<2001年9月22日(土)放送分>


明日香の新名物・亀石焼菓子

亀石焼菓子は、奈良県立万葉文化館で売っているお菓子です。明日香村にある有名な遺跡“亀石”に似せて作ってあります。亀石の形にカステラを焼いたもので、上は焦がして、下は亀の腹のようにあまり焼かずに黄色くして、雰囲気を出しています。フカフカした卵がベースのお菓子です。

亀石焼菓子を開発・販売した小西健允(たけみず)さんの本業は、運送業と倉庫業。ひょんなことから、新名物の開発に取り組むことになったとのこと。
1年半ほどかけて開発し、今年6月に完成。亀石の近くで販売を始め、9月15日からは万葉文化館でも買えるようになりました。

 

1個50円。5個入り250 円、12個入り700 円、20個入り1100円。たくさん入ると割高になるのはケース代があるためです。それだけ、1個あたりが安いとうことですが、素人が作っているので、採算はあんまり取れておらず、原価が通常のお菓子より高いそうで、味は期待大。売場で試食して買からえます。

 

 


亀石焼菓子が買える奈良県立万葉文化館
行き方:近鉄橿原神宮前駅東口から岡寺行バスで
      万葉文化館西口バス停へ
開館時間:午前10時から午後5時まで
休館日:毎週月曜日(祝日と重なる場合は火曜日)
    *亀石焼菓子の買えるところは無料で入れます!
電話番号:0744-54-1850

プレゼントのお知らせ!