<hp電卓>  TOPページへ


<黎明期>
 大昔に物珍しさと同僚のhp15Cに憧れてhp28Sを買いました。当時の営業担当者にもらった優待券を使っても4万円ほどで、とても高かった。
 最初は英文マニュアルだけしか無かったので、単純な四則計算がやっと出来るかどうか・・・はっきり言って無理でした。
 その後、和文マニュアルが到着し、説明は読めるものの、使い方はやっぱり難しい。プリンタまで買ったけど・・・無理。

<凋落期>
 仕事で膨大な繰り返し計算をする必要に迫られるが、hp28Sだとプログラムも大変で、諦めてCASIOのポケコンに転向。
 マイクロ波の計算プログラムや基板設計、回路設計などに安物ポケコン(FX840P)の8KBメモリを使い切ってしまう。
 さりとて、やっぱりhpは難しいと、周辺機器が充実したSHARPに転向し、PC-E500と周辺機器やPC-E200まで買って遊ぶ。

(20090210) <復興期>
 仕事をいくつか替わる間にhp電卓に回帰しようと思い立って会社で28Sを使い始める。
 単純な集計や四則計算でもRPNの便利さを感じて、ついにRPNしか使えない体に。

<暴発期>
 会社に28Sを置いておくと、家で不便だし・・・RPNは貴重なのでスペアが必要だと思い至り、ヤフオクで物色。
 28Sにはプレミアがついていてかなり高価なので、新しくて安いものを・・・後継と思われるhp49Gを入手。
 ・・・しかし、49Gはキータッチも良くないし、赤外プリンタも使えない。しかもでかい!
 ネットで新型が出ていること知って、hp35Sを買う。評判どおりだけど、PRLとRPNの違いを目の当たりにして、
 やっぱりhp48GXを探すことに。オークションでゲット。プリンタも使えるし、プログラムも・・・難しい。orz
 じゃあ、他のはどうなんだ?と安いのを適当に買い集める。hp12Chp19B ビジネス電卓は初めてだけど、
 なかなか便利。12Cは会社のメインに。19Bは自宅の普段用に。19B は28Sのパーツ用としても大切に。(笑
 ここまでくると、さらに・・・まあ、あれだ、困ったことになるんだ。
 LEDのビンテージや、小さな関数電卓も欲しいよね。じゃあ、ジャンクでいいから・・・hp38Ehp32S、と。
 新型もどうだろう? hp20B(まだ買ってない)も試してみたいし。

<落ち着け>
 マニュアルが無いのはMoHPCでDVDを買って対応。日本のhpや本家にも古いマニュアルが少し残っているのでGET。


<修理>
hp49G ケースは樹脂を溶かして止めてあるので、電池ケース内部の封を開ける。うまくやらないとしまらなくなる。
    まあ、うちのは買ったときに開封済みだったけど。得になにもイジってないが、通信端子をチェックした。
hp38E 電池フタの裏側に2本のネジが有る。これを外して、裏蓋を下方向にずらす・・・言葉じゃ難しいので、
    spice repairを参照。 それでもなかなか開かないから、壊さないように工夫してください。
    蓋が開いたら、ロジックユニットを外して、基板を開けると・・・マイコンとROMがむき出しになります。
    接触不良を修正して、元通りに閉めればOK。
hp32S ケースは49Gと同じように樹脂を溶かして止めてある。電池室に見える4ヶ所を緩めて、キーパッドの
    装飾パネルの下に有る4ヶ所も緩める。装飾パネルは変形させないように丁寧に両面テープを剥がす。
    ロジックボードは液晶の金属枠に板金の爪で止まっているので、丁寧に緩めて外す。
    キーが不安定だったので、キーパッドのフレキの裏にスペーサをかましてテンションを上げる。
    元通り組み上げて、チェックしてOKならキーパッドの装飾パネルを元通りに貼る。ゴミが入らないように。
    ・・・その後、症状がたまに症状が再発したりして・・・。orz (20090123)

(20090210)
(20090123)

<hp電卓の便利なリンク>
    ・hp電卓 とりあえず、ここからスタートできます。
    ・The Museum of HP Calculators マニュアルDVDが買えます。
    ・高精度計算サイト RPNじゃ無いけど、カシオさんの便利サイト。