<2002年2月16日(土)放送分>


 橿原市千塚資料館
橿原市には、新沢千塚(にいざわせんづか)古墳群という、600 基もの古墳からなる、日本を代表する古墳群があります。橿原市の南部、高取町との境界に位置する貝吹山(かいふきやま)の、北西にのびる低い丘陵地にありますが、北の一帯と南の一帯の2つに分かれていて、造られたのは4世紀の終わり頃から7世紀頃までと考えられています。
600 の内のいくつかは発掘調査されていて、遠くペルシャから来たガラス器など、いろんな副葬品が出てきています。
そんな新沢千塚古墳群にあるのが、橿原市千塚資料館です。橿原市が調査した考古資料などを展示したり、発掘調査をしたりしている施設ですが、展示されているのは、新沢千塚古墳群のものだけではなく、もっと前の時代である旧石器時代のものから並んでいます。旧石器時代、縄文時代、弥生時代、古墳時代という年代順に、橿原市内の遺跡から出土した、土器や木製品、装身具などの遺物を展示しています。常設の展示点数は、およそ500 点です。
新沢千塚古墳群の散策、そして、千塚資料館の見学というコースを、ぜひお楽しみください。

 
 
橿原市千塚資料館
開館時間:午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日:毎週月曜日(祝日の場合は翌日が休館)
入館料:大人100 円、高校生大学生70円、小中学生50円
アクセス:近鉄橿原神宮前駅から、
      奈良交通バス御所行きに乗って川西バス停下車すぐ
電話番号:0744-27-9681