<2002年2月9日(土)放送分>


橿原市長インタビュー

大宝律令制定1300年記念事業

日本で初めての法典である大宝律令は、701 年に制定されました。去年、2001年はそれからちょうど1300年、また、遣唐使が再開されたのが702 年なので、今年がそれから1300年です。そこで、橿原市は、今年度=平成13年度に、大宝律令制定1300年記念事業を行っていて、いよいよクライマックスを迎えようとしています。そこで、その内容などについて、橿原市の安曽田豊(あそだ・ゆたか)市長にお話を伺ってきました。
池田「平成13年度に行われた、大宝律令制定1300年記念事業を教えてください」
   
市長「平成13年は市になって45年の年でもありました。しかし、市民顕彰がなかった
   ために、それを制定しました。それと、奈良文化財研究所の監修で、大宝律令を
   分かりやすく解説した冊子“藤原京と大宝律令”を作りました。また、いろはかるた
   を作って、市内の史跡や、今に伝えられる伝説などを描写して、橿原市が歴史の
   宝庫であることを表現しました。とくに、かるたゲームソフトを作ったところ、ファミ
   コン世代の子どもたちにも親しんでいただき、全国の希望者に販売しています。
   去年の10月7日には、大宝律令制定1300年記念〜ムーンライトin藤原京2001を
   開催しました。大和三山ライトアップをした上、市民が作ったグラスキャンドルを
   使ったり、フリーマーケットを開催したりして、市民参加型の記念事業として大々
   的に行いました。
   5.12月には、東京で、大学の先生による“古代日本国家の幕開け〜律令政治と
   その時代〜”と題する講演を行い、およそ2000人の考古学ファンに楽しんでも
   らいました」

   
 

池田「平成14年度の記念事業の予定は?」
   
市長「今年は遣唐使再会1300年のため、平成の遣唐使ということで、行きは船、帰り
    は飛行機による中国訪問を行う予定です」
   
 
池田「最後に、ラジオをお聴きの皆さんに、橿原市の魅力をPRしてください」
   
市長「藤原宮跡をはじめとして、万葉集の和歌にも歌われた大和三山、江戸時代の
   街並を今に残す今井町など、数々の歴史、文化、遺跡をできるだけ多くの方に
   見ていただきたいと思います。ぜひお越しください!」
   
   
 *ゲームソフトは、1枚1000円で買うことができます。ウインドウズとマッキントッシュ、
  どちらでも使えます。奈良文化財研究所の監修で作られました冊子“藤原京と
  大宝律令”冊子も、1冊500 円で買うことができます。
  橿原市役所で買うか、郵便小為替を送ってお求めください。送料は無料です。
  詳しくは、橿原市の企画調整課にお問い合わせください。
  電話番号は、代表で、0744-22-4001です。
 

プレゼントのお知らせ