2005-12-29@---

さようなら 2005。明るい 2006 を期待。

2005-12-25@597

クリスマスですよ。電飾華やかな街にカップルがそぞろ歩くクリスマスですよ。
しかしクソ寒いのにやたらミニスカ多いなぁ、しかも生足。ま、どうでもよろしいですけど、私はと言えば、いつもながらに仕事なわけですよ、別にキリスト教を信仰しているわけではないのでどうって事はないですけどね。てか、この時期忙しいんだよ毎年ホント。

電飾と言えば、昔から街路樹に巻き付けてパカパカするデコレーションはありましたが、いまやすっかり電球から LED に変わりましたね。発色もクールだし、何より発熱が少ないので、樹木への影響は電球より少なくてよろしいのかもしれません。
しかしいずれにしろ、人間の都合で電線体に巻き付けられる樹木が不憫ではありますが。

ところで、増えましたよね、LED。車のテールランプなんか、当たり前になりつつあります。アレ妙に眩しくて個人的にはあまり好きでは無いのですが、目的を考えれば目立つ方がいいんでしょう。あ、信号も最近ではほとんど LED ですね。

仕事で使うとか言いながら、実は暗い所が怖い軟弱野郎なもんで、日ごろ懐中電灯を持ち歩いてたりするんですが、時代に漏れずこの分野も LED 化されつつあります。あれ?そうなると「懐中電灯」でくくるのは無理があるのかな、電灯じゃないし、別に外来語に抵抗は無いので、フラッシュライトでくくっちゃいましょうか。

で、先月も書きましたが、ふと気付けば私が持ち歩いているフラッシュライトも、マグ以外はすべて LED でした。ネタも無いので再び先月書いてない常時持ち歩きライトを引っ張り出してみようかなと…。

かなりの頻度で腰にぶら下がっているのがコレ。

ARC AAA-P

ARC AAA Premium。Made in U.S.A. 単4電池 1本で、ほぼ同じ明るさを数時間キープします。メーカーのスペックによれば、照度が 50% 低下するまでおよそ 5時間です。その後徐々に暗くなりながら、12 時間以上は光ってます。
単4電池 1本 1.5V では当然 LED は光りませんから、DC-DCコンバータ搭載で昇圧してます。このてのキーライトにしてはとても明るいのですが、発色にやや難あり。紫がかった中心部の回りを黄色い光が囲んでると言った感じで、白っぽい物を照らすとムラが目立ちます。しかし、電池入手しやすいし、大きさの割には明るいので活躍してます。

単3 NiMH 充電池が使えるので、経済的なのがこいつ。

Fenix L1P。こいつ、単3電池 1本とは思えません。めちゃくちゃ明るいです。1.5V (私は NiMH 使ってるので、1.2V ぐらいかな)でこんなに明るくていいのかっ!ってぐらい明るく、しかも小一時間以上その明るさをキープします。大きさも手のひらすっぽりコンパクト、恐るべし Made in China 。

小さい、明るい、高機能なヤツがこれ。

これも Made in U.S.A. です。HDS EDC ULTIMATE 60 XRGT。照度 20 段階切り替え、点滅発光、SOS発光、その他諸々機能てんこ盛りです。非常に秀逸なコンバーターを搭載してまして、CR123A リチウム電池 1本で、最高照度(60 ルーメン)30 分以上、通常使用に十分な照度(10 ルーメン)でなんと 10 時間以上同じ明るさをキープします。選別された LED を使い、色温度が保証されたモデルなので、光色は真っ白。持っていて安心感のあるライトです。

何だか懐中電灯オタクの様相を呈してきましたけど、それぞれ持ってて便利なんですよ、はい、何しろ暗いの怖いのにやむなく夜行性な者でして…orz

並べてみると…

All Light :-P

…うあ、オタクだ。。。。

2005-12-17@737

本当の教育は、家庭でするものなのですが、その家庭での教育も、よく学校の責任として責める親もよく見られます。

家庭は社会の最小単位と言う言葉があります。荒れる家庭が多いほど、社会も荒んでゆくと言う図式なんでしょうね。かなり前にも書いたような気がするのですが、どんな動物でも、親は子供を育てるために、命がけなわけですよね。必至になって餌捕って、子どもに与えて育てて行く。もちろんそのまま人間に当てはまるはずも無いのですけど、子供の為にご飯を作る母親の後ろ姿や、家族の為に働く父親の後ろ姿を子供が見つめられるような家庭がどんどん減っているのかもしれません。

2005-12-11@325

日々が過ぎゆく実感の無いままに、気が付けば12月。ここ最近、身辺に不愉快な事がいろいろ重なりまして、何だか自分がゴリゴリと音を立てながら削れていくような感じを受けつつも、年末の忙しさに埋没している今日この頃です。

世情もあまり良いニュースは見当たらず、それどころか、やたら子供殺されてませんか?

何でこんな世の中になっちゃったんでしょうねぇ。世の中、表向きどんどん豊かになってるように見えるけど、人の心は反比例してどんどん貧しくなってるように思えるんだけど。

2005-11-17@303

今週中に仕上げなきゃいけない企画書を何とか誤魔化して書き上げるべく PowerBook に向かってるんだけど、脳みそがフリーズして動きません。あぁ、脳みそ強制再起動してぇ…

ウンウン言いながら、ふとデスクトップの右上を見ると、そこには見慣れたファインダーのアイコンがオイラに向かってにっこり微笑んでいます。

img

あ〜、癒されるなぁこの微笑み…え?

おぃ……





























2005-11-12@803

♪ 雨に〜濡れながぁら〜 佇む人がいるぅぅぅ〜

そんなわけで、細かいバグ放ったらかしモードだったAdobe GoLive CS をCS2 にアップデートしたですよ。リンクのタイトルが日本語だと文字化けしちゃったりするのは直ってるけど、相変わらず重いよこのアプリ。ソースモードとレイアウトモードの切り替えなんか、重さ倍増してる感じ。

以前の掲示板の過去ログを html に整形していて、160 KB 程になっちゃったんですが、そいつをいざ開こうと思ったら虹色カーソルぐるぐる…。飯食ってう○こして風呂入ってビール飲んでやっとレイアウトモードで立ち上がってる…って、ほとんどフリーズじゃんこれって。

寝る。明日、いや、今日も仕事だし。

洗車してぇ。

2005-11-11@730

燃費 9km/l 台復活。エアコン使わない事よりも、名阪国道往復 200km 走行が効いている模様。車重がやや重いせいか、町中の Stop & Go が燃費に響いている予感。

ほとんど存在を忘れ去られている掲示板のスクリプトを変更しました。

2005-11-07@883

別にハンドルネームが「木菟」だからと言う訳では無いんですが、暗い所での作業が普通の人より多いかもしれません。仕事柄、スタジオ収録の時なんか、手元明かりが欲しかったり、深夜帰宅も多いので、ちょいちょい明かりが欲しい時があります。そんな事情で、実は常日頃「明かり」を持ち歩いてます。

一番よくお世話になるのがこれ。

KeyLight

ホンダのアンケートに答えてもらった LED キーライトです。白色 LED 1個(実際の光は少し紫がかってます)の、プッシュスイッチを押すと光る簡単な物で、見かけの割にそこそこ明るくて、LED 直視はちょっと厳しいぐらい。暗闇で鍵穴探したりする程度なら十分使える明るさです。夜、車の中で小銭を落とした時なんか、キー差し込みっぱなしで足下照らせるので重宝します。とにかくコンパクトなので、常にぶら下げておいても邪魔になりません。この手のキーライトは結構安く売ってますので、ひとつ手に入れてキーホルダーにぶら下げておくと便利ですよ。

さて、仕事で良く使うのが、ご存知マグライト。

MAGLITE

正確には、MINI MAGLITE AA ですね。単三乾電池 2 本駆動で、ヘッドを回すとフォーカスが調整出来ます。このライト、確か仕事始めたばかりの頃に購入したので、下手すりゃ 20 年選手です。レンズに照明用の赤フィルターを切り抜いてはめ込み、ステージ収録とか、イベントなどの時に良く使ってます。何しろ古いので、球が黒ずんできてるのですが、いまだに球切れはありません。お尻のキャップに予備球がひとつ入っているので安心です。

そしてもうひとつ持ち歩く事が多いのがこれ。

なんだか思いっ切りイカツイですが、SUREFIRE と言うアメリカのメーカー製ライトです。軍隊とか警察が使ってるようなモノなのですが、サバイバルゲーム趣味にしてる人などには有名なメーカーですね。SUREFIRE のライトは、目的別にやたら種類が多いのですが、私が使ってるのは、L2 LumaMax と言う光源に LED を使った機種で、High / Low 2 段の光量切り替えが可能です。

LED と言うと、それほど明るさは無いと思われがちですが…

MINI MAGLITE と比較するとこんな感じ。これで Low モードです。色温度が高いせいもありますが、メチャメチャ明るいです。まともに見ると目が潰れます、もともとこの手のライトは暗闇で相手を直射して、行動を阻害する武器としての役割もありますので、ある程度の明るさは必須条件なわけです。そのため、普通のライトに比べると照射範囲が狭い物も多いのですが、L2 LumaMax は適度にフラットな照射範囲で、日常のライトとしても使いやすく思います。
それにしても普通の LED のイメージからはかけ離れた明るさで、普通の人は大抵びっくりしますね。

これが光源の LED。Lumileds と言う会社の Luxeon V Portable 極超高輝度 LED です。夜間、車のエンジンルームを見る時(どんな時だ!?)なんかに使っているのですが、ほとんど Low モードで事足ります。High、危ないです、マジで。(w
なにより、High での点灯はその明るさと引き換えに燃費も悪く(電池リチウムで高いんですよ)、発熱も強烈で、5 分も経たないうちにあっちっちになります。そんな訳でヘッド部にはこんな注意書きが…

まぁ、いざと言う時には武器にもなると言う事で(w、持っていると安心なライトである事は間違いありません。実際、深夜のパーキングなんかで結構活躍してます(なんだか怪しいなぁ…)、これからの季節、いざと言う時にはカイロの代わりにもなりますし。


ギンナンの香りと(臭!)金木犀の香りがしなくなったなぁと思えば、もう11月。そろそろ冬の…、と言うべき時期なんでしょうが、今年はどうやら暖かいようで、こちら近畿地方平野部では紅葉も中途半端なようです。どうも年々春と秋が短くなっているような感じがするんだけど、気のせいかな?

いずれにしても今年もあと残すところわずかですね。さすがにこの歳になると、毎年だいたい同じ事の繰り返しになっちゃいますから、つまるところ一年過ぎ去るのがやたらと早く感じるわけで、まぁ唯一今年のイベントといえば、車買い替えた事ぐらいかな。

まぁ、その車も、購入後9ヶ月ほどにして走行距離は 6,000 キロに届かず。前の車は一年で確か 10,000 キロ以上走った記憶があるんだけど、仕事が忙しいせいなのか、それとも老いたせいなのか…、それでもちょっと足回りでもいじってみようかなんて考えたりもする今日この頃なんですけどね。

さすがにサーキット走るわけではないので、どっちかって言うとバランス一番ノーマル至上主義なんですけど、現車で唯一気に入らないのがタイヤとホイールアーチの隙間。どうもホンダ車ってこの隙間がやたら広いのが伝統みたいで、前の Prelude も握りこぶし余裕で入りましたからねぇ。

で、どの位の隙間かと申しますと、百聞は一見に如かずで…

Normal

はい、お約束通り、10年以上過ぎた今の車種でもゲンコツ余裕です。とても 17 インチホイールに見えませんね。てか、扁平率 60 ぐらいのタイヤで丁度いいんじゃねーかこれ?(ちなみに現状 215/45 ノーマルです)
この写真は納車当時のものなので、今はほんの少し下がってるかもしれません。が、見た目は大体こんなものです。
暇つぶしに(って程暇でも無いんですが…)ちょっとシミュレーションしてみます。

Down

せめてこの位下げたいなとも思うのですが、上下の隙間はともかく、前後の隙間は如何ともしがたいわけで、まぁこれは仕方ないんですけどね。おそらくこの程度でも最低地上高は確保出来てるはずです。

しょっちゅう車高上げ下げするほど若くも無いので、純正形状で減衰力調製付きのやつなんかいいなぁとも思うのですが、選択肢少ないんですよ、無限高けーし。

もひとつ問題は、当然車高を落とせばキャンバー付いてくる(俗に言う「ハの字」)わけですけど、この車、原則としてキャンバー角の調整が効かないんですわ。社外品でこんなパーツもあるんですが、さすがにそこまで気合い入れちゃうとノーマル至上主義から外れちゃうので、ちょっとやめとこうかなと。そもそも現状でのフィーリング自体に不満は無く、あくまで見た目だけの問題ですからねぇ。

ま、冷静に考えれば街乗りで車高下げるメリットって、見た目以外にはこれっぽっちも無いわけで、腹打つわマフラー車止めに当たるわ段差でフロント擦るわと言ったデメリットを考えれば得るものは少ない…、と自分を納得させて当分このまま乗り続けようという結論に落ち着きましたとさ。乗ってりゃ見えないしね。

2005-10-26@690

木菟さん、それは1年先です

を、1年!やった!!(笑

ドイツ車の中では好きなメーカーなんですが、まわりに乗っている人がいないので、ぜひよろしくです。最近、大阪ではたまに走ってるの見ますよ。最近の Audi ではおなじみのシングルフレームグリルがなかなか印象的なんですが、せっかくのデザインを日本サイズのナンバープレートが台無しにしているような…

サイドビューは本当にカッチリしていて、それでいて端正な印象を受けますね。フロントからリアに繋がるラインがとてもきれいなワゴンです。いいなぁ。

実はワゴンが欲しかったんですけど、ワゴンに荷物積んで遊びに行けるほど暇と金も期待出来そうにない現実に、結局エロセダンに走ったオレって…。

そうそう、メーターのロゴ、大嫌いなんですよ。もう、テープ貼りたいぐらい。(w
なんで日本車ってこういうところで子供じみた意匠持ち込むんでしょう?別にドイツ車びいきではないのですが、Audi、VW をはじめ、それぞれ無駄の無いデザインが、計器として正解だと思うのですが、やっぱ日本人好きなんですかね、こういうの?

2005-10-25@753

iPod 2台持ってます。20GB Touchwheel と、40GB Click Wheel なんですが、最近は ほとんど20GB の古い方を持ち歩いています。音楽ファイル自体はせいぜい 5GB ぐらいでしょうか、気に入ったプレイリストを作って適時入れ替えてます。残りの15GB はデータの持ち歩き。Photoshop のデータやら何やらで埋まってます。何でテレビ屋が Photoshop か不思議に思うかもしれませんが、最近、番組で使うテロップはほとんど Photoshop で作ってまして、何より予算厳しいもんですから自分でシコシコと手作りするわけなんですね。

で、何で古い方かといいますと、普通の 6pin firewire ケーブルがあればすぐにどこでも外付けハードディスクになるわけですよ。これ、重要。ポケットに突っ込んで音楽聴きながらポスプロ(編集室)へ足を運んで、着いたらそのままポスプロの Mac の firewire ケーブル突っ込んで、データを流し込めるわけです。容量でかいし読み込み速いし、とっても快適。Click Wheel は専用ケーブルが必要ですから、おのずと出番が少なくなっちゃったわけ。

そんな使い方をしているもので、firewire が無くなって USB オンリーになっちゃった新しい iPod には、あんまし魅力を感じられませんでした。何しろうちの PowerBook にも、会社で使ってる Mac にも USB 2.0 なんて付いてませんから。

先日発表された PowerBook も、画面解像度が上がっただけで全然物欲刺激されなかったし…。こうなると、せめて第三者のお買い物の喜びを見たくなるわけなんですが、今一番期待してるのが、クマデジタルさんの A3 Sportsback インプレッションなんですよ、もうそろそろ記事になるかと思ってるんですが、まだかなまだかな〜♪

2005-10-24@822

会社の近所に車の修理工場があるのですが、扱ってるのがなぜかほとんど外車なんですよ。それも高級車ばっかり。

だいぶ前にシルバーのエンツォ・フェラーリが入庫してるのを見た時にはびっくらこいたのですが、先日はマイバッハがどで〜んと停まっておりました。どちらも実車を見るのは初めてでしたが、なんとも裕福な人がいるもんですねぇ。

2005-10-23@755

image

いきなり寒い〜!

急に強風が吹き荒れまして、帰りの道で、風に飛ばされてきた発泡スチロールの箱と走行中にヒット。その後なにわ筋で、これまた風で落下するギンナン攻撃(大阪の人はわかるよね)をくらって、もう散々ですよ。

たかが発泡スチロールと侮るなかれ。そこそこスピードも出ていたことも手伝って、まともにあたると結構な衝撃があります。いくら気をつけていても飛んでくる物はよけられませんからねぇ。

2005-10-16@273

うぁ…、新しい iPod って、FireWire 無くなっちゃったんですねぇ。USB 1.1 オンリーなウチの環境だと厳しいなぁ。ケーブルリモコンも廃止されたようですが、nano ぐらいの大きさなら、本体だけで操作できますが、iPod のサイズだと、いちいち電車の中とかで引っ張り出して操作するよりはリモコン使いたい気もしますけどねぇ。

2005-10-13@854

第5世代 iPod

な〜んか見た目のバランス悪くない?

2005-10-09@930

朝晩涼しい〜。財布も涼しい〜。

2005-10-08@128

10月、ネタなし、多忙。

車の方にちょっとだけ…。


[TOP]