20038月16日(土)オンエア
明日香村
ペンション飛鳥&レストラン馬酔木


 


田原さんにインタビュー


ペンション飛鳥玄関


可愛い部屋


レストラン馬酔木もよろしく

今回は、明日香村でただ一軒のペンションである「ペンション飛鳥」と、
その1階にある「レストラン馬酔木(あしび)」にお邪魔して、
オーナーの田原一雄さんにお話をお伺いしました。

木村:近鉄・飛鳥駅のすぐ近くにあるペンション飛鳥にお邪魔しています。
    こちらはいつオープンしたんでしょうか?
田原:開業してから20念たちます。
木村:白壁で明るい感じがしますね。かわいいペンションなんですけど、
    外観が独特ですね。個性的な感じがするんですが。
田原:この辺は風致地区です。このあたりは、独特の大和棟という
    方式をとっていたんですが、(それ風に)屋根の上に屋根を乗せた、
    昔でいう「煙抜き」をアレンジしたものにしています。
    近代的な建物でも、景観に気づかって建てています。
木村:始められたきっかけは?
田原:ここには高松塚古墳とか有名な所がたくさんあるんでてすけど、
    ホテル・旅館がなくて、その当時、ペンションブームの始まりかけ
     でしたので、ちょっと洋風の宿をやらせていただくことになりました。
木村:こちらお部屋のタイプは、どういったものがあるんでしょうか?
田原:ツインから、3人、4人、5人というように、家族の構成に応じて
    部屋をご用意しております。全室、バス・トイレ付になっております。
木村:和室なんかはあるんでしょうか?
田原:和室は一つ。4〜5人用という和室を設けております。
    全部で12室あるんですけども。
木村:気になる宿泊料金を教えていただけますか?
田原:1泊2色付で、洋風料理のコースがついて、お1人様9800円です。
    サービス料はいただきません。
木村:お得ですね。そのお食事がいただけます1階の馬酔木ですが、
    こちらは宿泊の方以外でもご利用いだけるんですか?
田原:お昼の11時から5時まで、一般の方のランチタイムとしてやって
    おりますので、飛鳥巡りのお食事にご利用ください。

*馬酔木のメニュー(一部)
・サービスランチ
 700 円、午前11時〜午後2時すぎ
 ポークのしょうが焼きor鶏肉の照り焼き
 スープ&ライス付
・手作りピザ(大人気)
 25センチ、1000円〜、ドリング&サラダ付
・ステーキランチ
 エビフライ
 パスタ
・お酒は、ワイン、生ビール、日本酒など

「ペンション飛鳥」
*全てエキストラベッドでなくレギューラーベッド使用の部屋で、
 1人1泊2食で9800円+消費税です。サービス料はかかりません。
 夕食は洋風コース料理です。

「レストラン馬酔木」
営業時間:午前11時〜午後5時(5時以降は宿泊客のみ)
    *ランチは午前11時〜午後2時すぎ
定休日:毎週月曜日
場所:近鉄吉野線・飛鳥駅前
電話番号:0744−54−3017