<2001年8月4日(土)放送分>


橿原市昆虫館情報


橿原市昆虫館では、特別展“田んぼの虫たち、生き物たち”が開催されています。田んぼの中にたくさんいる虫たちや無数の生き物たちの関連を、稲を中心に見ていき、水田機能の素晴らしさを展示するものです。知っているようで知らない田んぼの生き物、その生態や、田んぼの素晴らしい仕組みについて紹介しています。

 
展示は、パネルや写真、標本や顕微鏡、模型のほか、タガメ、ゲンゴロウ、ザリガニなどの生態展示もある。
        
  

 

<企画コーナーでは催しを続々開催(全て午後1時〜4時。当日参加)>
   8月12日(日)
“ザリガニ釣り、マツモムシ釣り”
  
    9月30日(日)
   “彼岸花で花輪や首飾りを作ろう!”

   10月21日(日)
   “ウンカのことばを聞いてみよう!”
 田んぼにいるウンカやヨコバイというセミの仲間の虫は、
人間には聞こえないような小さな鳴き声。
しかし、セミと同じで振動で音を出してコミュニケーションを取っている。
世界で初めてそれを録音して、増幅した音をテープで聞ける。
  
   10月28日(日)
   “イナゴを食べよう!”
   
   11月4日(日)
“稲わらのゆくえ?しめ縄、わらじなどを作ろう!”

   
   

<関連行事>
ゼミナール“タウナギって何?”
8月26日(日)午後1時〜
講師:タウナギ研究家の松本清二(せいじ)さん
 事前に申し込みが必要。8月21日(火)の午前10時から電話で受付。
 

特別展“田んぼの虫たち、生き物たち”
開催期間:2001年7月31日(火)〜11月18日(日)


今回も橿原市昆虫館の日比伸子さんに伺いました

 
 
橿原市昆虫館
開館時間:9月までは午前9時30分〜午後5時 
休館日:毎週月曜日 
入館料:大人400 円、高校生大学生300 円、 
      4才以上中学生以下100 円 
場所:近鉄大阪線の耳成大福駅から2.7 キロ 
    近鉄南大阪線橿原神宮前駅から3.6 キロ 
交通アクセス:近鉄大和八木駅から昆虫館行きのバス乗車 
         8月の運行日は毎週日曜日、14日〜16日
電話番号:0744-24-7246