天正少年使節 

http://www.tulips.tsukuba.ac.jp/exhibition/tokubetuten/tenji/tensyou_syounen.html を編集した

イエズス会の巡察師ヴァリニャーノの発案で、九州のキリシタン大名、大友、有馬、大村の三侯が、ローマ教皇に遣わした日本人使節。
正使が 伊東マンショ と千々石ミゲル 、副使が原マルチノと中浦ジュリアン。いずれも当時13、4歳の少年であり、イエズス会の学校、 有馬セミナリオの学生から選ばれた。
 本能寺の変で織田信長が暗殺される数カ月前、 1582年(天正10年)2月20日に長崎の港を出航した一行は、マカオ、ゴアを経て、喜望峰を廻り、2年半後にヨーロッパに上陸。1585年3月にローマに入り、同月23日、ヴァティカンにてローマ教皇グレゴリオ13世の謁見を賜った。
 「地の果てからの使者」は、当時のヨーロッパで大変な評判となり、使節は行く先々で歓待された。使節に関する同時代の史料も数多く残されており、謁見があった85年だけでも49点、16世紀中には78点に及ぶ出版物が刊行された。

天正少年使節肖像
ローマ教皇の謁見があった翌年1586年にドイツのアウグスブルクで出版された使節の肖像版画。右上で王冠を手にしているのが、正使(主席)伊東マンショ、左上で手袋を手にするのが同じく正使千々石ミゲル、右下が副使の中浦ジュリアン、左下が原マルチノ、中央上方が使節に同行したメスキータ神父である。
昭和5年に浜田耕作がオランダから購入し、現在は京都大学附属図書館が所蔵している。

16世紀のゴア
インド西岸の都市。天正少年使節はヨーロッパからの帰路、この地で『原マルチノの演説』を印刷した。かつては「黄金のゴア」と謳われ、16世紀には東アジアにおけるポルトガルの拠点として栄えたが、 17世紀に入ると伝染病が蔓延し、急速に衰退した。

グレゴリオ13世の謁見
ローマ教皇グレゴリオ13世 の謁見は、ヴァティカン宮の「帝王の間」で行われた。 使節等は慣例に従い、華々しく迎えられ、その座に着きたり、群衆はこれを観て、目と心とを奪われ、いずれも胸中に異常なる感動の湧くを覚えたり、蓋し、そはかかる珍しきことを見る驚嘆と、また神の名、ローマ教皇への帰服が、かくも遠隔なる地方にまで広まりたるを知る喜びとの混じりたるものなりき。
グァルティエリ『日本遣欧使節記』(1586)より

天正少年使節渡欧年譜
1582.02.20 少年使節、巡察師ヴァリニャーノに伴われ、長崎を出帆。
1582.03.09 マカオ到着。年末まで同地逗留。
1583.11.10 ゴア(インド)到着。12.20ヴァリニャーノと別れ 、同地出帆。
1584.08.11 喜望峰をまわり、大西洋を北上し、リスボンに上陸。
1584.11.14 マドリードでスペイン国王フェリーペ2世に謁す。
1585.03.23 ローマのヴァティカン宮でグレコリオ13世の謁見を賜る。
1585.06-08. ヴェネツィア、マントヴァ、ミラノ等、北イタリアを巡る。
1586.04.12 リスボン出帆。
1590.07.21ゴア、マカオに長期逗留の後、長崎に帰帆。

有馬晴信書簡
1519年(天正十九年)8月20日付。キリシタン大名プロタジオ有馬晴信から、ローマの枢機卿カラハに宛てた書簡。使節の一員で有馬氏の一族、千々石ミゲルに対するローマでの厚遇を感謝した礼状。

http://www.saikaicho.net/julian/01.htmlを編集した

天正少年使節の紹介
使節は別名「九州三侯遣欧使節」とも呼ばれるように、キリシタン大名の大友宗頗麟(そうりん:当時の名は義鎭(よしかね)ドン・フランシスコ)、大村純忠(ドン・パルトロメウ)、有馬晴信(当時の名は鎭貴(しげたか)ドン・プロタジオ)の書簡をローマ教皇にもたらした。
使節は有馬のセミナリオ(キリシタンの初等学校)の生徒の中から選ばれ、大友氏の使節には伊東マンショと大村と有馬氏の使節には千々石(ちぢわ)ミゲル、その副使に中浦ジュリアンと原マルチノが当たり、首席はマンショだった。歳はいずれも12〜3歳。そのほかに日本名ははっきりしないが、アゴスチーノとドラードの2名の少年がいた。この2名はこの使節の持ち帰る印刷機の職人としての訓練をうけるため使節に参加した。もう1人日本人で、歳が19歳ほどのジョルジェ・ロヨラがいた。彼は使節の少年の教育係として参加したが、帰路マカオで病死した。
使節団のリーダーは発案者である巡察師アレッサンドロ・ヴァリニャーノ。引率者は司祭のディオゴ・メスキータだったが、ヴァリニャーノはインドで別任務がまっており、後任者にはヌーノ・ロドゥリーゲスが任命された。常に旅を通じて一緒にいた宣教師はメスキータ神父だった。

誕生の背景
天正7年(1579年)、イエズス会のアジア巡察師アレッサンドロ・ヴァリニャーノが来日。キリスト教の布教の実態を見て愕然とした。巡察師とはイエズス会総長の名代で、「東インド管区」全域を巡察してイエズス会の規則に従った布教の諸問題を解決するためのあらゆる権限をもっていた。
日本での布教長カブラルは日本人を嫌悪していて、日本人が学問を修めて司祭になる事をおそれ、ラテン語の習得を禁じ、日本の風習に対しても否定的だった。彼等にとって日本語が難しいこともあって積極的に日本に溶け込めず、一方、日本人も南蛮人に反感をもっていた。
ヴァリニャーノは在日宣教師達を日本の風習に順応させ、そして日本人にも学問を修めさせ、ヨーロッパ・キリスト教世界の偉大さ、卓越さを実際に体験させ、さらにローマ教皇に日本を紹介するチャンスをもちたいと考えた。 ヴァリニャーノは龍造寺氏に攻められていた有馬鎮貴を軍事物資で援助し、キリスト教信者に改宗させた。先に受洗していた大友宗麟、大村純忠の布教の援助を受け、さらに織田信長の寵愛も得たことで、セミナリオ、コレジオのキリシタン学校も開校され希望は明るくなっていった。こんな背景の中で、ヴァリニャーノによる大友・大村・有馬の九州三侯の名においての使節が誕生した。

歴史的意味 ヴァリニャーノは帰国直前にセミナリオの生徒の中から使節を選ぶ。12、3才の少年で使節団は構成された。
彼はときの教皇グレゴリオ13世やスペイン国王、イエズス会総長に使節を謁見させ、布教の成果の報告と経斉的援助を得ること、さらに日本での教材を整える目的からヨーロッパ最高の印刷機を日本に持ち込むということを計画していた。その技術者としてドラード、アゴスチーノの2名を同行させた。
この「天正少年使節」のことは日本には史料がほとんどなかったので、日本史の学会ではキリシタン弾圧の歴史を勘案することがあっても不思議に思われていた。驚くべきことに戦後、ヨーロッパのイエズス会の史料から、この大友・大村・有馬によるものとされていた使節は、実は大友宗麟は何ら関係しておらず、ヴァリニャーノ独断の行為であったことが判明した。しかし大村・有馬氏の両者はこの使節の事を知っていたふしがあるという。それは1587年10月15日付けの九州の平戸近くの生月島(いきつきじま)からのペドゥロ・ラモンという宣教師がイエズス会総長に出した手紙から判明した。
 「天正少年使節」が日本歴史に登場したのは遅く、明治になってからヨーロッパ文献で初めて紹介された。その意味でこの日本史上の壮挙にもかかわらず、歴史的に見て社会的な影響に乏しかったのは事実。しかしヴァリニャーノは帰国後インド副王の使節の資格で太閣秀吉に謁見する。このとき、少年使節の4人も随行し秀吉の前で「御前演奏」をした。一方、せっかく持ち帰った最高の印刷機もキリシタン弾圧の末に消え去った。しかしこの印刷機で刷った僅かな本は、『キリシタン版』として今世界の宝となっている。その上、その中のローマ字で綴られた日本文から当時の日本語発音が判明し、期せずして日本文学史上の珠玉の貴重資料にもなっている。

使節の成果  前に触れたように、「天正少年使節」は日本史の上でははかばかしい成果をもたらさなかったが、西洋に初めて日本を紹介した点では特筆の成果を上げたといってもいい。
使節は日本の王子という触れ込みもあって、行く先々で大歓迎を受け、彼らがまだヨーロッパ滞在中に夥しい書物が発刊されました。現在の調査で1585年に48種類、それから10年のあいだになんと90種を越えている。出版物で見る限り、かつてこれ以上有名になった日本人はいない。それほど彼らは広くヨーロッパに日本をセンセーショナルに紹介した。それがいろいろな人に読まれ、その後来日したケンペルも、最後のイタリア人宣教師のシドーティも、幕末の黒船での開国を果たしたペリーもこの使節のことを知っていた。まさにこの使節の驚異的な成果といっていい。

http://www.tulips.tsukuba.ac.jp/exhibition/tokubetuten/poster/から (生年月日、没年月日は異論があるようだが、敢えて修正していない)

正使:伊東マンショ 1569(永禄12)頃〜1612.11.13(慶長17.10.21)
日向国主伊東義祐の娘と伊東祐青との間に生まれる。1578年(天正5年)、 島津氏が日向に侵攻し、伊東一族が豊後に亡命した時に両親と別れ、孤児同様の身となったところをイエズス会司祭に引き取られ受洗。ついで有馬セミナリヨに入学した。伊東家と大友宗鱗は縁続きであったため、 遣欧使節の企画に際し、宗鱗の名代とされた。遣欧使節にあっては、終始首席として振舞い、スペイン国王フェリーペ2世、教皇グレゴリウス13世ら キリスト教世界の最高位の人々から絶大な歓迎を受け、名誉を授けられた。 帰国後、聚楽第において豊臣秀吉に謁し、1601年(慶長6年)にはマカオにおもむいて、同地で3年近く修道士として研鑚をつんだ。04年夏、長崎に戻り08年には長崎で司祭 に叙階された。九州各地で布教に従事し、長崎のイエズス会学院で病死した。

正使:千々石ミゲル 1569(永禄12)頃〜没年不詳
千々石城主千々石直員の子。有馬晴信の従兄弟かつ大村純忠の甥で あったため、有馬・大村両家の名代に選ばれた。1580年(天正8年)受洗。 ついで有馬セミナリヨに入学。温和な優しい性格であったとヨーロッパの記録に評されている。しかし、1601年(慶長6年)にはすでに棄教し、 清左衛門と称していた。遣欧使節として華やかな前歴を有しながら、 晩年は不遇であったらしい。

副使:中浦ジュリアン 1569(永録12)頃〜1633.10.21(寛永10.9.19)
肥前国中浦に生まれる。父は庄屋であったらしい。有馬セミナリヨに学び、遣欧使節の副使に選ばれる。85年3月23日の教皇グレゴリウス13世との謁見の当日、病気であったため医師から外出を厳禁されていたが、某貴人の計らいで教皇との単独謁見を果たした。帰国後、1601年には伊東マンショとともにマカオに派遣され、3年ほど神学などを学んだ。08年には長崎で司祭に叙階。 14年の大追放に際しては国内に残留し、九州各地で迫害下の決死的布教を続行した。しかし32年末、北九州小倉において捕えられ、翌年10月18日逆吊しの刑に処せられ3日後に絶命した。
より詳しい説明は下記URLを参照されたい。
http://www.jesuits.or.jp/nakaura.htm

副使:原マルチノ 1569(永禄12)頃〜1629.10.23(寛永6.9.7)
肥前波佐見の出身。原中務の子。有馬セミナリヨに在学中、遣欧使節の副使に選ばれる。他の使節たちに比べ健康に優れ、ラテン語の学力も一番であったので、ヨーロッパからの帰途、87年6月3日にインドのゴアで首席の伊東マンショにかわって、巡察使ヴァリニァーノに対しラテン語による謝辞を述べた(この謝辞は 『原マルチノの演説』 として活字による 印刷物となった)。また洋式活字印刷の技術を身につけており、帰国後はキリシタン版の刊行に貢献した。08年には長崎で司祭に叙階されたが、14年に追放されてマカオに至り、同地で死去した。

「アジアの瞳」

大竹洋子氏のhttp://www.hb-arts.co.jp/7-20/screen.htmlから

ジョアォン・マリオ・グリロ監督

出演 ヨシ・笈田 梅野泰靖 原田清人 小杉勇二
特別出演 ジェラルディン・チャップリン

1996年ロカルノ国際映画祭正式参加作品 日本・ポルトガル合作/1996年作品/カラー/90分

1663年、長崎の丘の上でキリスト教伝道師の中浦ジュリアンが殉死した。それより50年前、4人の少年がローマをめざして海を渡った。後に天正の少年使節と呼ばれた伊東マンショ、千々石ミゲル、原マチルノ、そして中浦ジュリアンである。
この選ばれた少年たちの栄光は長くはつづかなかった。8年後に帰国した4人の前に待っていた厳しい禁教令は彼らの運命を残酷に変えた。マンショは絶望のうちに病死、マルチノは故国を捨ててマカオに去り、ミゲルは棄教して生き永らえる道を選択した。そして唯一人、現世での生を拒否して信仰を貫いたのが中浦ジュリアンだった。
400年という時の流れをはさんで、映画は展開される。16世紀の長崎と現代の長崎、ドラマとドキュメンタリーの結合が行われる。ドラマは少年たちの運命を描き、現在の長崎はドキュメンタリーとして登場する。この部分では、EC(欧州連合)から派遣された女性ジェーンが進行役となって、両者をつないでいく。
ジェーン役のジェラルディン・チャップリン(チャーリー・チャップリンの娘)は欧米映画界の大スターで、以前からジョアォン・マリオ・グリロの作品に出演したかったのだという。38歳のポルトガルの中堅監督、グリロがめざすのは、世界中で何世紀にもわたって繰り返されてきた、イントレランス(不寛容)に対するのゆるぎない抵抗である。
今は平穏な生活を送るミゲルは、長崎奉行の命を受けて、転教を説得しようとジュリアンを家に招く。座敷の隅には生後間もない幼な子(ミゲルの孫)が寝ている。ジュリアンは拷問のため既に失明している。この子は風邪を引いて熱があると、ミゲルは水をいれた盥を赤ん坊のかたわらに置き、襖の音をたてて部屋を出てゆく(ふりをする)。この水を使って、ジュリアンは幼な子に洗礼を授けるのだ。
私はこのシーンが好きだ。ヨシ・笈田のジュリアンと、梅野泰靖のミゲル、名優たちの演技が、静かな緊張と束の間の安らぎを見事に表現する。
低予算と少数のスタッフで作られた地味で真面目な映画、世界を風靡している荒々しい娯楽映画とは、あまりにかけ離れた作品ではあるが、穴吊りという最も過酷な刑が行われた事実も、私たちは目をそらさずに見つめよう。未だ止むことのないイントレランスなるがゆえの争いが、何であるかを考えるために、歴史の一頁である現代を誠実に生きるために。

柴田南雄/作曲  石多エドワード/台本
オペラ「忘れられた少年−天正遣欧少年使節」
http://www.tokyo-opera.gr.jp/syounen.html

「日本とヨ−ロッパの国際交流を最初に成し遂げたのは誰でしょう?」と聞かれて、「天正遣欧少年使節」と答えられる日本人は、まだまだ少ないのではないでしょうか?日本とヨ−ロッパとの初めての国際交流、という大変な偉業を成し遂げた天正遣欧少年使節。それにも拘らず、キリスト教の話だからと少し敬遠されていた向きもあるようでした。しかし、若者が夢を見失い、暗いニュ−スばかりがマスコミで取り沙汰される今、大きな夢を抱いて旅だった天正少年使節がクロ−ズアップされるべきではないでしょうか?
禁教令の為、突如逆境に追い込まれた彼らが、それぞれその逆境をそれぞれのやり方でどう乗り越えようとしたかを歌いあげるオペラです。現代の私たちが置かれている実情と重なり合い、私たち現代に生きるものを勇気づけずにおかないでしょう。1996年に他界された、日本を代表する作曲家=柴田南雄の最後の大作オペラで、台本は東京オペラ協会芸術監督の石多エドワードが担当、日本から世界へのメッセージをこめて完成させたものです。

■登場人物   天正遣欧少年使節[伊東マンショ 千々石ミゲル 原マルチノ 中浦ジュリアン] ザビエル 大村純忠 巡察師ヴァリニャーノ フェリーぺ2世 ローマ法王 ときゆく者 マリア 忍室 仏僧 おんな
■あらすじ  荒涼とした小高い丘に墓標が散らばっている。そこに時空を超えて宇宙を旅する『ときゆく者』が登場し、墓標達を蘇らせ物語が始まる。
ザビエルの教えを引き継いだ少年達が回りの人々の反対を押し切って、日本からの初めての使節として長崎の港を船出しヨ−ロッパに渡り大歓迎を受ける。しかし8年半の青春の全てをかけた大旅行ののち、長崎に帰国すると豊臣秀吉によりキリシタン禁教令が敷かれており、4人は突如逆境に立たされる。
伊東マンショは過労によりまだ若くして長崎で病死。
原マルチノはマカオに追放され一人寂しく客死。     
千々石ミゲルは悩み抜いて棄教。     
中浦ジュリアンは長崎の西坂で壮絶な殉教。  
その少年達がどう自分の人生を切り開いていったか、また挫折せざるを得なかったかを史実にそって描かれる。  
最後に再び『ときゆく者』が現れ、それぞれの人生を自分なりに見事に生き切った若者たちに、私たち現代人をだぶらせながら、人間を優しく賛歌して、また宇宙の彼方に去ってゆく。フィナ−レでは、再び眠りについた墓標郡が、永遠回帰を表わすようにまた起き上がり、オペラのテ−マソングである『陽は昇り、陽は沈む』を大合唱して幕となる。
■音楽  古今東西の音楽を巧みに融合させながら、柴田南雄の色彩がいっぱいに広がっている非常に分かりやすい曲です。その上、長崎県の口之津町の手まり唄や三和町の蚊焼きの子守歌がこのオペラの非常に重要な曲して取り入れられております。また、ポルトガル映画「アジアの瞳」(ジョアン・マリオ・グリロ監督 ジェラルディン・チャップリン主演)に、石多エドワード及び東京オペラ協会の歌手が このオペラで出演しました。

天正遣欧使節:聖書の和訳、400年ぶり発見 ポーランドで   (毎日新聞 2003-06-21)

 戦国時代、ローマ教皇に謁見(えっけん)するため渡欧した「天正遣欧使節」 が聖書の一節を訳した文書が、ポーランドの古都クラクフ市のヤギエロ大学図書館で約400年ぶりに見つかった。ローマを訪れていたポーランド人司教が記念品として持ち帰ったものらしい。聖書の和訳としては最古級の一つで、当時のヨーロッパの日本への関心の高さを示す新史料としても注目されそうだ。
 リュドミーラ・エルマコーワ・神戸市外国語大教授(日本古代文学)の研究で分かった。00年、この和訳文書の所在を記したポーランド語の古文書を、キリシタンの歴史を伝える天草コレジオ館(熊本県河浦町)で発見。同図書館に調査を依頼し、未整理のまま保管されていたことが確認された。
 文書は、旧約聖書・詩編中のダビデ王の聖歌2節がラテン語で書かれた下に、「諸人提宇主越 可奉誉諸人(もろびとよ ゼウスを 誉(ほ)め奉(たてまつ)るべし もろびとよ)」「天之御主 計給奈里(天の御主は 計り給(たま)うなり)」と、それぞれの冒頭部分を和訳し、筆書きしている。
 銀板のガラスフレーム(長さ19.5センチ、幅11.5センチ)に挟まれ、銀板の裏には「1585年に教皇へ派遣された日本人の大使の手によって書かれた板」などと由来が刻まれていた。ポーランド人のマチェヨフスキー司教が使節団のだれかに書いてもらい、後に同図書館に寄贈したらしい。
 キリシタン研究の高瀬弘一郎・慶応大名誉教授は「少年使節を迎えたヨーロッパの国々では、おびただしい数の書物や冊子が出されるなど大きな関心が寄せられた。その一端を物語る興味深い史料だ。現存する聖書の和訳としても、ポルトガルで発見された1580年ごろのものに次ぐ古い例だろう」と話している。
【皆木成実】

Back to 蘊蓄

Back to Home Page