2003年7月19日(土)オンエア
橿原市
夏休みに人気の橿原市の施設

1.かしはら万葉ホールにある「橿原市立こども科学館」
ここは、子供も大人も、いろんなことが体験できる参加型の施設で、「ニュートンのひろば」を中心に、力、電気と磁石、光と音、くらしの環境、宇宙への旅立ちという5つのゾーンと、パソコンランド、ハイビジョンルームからなっています。それぞれのゾーンには、工夫された興味深い仕掛けや展示があります。
とくに、今人気なのは、スペースシップ・シミュレーターです。これは宇宙船操縦を体験できるシミュレーターで、正面の大きな画像を見ながら、ドッキングや地球への帰還などのミッションをこなしていきます。ミスをすると、爆発してしまうこともあります。この他、ペットボトルで作った空気ロケットの打ち上げ体験ができるコーナーも人気です。
   
橿原市立こども科学館
開館時間:午前9時〜午後5時
休館日:毎週月曜日(祝日と重なった場合は翌日)
入館料:大人400 円、高校生大学生300 円、
     中学生以下幼稚園児までが100 円
行き方:近鉄橿原線の畝傍御陵前駅 または
     JR桜井線の畝傍駅から歩いて15分
      (かしはら万葉ホール内)
電話番号:0744−29−1300



2.橿原運動公園にある「橿原市総合プール」
今年は先週の土曜日にオープンしていますが、大きく、 きれな、楽しいプールです。いろんなタイプのプールが全部で8つ、そして、アトラクションが1つあります。
プールは、まず競技用が2つあり、公式競技に使えて観戦スタンドのある、奈良県内では数少ない50mの公認プールと25mプール。
レジャープールは、流水プール、ジャンボスライダー、スライダー着水プールなど6つがあります。水深の浅いのもあって、小さな子どもさんやファミリーでも楽しむことができます」
人気のジャンボスライダーは、全部で4コースあって、一番高い位置のもので落差がおよそ20m、長さが177 mもあります。スパイラル方式のウォータースライダーです。
一方、アトラクションはアップヒルコースターです。これは、テーマパークにある急流すべりのようなスライダーで、2人乗りのゴムボートで登ったり下りたりする、日本で初めてのアトラクションです。ジェット噴射の水流に押されて、ゴムボートが登っていきます。

橿原市営総合プール
利用料金:中学生以上1100円、小学生以下600 円
開場期間:8月31日まで
開場時間:午前9時30分〜午後4時30分
お休み:7月31日(木)の午前中だけ
行き方:近鉄南大阪線の坊城駅から北へ歩いておよそ10分
電話番号:0744−22−6665