従業員数50名までの企業主様へ 本文へジャンプ
 

営業を
お客様のガイドに

株式会社 創客営業研究所

あなたが、お客様から興味ありといってもらえる秘訣

(木村PC活用研究所は株式会社創客営業研究所になりました)

            ◆こちらは古いウェブですココをクリックで新しいURLに転送します◆


営業教育で困っている社長様へ。

御社の営業が、売り上げを伸ばす「意識改革」研修



御社の営業が「ソリューションだ!」「 提案だ!」 といいつつ、
プロダクト(製品)営業になってしまうのは、なぜですか?



従来の営業の問題点


課題は、お客様のことが理解できていないこと。






単なる営業では、キーマンが会ってくれない時代。

従来のカタログ中心のアプローチでは、ソリューションといいながら、実はプロダクト(製品)を売っている。



御社がソリューションを「提供」しているのか、プロダクトを「売っている」のか簡単に見分ける方法があります。

それは、競合製品をお客様が聞いてきたら。

お客様が、あなたに競合製品はどれですか? と聞いてきたら、
たぶんお客様は、御社をその他の大勢の業者の一つと見なされていらっしゃるのでは?

さて、いくら提案が大切だと営業責任者が言ったとしても、
訳知り顔の部下や、過去の成功体験を持つマネージャに
引っ張られて、なかなか営業組織が変わることができません。

強い組織的信念への働きかけは、
外部の「先生」から言わせるのが一番です。

そこで・・・。






意識変革
(一部ビジネスコーチングの手法を使います)


お客様の環境を学ぶ。(業界動向マクロとミクロの視点)
経営者の考え方を学ぶ。(事業計画と決算書の読み方、用語解説)




有望なお客様を見つける手法を学ぶ。(財務と戦略)
せっかくお客様にアプローチしても与信がとれなければ、手間の無駄だと思います。

継続的にお付き合いするのに最適な会社にアプローチ。(ロールプレイング)



仮説の組み立てと、ヒアリング項目の検討。(ロールプレイング)




御社の実情に合わせたレディーメイドの研修で、
編集能力を持つお客様のガイドを育成しております。





2007年には意識変革セミナーにより540名の
「お客様のガイド」が誕生しました。



御社の営業さんは、編集能力、企画能力を強化することで、
もっとソリューション提供に磨きをかけることができるでしょう。


あなたの貴重なお時間をお割きいただき、ここまでご覧いただきありがとうございます。

さて、こんな研修を、あなた(木村のことです)に頼んで大丈夫なの? 
と、お思いのことだと思います。
そもそも、何者だと。

これは、ごくごく正直な心情だと思います。
もっともです。

うまくいくのか、うまくいかないのかは前提条件と達成条件を
お打ち合わせいただいてから、お決めいただけますか。

選ぶのは、あくまでも、あなた様です。

私が何者かについては、木村尚義のプロフィールまたは、
この下の方↓にある、ビデオセミナーや執筆をご覧いただけますか?

ちなみに、私の経営理念は、「共栄」ともに栄えるです。
Win-Winという言葉は、好みません。
これだと、「御社と私だけ。他は知らない」という感じがするからです。

共栄とは、
御社のお客様が、まず儲かって、結果として御社が儲かって、
その結果、わたしが業務継続できれば、それでよいのです。
だから、共栄です。

社是は、「常にお客様の将来を想う」です。
わたしは、御社がやってくれといったことを単純にハイハイとは実施しません。

話は飛びますが、以前ラーメン屋で、スペシャルラーメンに味付けタマゴを頼んだんです。
そうしたら、なんと味付けタマゴが2個も入っていました。
このラーメンには味付けタマゴが入っていますと一言欲しかった・・・。
まー。
そういうことです。

もしも、いわれたとおりに実施というのなら、
そういった、講師の方はたくさんいらっしゃるので、そちらにご依頼ください。

私は、常にお客様の将来を想って提案をいたします。

もしもお問い合わせて見ようか?と興味をもたれたら、ここをクリックいただくと嬉しく存じます。

物売りからソリューション営業へ
「意識改革」教育スペシャリスト
創客営業研究所 代表取締役 木村尚義


▼オンラインで読める執筆▼
カネ、ヒト、時間いらずのIT内部統制
http://japan.zdnet.com/sp/feature/07governance/



総務省「国民のための情報セキュリティサイト」に協力しています。







短縮URL借りています: http://3w.to/kim

もっと知りたい方

提供サービス

六本木ライブラリー個人事業研究会

独立したとたん喰えなくなってしまったセミナー講師のための12の処方箋

seminar1.htmlへのリンク