20037月5日(土)オンエア
橿原市昆虫館情報
「夏の虫観察会」


 


昆虫館の木村史明さんと昆虫採集


こんなに長い捕虫網


細かい虫を捕獲する器具(管から息を吸う)


こんな風に細かな虫が入ってくる

橿原市昆虫館では、今月、「夏の虫観察会」が行われます。
これは、みんなで橿原市昆虫館を飛び出して、自然豊かな
周辺の森を回り、じっくりと夏の虫たちを観察するというものです。
昆虫の勉強にもなるし、いい運動にもなるし、
とても楽しいイベントです。どんな虫たちに会えるのか、
今回は、観察会に先立ちまして、一足早く昆虫館周辺に出掛け、
昆虫採集をしてきました。
一緒に行っていろいろ教えてくださいましたのは、
橿原市昆虫館の木村史明さんです。


木村三恵
:今日は昆虫館を出て、昆虫採集にやってきました。
      道具がいろいろありますが、この大きな網はなんでしょうか?

木村史明
:これは補虫用の網なんですけど、とくにこれは長さの
      長い9メートルまでのばすことができるものです。

三恵
:9メートルもあるんですか。網の口の部分も、
    子供たちが使っているやつの倍以上はありますね。

史明
:60センチぐらいの口径の網なんですけど、
    じゃあちょっと木の枝さきをすくってみたいと思います。

三恵
:わーっ、まだまだ伸びるんですか。すごい、電柱よりも高く、
    木の上の方までいっていますね。
    さて、枝のところにかぶせるような感じで、ガサガサと揺らして。

史明
:そうですね。枝の下側に網で受けるような形で揺らして、
    網の中に落としこむというような形でします。

三恵
:じゃあ、高い木の上の方の葉についている虫が、落ちるわけですね。

史明
:そうですね。網の中に落ち込むような、そんな捕り方ですね。

三恵
:もう捕れたんですか?

史明
:さあ、どうでしょう。

三恵
:じゃあ、一度下ろしていただいて…ああ、何かついてますね。
    これ、何ですか?
史明:ゾウムシの仲間ですね。

三恵
:えっ、いっぱい入ってますね。

史明
:ここにテントウウムシの仲間もいます。

三恵
:かわいい!すっごいちっちゃいテントウムシが入ってますね。
    これ、私もやらせていだいていいですか?
    ちょっと大きいので、重たくてもてなくてもしれない。
    おお、重たい!狙っているところに行かないですね。



橿原市昆虫館「夏の虫観察会」

開催日時:7月27日(日)午前10時30分〜午後3時頃
内容:橿原市昆虫館を出発して、万葉の森まで3キロほど歩いて、
    雑木林で昆虫を観察します。学芸員が一緒に歩いて、
    ポイントごとに説明してくれます。ただし、昆虫採集はなしです。
参加資格:小学生以上の親子または家族
申込み:往復ハガキで。定員は50人で、応募が多い場合は抽選。
参加費:無料(ただし橿原市昆虫館への入館料が必要)
申込み方法詳細:往復ハガキに「夏の虫観察会」と書いた上、
    参加者全員の氏名と年齢または学年、住所と電話番号を
    書いてください。宛て先は、郵便番号634の0024、
    橿原市南山町624 、橿原市昆虫館です。
    *締切:7月16(水)必着


橿原市昆虫館
入館料:大人400 円、高校生大学生300 円、
     4才以上中学生以下が100 円
     ただし、毎週土曜日のみ、橿原市内に住む4才以上
     中学生以下の人は無料。
     小学生は名札を、中学生は生徒手帳を受付で見せてください。
開館時間:午前9時30分〜午後4時30分
     (ただし入館は午後4時まで)
休館日:毎週月曜日
場所:近鉄大阪線・耳成駅または大福駅から3キロほど、
    近鉄南大阪線橿原神宮前駅から4キロほど
電話番号:0744−24−7246