20039月13日(土)オンエア
高取町特集その1
「土佐街道に新名所誕生!」


 


児童公園の塀(右は上島浩さん)


上子島沢砂防公園


砂防とは川が流す土砂を止める堰(奥がそれ)


近くに出来た新名所・水車小屋(右は上田勲さん)


今週は高取町特集です。高取町は薬の街ですが、
自然いっぱいののどかな風景やおいしい空気も、
訪れた人の心と体に薬となって、健やかにしてくれます、
というのをセールスポイントにしています。
そんな高取町に、またひとつ、昔ながらの風景が蘇りました。
また、新しい特産品も生まれようとしています。
今日は高取町の穴場も含めて、たっぷりと観光情報をご紹介します。
   
5月の放送で、レンタサイクルを使って高取町、明日香村、橿原市と
回った時にも少しご紹介しました、旧街筋・土佐街道をまずはご紹介します。
近鉄の壺阪山駅・駅前の国道を渡って、突き当たった道が
土佐街道ですが、突き当たりを右へ、方角でいうと南東方向へ
10分ぐらい歩きますと、高取町の観光案内所でもある夢創館があります。
今回は、そこからさらに土佐街道を行ったんですが、
新しい名所が2つ誕生していました。
ご案内いただきましたのは、上子島自治会会長の上島浩さんです。
   
木村:土佐街道を、夢創館からさらに200 mほど来ました。
    公園があって、そこに、昔風の塀があります。
    上島さん、この公園は何という公園ですか?
上島:高取町児童公園といいます。
木村:ぐるりに昔風の変わった塀があるんですが?
上島:町並みを生かすために、城下町に似合う塀を高取町が造られたものです。
木村:すごく印象的なすてきな塀ですね。

児童公園から5分ぐらい歩くと、有名な観光ポイントである
武家屋敷がありました。高取藩の家老の屋敷で、
そこの長屋門というなまこ壁の門は、奈良県の重要文化財にもなっています。
その武家屋敷から、さらに15分ぐらい、駅からだと30分ぐらい
歩いたところに公園がありました。
上子島沢砂防公園(かみこしま・さわ・さぼうこうえん)です。
そこでまたすてきなものを見つけました。
お話を、上島浩さんと、自治会水車部の上田勲さんに伺いました。

木村:砂防公園の近くの水車小屋に来ているんですけど、
    この水車は昔からあるものなんですか?
上島:そうです。大正の時代から今日まで、何度か作り直されたけど、
    現在まで残っています。あれが、その時のやつです。
木村:今見ると随分新しくなっているようなんですが?
上島:水車が35年ほど前から使われなくなって、放置されていた。
    で、朽ちてしもて、醜くなるし、観光のために再建しようと
    去年の12月からグループが寄って、やっと再建に入り、
    今、八分通りの完成というところになっています。
木村:水車部の責任者である上田さんも来てくださっています。
    上田さん、この水車は、直径2.5メートルぐらいあるということ
    なんですけど、今、まだ回っていませんよね、これは回らないんですか?
上田:いえ、これは回ります。遅くても今月末までには
    回るようにやろうと思っています。
木村:中もなんか、穀物が・・・
上田:米、麦、あわ、きび、そば。それぐらいの穀物をつけるように、
    現在、研究しております。
木村:水車が回る力でつくわけですね。
上田:そうです。できれば、杵つき米として小袋に入れまして、
    町の夢創館で販売してもらおうという思いもありますので、
    何とか実現に向けてがんばっていきたいと思っています。
木村:では、新たな高取町の特産品となるわけですね。
上田:そうです。

上島さんは竹炭も作っていまして、水車と並んで高取町の特産
として広げていこうと思っているそうです。
この土佐街道には、元々、古い町並みが残っている人気のある道。
昔の町家やお屋敷が並んでいて、そこが、お医者さんや漢方薬局なんか
のお店になっていたりする土佐街道ですが、大正時代に移築された
町家を使っている高取町の観光案内所の夢創館、
それから200 mぐらい行ったところに出来た昔風の塀、武家屋敷、
さらに、上子島地区にできて、もうすぐ完成する水車小屋と、
益々みどころが増えてきています。

なお、上島さんたちが作っている竹炭は、夢創館でも売っています。
夢創館は、高取町の観光案内所でもありますけど、高取町の地元の
皆さんが作った物を売ってたりもします。
また、ギャラリー機能もありますので、展示会をしたり、
さらには、コンサートなんかも開催しています。

「仲秋の街灯り&コンサート」
開催日時:9月 13日(土)午後7時30分〜
会場:夢創館・駐車場
鑑賞料:お茶とお菓子付きで500 円
内容:夢創館周辺および土佐街道にキャンドルがずらっと灯され、
    
雰囲気満点の中、ムード溢れる音楽が楽しめます。
    演奏は、中国・南京出身の蔡愛琴(さい・あいきん)さん
    による中国古箏(こそう)と、出口煌玲(でぐち・こうれい)
    さんによる龍笛(りゅうてき)の演奏。
夢創館・電話番号:0744−52−1150