20041月10日(土)オンエア
明日香村・国営飛鳥歴史公園
里山クラフト教室「日本の伝統・和凧作りに挑戦」


 

国営飛鳥歴史公園の里山クラフト教室「日本の伝統・和凧作りに挑戦」
昔の子供なら誰でも当たり前のように作っていた和凧も、今では「伝統」という形で表現されるようになっています。このイベントは、竹と和紙を使って、本格的な和凧づくりにチャレンジするというもので、「日本の凧の会」の岡竹三雄(おかたけ・みつお)さんが指導してくれます。ただし、和凧づくりの基本だけを教えてくれて、あとは参加者が好きな和凧をつくるというものです。扇子、福助、セミなど、好きなものが作れます。
特徴は、尻尾をつけないといけない点てず。これは洋凧にはないので、今時の子供さんは知らないかもしれませ。ぜひ参加して、伝統的な日本の凧の作り方を、後の世に引き継いでください。作った後は、飛鳥歴史公園の甘樫丘地区にある芝生公園で、凧揚げをします。

里山クラフト教室「日本の伝統・和凧作りに挑戦」
開催日時:1月24日(土)午前10時30分〜午後3時
参加費:材料費として1人300 円
*誰でも参加可能(親子で参加もお薦め)
会場:国営飛鳥歴史公園・甘樫丘地区にある飛鳥歴史公園館
行き方:近鉄吉野線の飛鳥駅から徒歩15分
申込み方法:飛鳥管理センターへ電話で申し込み*定員50人、先着受付
電話番号:0744−54−2441