20027月6日(土)オンエア
橿原市昆虫館情報
「夏の虫観察会」


 


カブトムシ、かわいい!


飼育にはとまり木が必須


飼育容器には土を敷いて


昆虫は今も昔も子どもたちの人気者です。
そこで、橿原市昆虫館では、今月、「夏の虫観察会」が行われます。
先日、昆虫館で、一足お先に虫の観察をしてきました。

Q:7月28日に行われる「夏の虫観察会」の内容を教えてください。
・昆虫館から2〜3キロ歩いてもらい、雑木林に行って、
 樹液に集まる昆虫の観察などをしてもらう予定です。
Q:カブトムシやクワガタムシの成虫の飼育の方法を教えてください
・飼育容器は、プラスチックの水槽や衣装用のケースでOK。
 密閉されない限りは、網でなくていい。
 網だと、エアコンで乾燥したりするので、
 新聞紙を1枚挟むなどしてください。
・ケースに、腐葉土や昆虫マットを敷き、
 とまり木になる木と餌が必要。土は、深さ5センチぐらい。
 クヌギの木などを置いて、虫が安心して暮らせる環境を。
 メスの場合は、この木に散乱することもあります。
・餌ですが、昆虫ゼリーがない場合、バナナの実を刻み、
 それとビール酵母をペットボトルにいれて、
 シェイクして温かい所に置いておくと、
 発酵して昆虫にとっておいしい餌になります。
・昆虫は乾燥がよくないので、朝晩、
 土に霧吹きをすると長生きしてくれます。

橿原市昆虫館「夏の虫観察会」
7月28日(日)午前10時30分〜午後3時頃
橿原市昆虫館を出発して、万葉の森まで3キロほど歩いて 、
雑木林で昆虫を観察。
雨の場合は中止です。
参加できるのは、小学生以上の親子または家族です。
定員は50人で、応募が多い場合は抽選になります。
参加費は無料ですが、橿原市昆虫館への入館料が必要です。
申し込みは、往復ハガキで。
ハガキには、「夏の虫観察会」と書いた上で、
参加者全員の氏名と年齢または学年、
連絡先の住所と電話番号を書いてください。
宛て先は、郵便番号634の0024、橿原市南山町624 、橿原市昆虫館。
締切りは、7月17(水)必着です。

橿原市昆虫館
入館料:大人400 円、高校生大学生300 円、4才以上中学生以下が100 円
*7月6日(土)より、毎週土曜日は、4才以上中学生以下が無料で入館できます。
小学生は学校の名札を、中学生は生徒手帳を受付に出してください。
開館時間:午前9時30分〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日:毎週月曜日
場所:近鉄大阪線の耳成大福駅から3キロほど、
   近鉄南大阪線橿原神宮前駅から4キロほど
行き方:バスを利用する場合は、近鉄大和八木駅から、
     昆虫館行きのバスに乗車。7月の運行日は毎週土曜日と日曜日
電話番号:0744−24−7246