2004-12-16@626

おぎゃわさんのサイトで知った Finder ウインドウのサイドバー表示。範囲を狭めて行くとアイコンだけに出来るんですね。これは気付きませんでした。カーソルを持って行けばポップアップでそれぞれの名称が表示されるので、迷子になる事もありません。OS X を使っているのは PowerBook なので、同じ情報量でウインドウが少しでも小さくなるのはありがたいです。何より、見た目がすっきりしていいですね。

2004-12-13@838

Snapz Pro X 2.0.1 で、新しく発行されたコードを入力したらムービーキャプチャ機能が未登録状態になった(キャプチャ画面に登録してないぜ透かしが入る)件ですが、「仕事で使ってるパソコンフォーマットするなんて非現実的だよ〜!ムービーキャプチャはそれほど使う事はないので、個別対策が煩雑なら残念だけどこのままあきらめるよ」と、かなりいい加減な英文でAmbrosia Software のサポートに返事をしたところ、キーコードを再度発行してくれました。結果、元通りフル機能に復活して一安心。

キーコードがリニューアルされてから30日以内にコードを入力しないとリセットされてしまうらしいので、Snapz Pro X 2.0.1 をひと月に一度は立ち上げるのが吉かもしれません。いずれにしてもこのシステムは少々面倒だよなぁ。

あ、Ambrosia Software の対応自体は昔からすごくいいですよ、今回の件も、メールのやり取り、一時チャット状態でしたから。


以下参考

Ambrosia Software サポートからのメールより一部引用

Each License Code is encoded with a timestamp, and must be entered within 30 days of generation to unlock the product. Once unlocked, the game will remain unlocked forever unless you:
a.) Reformat your hard drive
b.) Or install it on a new computer

参考リンク

TidBITS#620/11-Mar-02(日本語版)
ソフトウェアの気軽な不正使用-その実態と真実

2004-12-12@795

先ほど、留守番電話の着信お知らせランプがパカパカしてるのに気がつきましてね。もっと早く気がつけよと言われそうですが、携帯にかかってくるほうが多いので、意外と見逃しちゃうんですよ。思えば携帯これだけ普及してから久しいですが、留守番電話にメッセージって減った気もしますね。
で、久々に再生ボタンを押してみましたよ。

「ホンダベルノ○○の□□ですが、お車の車検が近づいてます〜」

…うげーん。。。。

平成元年式ですよ、11万キロ以上走ってますよ。今年ボーナスむっちゃ減ってますよ…。

まぁ、買い替えるより安いとは言え、ここまで来ると何だか複雑だよなー。


今日油性マジックで日本語部分を消してみた。アハハ

さすが師匠!やる事が豪快!!私も長い事英語キーボード慣れしてる体なのですが、会社のMacが日本語キーボードでして、ショートカットの位置関係が違うのでストレス感じる事多いんですよね。へんてこ師匠の記事を読んで、思い切ってマジックで塗りつぶしてやろうかと思ったんですが、キーボード、白いんだよなぁ。

あ!修正液!(爆笑)


財布の素材は革が好きで、それほど高価な物ではなかったと思うのですが、ここ数年間滑革製の二つ折りコインケース付き財布を愛用してきました。ズボンの尻ポケットに入れてる事がほとんどなので、財布の型くずれを考えれば、コインケースなしの札入れとコインケースを別々に持つのがおしゃれなんでしょうが、財布なんて物は利便性第一であるべきだというこだわりもありまして、いままでず〜っと二つ折りコインケース付き一辺倒です。まぁ、平たく言えば単に二つ持つのが面倒くさいだけなんですけどね。

pict

滑革ですから、最初は淡い肌色なんですが、使い込んでいくうちに、写真のような色の変化とツヤが出てきて、そんなところが皮革物の使っていて楽しいところだったりします。

pict

内側を見ると、元の色がどんな感じだったかわかりますね。特に手入れをしていなくても、普通に使っているだけで最初の写真のような色ツヤに変化していきます。ここまで来ると、愛着も湧くってもんですよ。

この財布、少し小振りの大きさがとても使いやすくてお気に入りだったのですが、元が安物だけに、コインを入れるポーチ部分と札入れ部分の境目に、おそらくはコインによる摩擦が原因で穴が開いてしまい、このたびあえなくご臨終となってしまったわけです。人間で言えば横隔膜に大穴が開いてしまったようなもんですかね?

で、買い替えましたよ仕方なく。もちろん二つ折りコインケース付きですよ、型くずれしようが何しようが、便利さには代えられませんからね。

pict

今度は滑革ではなく、ブライドルレザーと呼ばれる素材です。成牛の一枚革をなめした後、獣脂に漬け込んだ物です。白く粉を吹いたように見えるアレですね。

pict

もちろんコインケース…(しつこい)。

しかしこの新しい感じ、イヤですねぇ〜…。革物って、ある程度馴染んでくるまですごく使いにくいんですよ。しかもこいつ、前の物に比べるとやや大振り、ある程度馴染んでくれないとズボンのケツポケにはちょっと厳しい感じで、なかなか手ごわい相手になりそうな予感がします。

しかし、財布を買い替えるときって、いつも同じ事考えるんですよ。

「財布買い替えようかなぁ…、でも、買い替えたら中に入れる物なくなるしなぁ…。」って。

2004-12-11@673

なんで最近ロレックスのメール多いの?

ここ半年ぐらいでしょうか、やたら来ますよね。ウチの場合、最近はバイアグラより多いんじゃないかな?


画面のキャプチャにAmbrosia SoftwareSnapz Pro X 2.0.1 を使っています。このソフト、Warez 対策か、時々登録コードが変更されるんですよ。
で、先日、新しい登録コードの入力を促され、指示に従って新たなコードを入力したところ、ムービーキャプチャ機能が登録されていない状態になっちまいまして、キャプチャしたムービーに「未登録バージョンだぜ!」(原文英語)という透かしが入るようになってしまいました。もちろん、ムービー機能付きの料金で(ムービー機能の有無で料金が違うんですよこいつは)登録していたはずなのですけどねぇ、現に今まで使えてたし。

そんなわけでAmbrosia Software のサポートにメールを投げてみたのですが、どうやらキーコードが発行されてから30日以内にコードを入力しないとダメみたい。そういわれればここしばらく使ってなかったんですよ。対策尋ねたら、なんと別の新しいマシンにインストールするか、ハードディスクをフォーマットしろだって。そんなこと気安くできるわけないっしょ!

2004-12-09@686

メニューバー詰め込みすぎ。

Menubar


結局、と言うか、やっぱり横田めぐみさんの遺骨と称して、北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国、と正式名称改めて書いてみると苦笑)が日本側に渡した骨は別人の物だったというオチ。しかし、国家がつくウソにしては幼稚なウソだよなぁ。まぁ、今回だけじゃないけど。
どんなに幼稚なウソでも、一度ついたウソは、それが怪しまれようがバレようが、とことん「ウソじゃない!」と主張し通すのは鉄則ですから、コメちらつかせようが経済支援ぶら下げようが、逆にちょっと厳しくしたろなんて思って、脅しをかけたところで、よその国の潜水艦が領海侵犯しても、実質的に指をくわえて見てるだけのような甘っちょろい国程度にしか向こうは見てませんから(実際その通りなのだが)、今みたいな事たらたら続けたところで、2年3年では何も変わりませんよ、ええ、あの国は。

小泉君、考え浅すぎ。かの国をどう理解してるんだろうね、この人は。常識逸脱したような相手なんだからね。外交官が麻薬密輸するような国 (CNN) ですよ。長い事、国として拉致問題をほったらかしにした揚げ句、中途半端に向こうのカードに乗っかって、やれ平和条約だ国交樹立だなんて胸張ったところでねぇ…。
拉致行方不明者に対しても、今まで何かしてきたの?データ持ってんの?それこそこっちから特殊工作員でもかの国に潜伏させて、情報収集ぐらいしてきても罰当たんないんじゃない?

情けねぇ。最初から思ってたけど、これほど使えない総理大臣も近年珍しいな。

2004-12-07@677

最近『どんな字だっけなぁ』ということも多発しておりまして

下でえらそうな事書きながら、私も同様だったり。スゲー簡単な漢字が、ぽこ〜んとどっかへ飛んでしまうことが、特に徹夜明けなんかで頻発。

まぁ、我々の場合、「忘れてゆく年代」と言う事でご勘弁を。

2004-12-06@794

「最近の若い者は」っちゅ〜のは年寄りの決め台詞ですが、臆する事無く言わせていただきますよ。ええ、最近の若い者は漢字知らなすぎ。20代前半の連中、小学生レベルの漢字書けないのなんて当たり前ですよ。
子供の頃からパソコン使用、携帯電話でメール打ち。そりゃ自分の手で漢字書く機会、昔に比べてはるかに減っているから当然っちゃぁ当然なんだろうね。

いいのかなぁ、こんなんで。

2004-12-04@849

深夜2時過ぎに会社を出たのですが、ものすごい雨と風。タクシー拾うまでに上から下までずぶぬれになりました。下手な台風よりも強烈で、傘なんてあってもなくても一緒。風に向かって歩くのが厳しいほどでした。
高速は水溜まりと化していたのですが、タクシーの運転手、走る走る!!車を運転する人ならわかると思うんですが、あの、接地感を失う寸前のむずむずした感覚が後部座席でもしっかり伝わってきて、めちゃ怖かったょ。

2004-12-03@686

TCP/IP の設定について、WAO さんからメールをいただきました。 IPv6 項目のデフォルト設定は「自動」だそうです。確認ありがとうございます。
昨日以来、安定して接続できています。再起動が効いたんでしょうか?

2004-12-02@600

その後の AirMac Extreme Base Station 見失い問題、Discussion Boardsトピックを参考にネットワーク設定を確認した所、書き込みにあった通りTCP/IP の項目で IPv6 が自動に設定されてました。しかしこの項目、以前からデフォルトで自動だったような気がしないでもないような…、いや、どうだったかな?
いずれにしても「切」に設定し直した後、念のためベースステーションを再起動し、様子を見ていますが、今の所見失い現象は発生していません。エプソンの PM-3300C という今となっては古いプリンタがベースステーションにはぶら下がっているのですが、こちらの動作も大丈夫です。まだそれほど長時間動作させているわけではないので何とも言えませんが、これで収まってくれればありがたいんですけどね。


花粉飛散量、来春は最大30倍に (Yahoo! ニュース)

この記事見ただけで、鼻水出そうになりましたよ!もう本当に憂鬱。今年は少しましだったのですが、この分だと来年激しいリベンジをお見舞いされそうです。

2004-12-01@966

あっ、ぼくの環境だけじゃなかったのですね。よかったー。(笑)

アップルのサイト、Discussion Boards に、“Air Macのアップデータで不具合?”と言うトピックがありました。やはりAirMac 4.1 へのアップデートでトラブルが発生する場合があるようですね。コメントを参考に TCP/IP の設定などを見直して、しばらく様子見です。

で、問題が深刻な場合のファームウエアのダウングレードですが、多分できると思います。AirMac Extreme FW Update 5.4 がアップルのサイトからダウンロードできますので、AirMac 管理ユーティリティを使ってこいつをベースステーションにアップロードしてやればよいのではなかろうかと。


最近、AirMac Extreme Base Station を見失うと言う現象が頻発。今までは全然そんなことは無かったのですが、何か環境変わったかと思い起こせばAirMac 4.1 にアップデートされたぐらい。うーん何なんだろう…?

2004-11-29@700

プロデューサー:あー、そうそう、コーナーのスポンサー一個降りるらしいわ。

木菟:ほへ?んじゃ企画変わるんすか?

プロデューサー:うん、今日か明日中に企画書出さんとあかんねん。


えー、今日といわれても、もはや日にち変わってるんですが…。
明日といわれても、あたくし、終日編集作業で缶詰めなんですが…。

2004-11-28@626

一日中だらだらと過ごしてしまいました。疲れていてもあまり眠れないし、その結果疲れが取れないまま、ますます溜まって行くと言う悪循環。やれやれ。

トラックパッドの隅っこをスリスリすることで、ウインドウのスクロールを可能にするユーティリティー、SideTrack をインストールしてみました。スクロールを関知する範囲に慣れるまで、時々カーソル動かせなくなっちゃったりしますが、これは便利。トラックパッドから指を離す事なくスクロールできるのは快感です。

2004-11-27@230

なおしたはずなのになおってない!!

えー…、私の周りでは毎週誰かが(私も含めて)、このセリフを叫んでます。もう慣れちゃいました。

稀に、オンエア見ながらこのセリフを叫ぶこともありますが、電波に乗ってしまえばどう叫んだ所で手遅れですから、にっこり笑って開き直ります、ええ、「見なかったことにしよう」というつぶやきと共に…。

2004-11-26@771

Kuta さんとこでもやっぱり鳴いているVirex 7.5.1。試しにキーボードをめくってみると、どうやら CPU 周りから発生しているみたい。ファンが回ってしまえば気付かない程度の音ですから、堪え難い音量ではないのですが、一度気がつくと耳に付く高周波音とでも例えましょうか、とにかくあまりいい感じの音ではありません。

私の PowerBook、Virex 以外でも、以前 Safari で .Mac の認証画面を表示させるとチリチリ鳴いたんですが、一体なんで音が出るんでしょうね? もちろん部品が振動するから音が出るのはわかるのですが、なぜ振動するんでしょ?

そういえば、大きな電力を扱うトランスも、『みぃぃ〜ん』とか、『ぶぅぅぅん』って感じの音出しますよね。

2004-11-25@718

やっとこさアップデートされたVirex 7.5.1。やはり、鳴きます。『アイドル』に『。』も付いてます。どうもこれ見るたびに『モーニング娘。』(うお!「もーにんぐむすめ」で変換すると「モーニング娘。」になるわい。<EGBRIDGE15)連想してずっこけるんだよなぁ。。


購入時に付属していた PowerBook G4 (M8859J/A)のバッテリーが、ついに実質的ご臨終状態になっちゃいました。メニューバーのバッテリー残量表示が 80% 切ったぐらいで、なんの警告もなくストンとスリープしてしまう。時間にして、下手をすると 20分ももたないくらいでしょうか。ほぼ二年間使用してきましたが、もう少しがんばって欲しかったなぁ。


寒い。ここ数日で冷え込みが厳しくなってきた。中途半端に歳くった体には朝がこたえる。早くも街中はクリスマスデコレーション。ま、バブル時代ほどではないにしても、クリスマスで大騒ぎして一週間も経たないうちに、鳥居をくぐって神社で両手をパンパン鳴らすわけだから、全くこの国の人々は不可解である。もっとも、和洋折衷と言う言葉があるくらいだから、その辺の感覚は融通が利くんだろうな。

寒さに比例してというわけでも無いんだけど、妙に懐が寒い。いや、まあ、四六時中寒いことに変わりはないんだけど、最近身に覚えが無いのに、気がつくと寒い。物欲散財で手元に何か残っているのならまだしも、何で減っているのかわからないと言うのは切ない。財布の中には、確か諭吉さんがいらっしゃると思いつつ、財布を開いた時に野口英世&夏目漱石さんが数人と言う状況を目のあたりにした時の気持ちたるや、激しく鬱である。

…自覚を持って節約しよう。

2004-11-22@798

テレビ番組で、視聴者プレゼント、あるじゃないですか。私が担当してる番組でも、たいしたもんじゃないんですが、スポンサー絡みでプレゼント出してるんですよ。最近のご時世ですから、メールでも受け付けてるんですけどね、週に 2,000通ぐらい応募してくる馬鹿 まめな人がいるんですよ。はっきり言って、40過ぎのアンタ。絶対当たんないよ。もうこうなると、抽選作業の邪魔でしかないんで、フィルタかまして直接ごみ箱行きにしてますから。

2004-11-18@625

米アップル、日本で音楽配信・来春メドに10万曲

あぁ、ようやく日本でもサービスが始まるんですね。実際始まるまで信じられない気もするけど、まさか始まってみたら日本だけ1曲五百円とか、無しですよね?

2004-11-14@643

いきなり切れたシートがでて萎えてしまった。。

おいらもそれで使うの見送りました。あと、Safari を見慣れた目には文字が汚いんですよねぇ。


Performa 630 で社用のメールを受信して、Power Macintosh 8600/250 (※注:PDF)でこのページを更新してるんだけど、もはやこの手のマシン現役で使ってる人は少なくなっちゃったんだろうなぁ。。

2004-11-12@740

1年ほど前から、外付けの FireWire ハードディスクケースにデンノーのMIFC-25P91W を使用しています。元々 PowerBook に内蔵されていた、東芝製のMK6021GAS を接続して問題なく使用していたのですが、いつの頃からか、時々予期せず「かっこぉ〜ん・ぷしゅぅぅん」という不吉な音と共に認識しなくなり、電源断を余儀なくされると言う症状が発生するようになりました。ドライブ自体が逝ってしまったのかと思ったのですが、もう1台のケースにドライブを接続し直すと問題なく使用できるので、「あ、こりゃケースがダメだわ」となりまして、買い替えようと思いつつ、しかし四六時中接続しっぱなしと言う必要もなく、なおさら全く使えないと言うわけでも無いので、まぁ、だましだまし使っていたわけです。

そんな危うい日々を送っていたつい先日、ほーむぺーじ・たかはしさんで、[Oxford Semiconductor 911Chip]採用ケースのFirmware Update という記事を拝見しまして、「そういやMIFC-25P91W って、Oxfordの 911 だったよな〜」と思い出し、早速ダメ元で、記事を参考にファームウエアをアップデートしてみました。
結果大成功。今の所「かっこぉ〜ん・ぷしゅぅぅん」現象は全く発生していません。おかげさまで安心して使えるようになりました。ありがとうMitsuo さん!


まこちゃむを orz 状態に落とし込んでしまったようなので、再びATOK17 をインストール。当初ヘルプが表示されなかったり、時々起動スプラッシュが表示されたり、直接機能には関係ない所とはいえ、やっぱ微妙に挙動不審。EGBRIDGE15 を使っている時に、いきなりATOK17 の操作パレットが表示された時にゃ、何かATOK17 の怨念のようなものを感じましたょ。

2004-11-11@303

外は雨。忙中閑ありって感じの一時。モチベーション低下中。仕事しながら「何でこんなことしなきゃいけないんだよオレ…」と思うことしばしば。いい歳こいて最近やけにテクノトランス系の音楽を頭で鳴らしまくってるのは、無意識に何かの反動なんだろうか。

それでも目の前にあることは片づけなければいけないわけで、そんなこんなで日々追いまくられているうちに、気付いてみれば、おぃおぃ、もう今年もあと7週間じゃん。
一年早いよホントに。年々早くなる。そんな感覚が、日々仕事に埋もれてゆく自分にますます焦燥感をもたらすわけで…。

考えてみりゃ、人間ってホント、生きて行くためにいろんな事しなきゃいけない動物だよなぁ。たいていの連中(生き物ね)は、食ってセックスして寝てっていうサイクルな訳だが、人間ってのは働くわ遊ぶわ飲むわ打つわ買うわその他もろもろ人それぞれ人生満漢全席だからねぇ。

生まれてから死んで行くまでのサイクルで、なーんでこんなに忙しいんでしょ、人間って。

2004-11-07@688

ATOK17iTunes 曲の情報の文字入力ウインドウを勝手に選択しまくり現象、一時、環境設定の“入力支援”で、“入力支援を有効にする”のチェックをはずす事によって回避できていたのですが、本日この状態でも現象再発。う〜ん、ATOK17 単体ではなく、何かとコンフリクトしてるのかなぁ。

この件が理由というわけではないのですが、しばらくATOK17 はアンインストールすることにしました。いくつか挙動不審な点が見受けられ、安心感が無いんですよ、大きな不具合があるわけではないのですが、何か感覚的にしっくり来ないというか、不安感がつきまとうんですよね、うまく説明しにくいんですけど…。

機能は魅力的なだけに、ちと残念。ちょっと時間がとれたときに改めていじってみようと思ってます。

2004-11-06@800

ATOK17 使用時に、iTunes で曲の情報を編集するために、ファイルメニューの“情報を見る”で項目を修正後、“次へ”をクリックすると、次々とすべての文字入力ウインドウを勝手に選択してゆきます。おかげで入力できるようになるまでやたらに時間がかかるわけで。環境設定のなにがしかで解決するのかもしれませんが、ちょっと確認できていません。
環境設定の“入力支援”で、“入力支援を有効にする”のチェックをはずすと回避されます。

EGBRIDGE15 では、そんな現象は発生しないのですが…。

2004-11-04@697

最近、EGBRIDGE15ATOK17 を共用しています。最近ちょっと関西弁を使用した文章を作成する必要がありまして、「話し言葉関西弁モード」を備えるATOK17 を試してみようと思ったわけです。電子辞典との連携が売りの一つみたいですが、辞典との連携はEGBRIDGE15 で十分なので、ダウンロードで購入できるATOK17 単体です。思えば ATOK を OS X 環境で使うのはこれが初めてになります。

「で、肝心の関西弁モードなんやけど、これ、結構使えるんとちゃう?変換速度もそれほどストレス感じひんし、相変わらず、なんやかんやとお節介なところが気になるいうたらそうやけど、まぁ、合格点ちゃうかな?」
てな感じでなかなかおもしろい、いや、賢いです。それほどややこしい関西弁じゃなければ、結構実用になるように思います。

しかし ATOK で以前から感じることなんですが、環境設定の煩雑さ、何とかなりませんかね。どうもインターフェイスがしっくりこないんですよ。

pict

まず気になるのが、左側の設定項目と、ウインドウ上部の3つのタブの関連性が今ひとつピンときません(というか、関連性がない)。
タブが「入力・変換」の状態で設定項目を切り替えてゆくと、それぞれ項目ごとの設定画面になるわけですが、残る2つのタブは、設定項目がいずれであれ、変わることはありません。タブを使う意味がわかりませんね。これなら、設定項目の中に「辞書・学習」と「電子辞典検索」を含めた方がいいように思うのですが、どうでしょう?

ちなみにEGBRIDGE15 の環境設定はこんな感じです。

pict

項目ごとにタブが分かれていて、私にはこちらの方がすっきりわかりやすく感じます。

メニューはATOK17 の方が若干すっきり見えますが、サポート FAQ へのリンクまで含めるのはどうかと思いますけど…。ちなみに、左がATOK17 で、右がEGBRIDGE15 のメニューです。ATOK17 のショートカットは、EGBRIDGE 風にカスタマイズしてますので、標準状態とは異なっています。

pict

しかし、普通に文章作る分には、日本語入力プログラムはひとつに絞った方がいいです。何よりキーアサインや機能の違いが混乱を招くこともありますし、じっくりひとつを使い込んでゆけば、辞書もだんだん鍛えられていきますから。(鍛えられるごとに馬鹿になってゆくという事態も往々にしてありますが…)
ただ、「これだっ!」っていう日本語入力環境って、なかなか絞り込めないのも実際でして、そんなわけでついつい、つまみ食いしてしまうんですよ。

2004-11-03@707

この時期にあんな地域へ足を踏み入れることの是非はさておき、やはりその人物が日本国民である以上、ましてや国が決めた国外での自衛隊の活動に反対する団体によって、その行動を阻止するための人質として暴力にさらされたわけですから、日本政府は最大限の救助活動をするべきだと思うんですよ(いや、したんでしょう、きっと)。

ともあれ、この国の総理大臣、マスコミの取材に対して、まるで開口一番、「要求には応じない、自衛隊は撤退しない」と息巻いていましたが、なんか他に言いよう無かったんですかね?含みを持たせた発言で交渉時間を稼ぐなり何なりって考え、全く無かったんでしょうかね?もちろん、最終的にテロリストの言いなりに、あっさり撤退させるなんて事はできませんから、結果としてはいずれにしろ厳しい形になってしまったかもしれませんが、一刀両断、即座に「撤退なんかしねーんだよー!」と言われた時にゃ、そりゃ売り言葉に買い言葉で「えーい、速攻やっちまえ」って事になるでしょ、相手は筋金入りのテロリストだもんね。

どうにも私には、あの総理大臣の発言が、「こっちがさんざん渡航禁止って叫んでるところへ勝手に行ったんだからよぉ〜」みたいな感じに受け止められてならんのですよ。

2004-10-22@725

バージョンアップを申し込んでいたEGBRIDGE15 が配達されました。今回は、最近 Word に辟易してきたこともあって、EGWORD14 への優待アップグレードを申し込みました。(12,500円でとへアップグレードできるんです)

今回、EGBRIDGE15 は、変換エンジンにかなり手を加えたようで、以前感じた、妙な所で文節を区切ってしまい、意図しない変換がされる感じは確実に薄くなっています。変換速度も体感で感じられるほどの変化はありません。まぁ、タイピングがそれほど早くないためか、ほとんどストレスなく変換されます。詳しいことはエルゴのページを見ていただければわかりますが、今回は、変換という IM では当たり前の機能を見つめ直して、きっちり詰めてきたバージョンアップといった印象を受けます。実際、こうしてこの程度の文章を打っていても、以前のバージョンと比べて、文節区切りを含めてかなり気持ちのいい変換をしてくれます。まだあまり文章を作っているわけではないので、インプレ云々レベルではないのですが、ざっと触っただけでもかなりいい感じですね。

ただ、これは以前のバージョンでもそうだったのですが、Golive CS とどうも相性が悪いようで、EGBRIDGE15 を使って HTML を編集していると、ソースモードとレイアウトモードを切り替えたときなど、しばしばアプリが死んでしまいます。

2004-10-19@720

よりによって台風が一番接近していた時に、社用で車を運転するはめに。もう、ワイパー全開でも追いつかないし、なんだかいろんなもんが飛んできたりでもうへとへとでしたよ。

しかしこれで上陸した台風、10個ですよ。もう一個、沖の方に控えてるみたいですが、被害もかなり出ていますし、何とか避けてほしい物です。

2004-10-19@730

JASRAC、CCCD廃止の流れに疑問を提示〜船村徹会長ら新役員が会見

まったくこの団体は…。

もちろん違法コピーが許されるはずがない事はわかってるけどさ、“音楽”ってのは、聴く人がいるから、創る人も、そしてもちろん聴く人も気持ち良くなるんだわさ。

許されない事を防ぐためにこんな考えしか出てこないような団体がのさばってると、そのうち誰も音楽なんて聴かなくなるよ。

2004-10-16@635

10月も半ばを迎えて急に涼しく(寒く)なりまして、過ごしやすくなったと言いたいところなのですが、風邪をこじらせた上に花粉症でへろへろ状態です。
それでも仕事はそうそう休めないので、薬やら疲労やらで集中力もへったくれも無いままに、気がつけば、日々目の前にある事案をこなして行く事だけに追われて、本来意識しなければいけない演出性を片隅に放り投げたまま、まがりなりにも電波に乗る物を作っているんだけど、こんな事でいいのかオレ…!

あぁ、文章もわけわかめ…orz

2004-10-07@620

確か三世代目のiPod の時でしたか、同じモデルでもバックライトが白い物と青い物の二種類あるという話題がありました。
同じモデルですら色が違うんですから、モデルが変われば当然色がちがうっぺ…、って事で、はい、しっかり違います。デジタルカメラのホワイトバランスを太陽光に固定して撮影してみました。まずは二世代目のiPod

pict

そして四世代目(現行)のiPod は…

pict

はい、色温度高くなってます。明るさと白さでは二世代目に軍配が上がります。液晶の質はどっちもどっちですかねぇ、ただ、二世代目の液晶はドットの隙間が見えず、黒い部分は本当に真っ黒なのですが、四世代目はドットの隙間が目視できるので、よく見ると網点になってます。

なぁ〜んとなくコストダウンの香りがするような気がしますが、詳しい事は素人なのでわかりません。

あ、どちらも見やすさは変わらないですよ。

2004-10-03@277

注文していたShowcase 4G が届きました。

pict

白い部分はラバーっぽい感触です。手から滑ってうっかり落下という危険は少なそうですが、はっきり言ってかなり汚れそう。黒いモデルもありますので、気になる方はそちらの方が良さそうです。
裏側がむき出しに見えますが、実は表と同じく透明なプラスチックでカバーされています。これ、なかなかいい感じ。
裏面両サイドの小穴はベルトクリップを固定するための物です。

pict

装着するとこんな感じになるわけですが、結構かさばるのであまり使い勝手はよくありません。

pict

コネクタ部分はこんな感じ。ドックコネクタ部も同様です。ケースの開閉なしでアクセスが可能です。

いってみればハードケースのたぐいですから、ちょっと大きくなりますが、ひいき目にいえばケースをつけても二代目モデルの大きさと大して変わらないので、それほどうっとおしくは感じません。
ラバー素材のクッション性と共に、ケース内側両面のゴムによっていわばiPod 本体がフローとされた形になりますので、対衝撃性はなかなか高そうです。エッジの処理など細かいところが値段の割に雑ですが、まぁ、海外物ですから勘弁してあげましょう。

デザイン的にオシャレではありませんが、リモコンレスでカバンとかに放り込んでガシガシ使うにはいいケースだと思います。最大の欠点は汚れやすいであろうことかも。(苦笑)


[TOP]