トップページ BBS 活動方針 今回のテーマ LINK


今回のテーマ



私たちは2005年蘇我地区川鉄跡地に完成する「サッカー専用スタジアム」が、
「観客にやさしく、みんなの夢と誇りを育む」
スタジアムになるように強く望んでいます。


私たちが望む「観客に優しい」スタジアム

@サッカーは雨天決行です。
 子供や女性からお年寄りまで全観客が雨の日、また海沿い特有の強風の日でも安心して
 快適に観戦できる客席の全面屋根化はどうしても必要です。
 雨の日のゲームでは素晴らしいドラマが生まれることがよくあります。雨や風の日にも
 快適に観戦する事が出来れば、その楽しさは倍増し、観客も倍増します。

A素晴らしいプレーをその場で再現し、観客の楽しさと興奮を倍増させるオーロラビジョンの 計画中のスタジアム
 導入。
 「ゴ〜〜ル!」がその場で再現されれば、感動と興奮はさらに高まります。

B子供や女性からお年寄りまで、観客誰でもが座って快適に観戦することの出来る全面
 座席化。
 座って観戦することができれば、小さいお子さんからお年寄りまで誰もが快適に
 観戦することが出来ます。

C素晴らしい迫力と、臨場感あふれるプレーを体験できるピッチと観客席の5〜7m程度の 理想のスタジアム
 近接化。
 専用スタジアムの迫力と臨場感は観客の一体感を生み出し、そこには必ず素晴らしい
 感動が生まれます。
今回私たちは上記テーマの実現に向って
私たちの出来る様々な活動をしていきます。 理想のスタジアム例(仙台スタジアム)