い速い!(って、今ではこれが普通なんだよな)

あ、iPod nano 使えるぞこれで!(爆


[TOP]