英文特許明細書の直接作成サービス





特許出願の案内>>英文明細書直接作成

英文明細書直接作成業務の概要

有明国際特許事務所では、米国、英国などの英語圏の特許出願用に日本語による特許明細書を作成せずに、直接英文明細書を作成するサービスを行っております。直接英文明細書を作成する方が、日本語から英語への翻訳が不要になり、翻訳による不自然な表現を減らすことが可能となります。また、日本語明細書を作成しない分だけ時間の節約となり、費用も安く抑えることが可能です。下図の1が有明特許事務所の直接作成方法で、2が一般的な英文明細書の作成方法となります。

英文明細書の直接作成による利点

外国出願用英文明細書の直接作成サービスは次のような場合に有効です。

1)発明者がEnglish Speakerである場合、日本語を使わずに英文で明細書を作成することで、出願前のチェックが容易となります。打ち合わせも日本語と英語のどちらでも結構です。
2)権利取得を図る国に日本が含まれない場合、例えばアメリカ合衆国だけの仕様をカバーする権利を狙う場合、日本語の特許明細書は不要となり、作成しないことで時間と費用を抑えます。
3)翻訳しないことから、原稿と翻訳のチェックや、原稿と翻訳の間の意味ズレなどは問題なくなります。
4)PCTの場合、EPOの調査報告などを利用することで、更にコスト低減が可能です。

出願費用の見積



有明国際特許事務所 For domestic and international business transactions



〒135-8071
東京都江東区有明3-6-11 TFT郵便局私書箱2117号
TEL 03-5530-5011 (代表) FAX 03-3528-3210
URL:http://www.ariapat.jp webmaster@jurisplus.co.jp


有明国際特許事務所

このページへのリンクは自由ですが、無断転載はお断りします。
All Rights Reserved.