IBA 国際クマ協会
The International Association for Bear Research and Management

第17回 国際クマ会議が2006年10月2日〜初めて日本(長野県軽井沢)で行われることとなりました。

ところが今、会議開催のための資金が不足しています。

そこでChou storeは正式に主催のIBA(国際クマ協会)様から

許可を得て、来年国際クマ会議に向け広報・資金集めをすることになりました。

何卒、宜しくお願します。

国際クマ会議とは ? クマ類の生物学、生態学、保護管理学、普及啓発などのすべての話題を取り扱う国際会議で、
数年ごとに約2回の頻度で、原則としてアメリカとユーラシア間で交互に開催されるものです。
第1回会議は、カナダ・ユーコンで1968年に開催され、これまでに15回の開催を数えます。
アジアでの開催は、今回2006年の日本が初めてとなります。
なぜ神戸のC. S.が? こちら神戸市灘区でも野生のイノシシが六甲山から商店街まで下りて来ます。
今、区民と行政との取り組みが始まりまりました。
他人事とは思えず、非常に関心&参考にしたく、成功を願っています。
広報・資金集めの方法は? TY社製のリサイクルヌイグルミBeanie Babies Bear Bandage をIBA仕様にし
クマ会議説明ミニブックレットを付け販売します。もちろん寄付金含みます。 
ヌイグルミ販売は? 第3弾販売をいたします。変更部分がありますが、何卒ご了承くださいませ。
詳細ページはこちらです        これからもどうぞ、宜しくお願します。m(_ _)m   

 

国際クマ会議に関するオフィシャルサイト

第17回 国際クマ会議『開催趣意書』
17th International Conference on Bear Research and Management
日本語  http://www.japanbear.org/iba/purpose_j.html
ENGLISH  http://www.japanbear.org/iba/index.html

IBA  http://www.bearbiology.com/

JBN   http://www.japanbear.org/

NGO WWF JAPAN   http://www.wwf.or.jp/lib/press/p2005/p05100401.htm

NPO PICCHIO  http://npo.picchio.jp/management/06.html

 

モドル