200210月5日(土)オンエア
橿原市昆虫館情報
ナチュラル・クラフト


 
 


造形作家・谷村隆文さんの作品「エダナナフシ」(写真も谷村さん提供)


今回の橿原市昆虫館情報は、自然の素材を使って昆虫を作りましょう、
という話題です。橿原市昆虫館では、来月、ナチュラル・クラフトと
いう催しが行われますが、どんな内容なのかを、
橿原市昆虫館の日比伸子さんにお伺いしました。

池田:(昼間に虫の鳴き声を聞きながら)秋の虫というと、
   夜に鳴くものだと思っていましたが、
   お昼間でも結構よく鳴いてますね?
日比:そうですね、先月は夜聞きましたが、この季節になると、
   夜の虫が昼にも鳴きます。秋が深まって、
   気温が下がってきたためです。
池田:この虫たちを作るんですか?
日比:ええ、どうしても秋になると虫もぼろぼろになり、
   捕まえたら足が取れたりします。虫は見て楽しいので、
   形を生かして自分でオリジナルの虫を作ったらどうか
   なあとイベントを企画しました。
池田:それが、例えば、木や葉っぱなどのその場にある
   ものを使うんですね?
日比:そうですね。自然の素材を使ってということです。
   11月10日に、造形作家の谷村隆文先生をお招きして、
   クラフトを子供たちに楽しんでもらおうと思っています。


ナチュラル・クラフト
開催日時:11月10日(日)午後1時30分〜3時30分
参加資格:小学生以上
申込み:往復葉書での申し込み、申し込みが定員の30人を超えたら抽選
締切り:10月31日必着
参加費:材料費として1人300 円、別に入館料が必要
入館料:大人400 円、高校生大学生300 円、4才以上中学生以下が100 円
    毎週土曜日は、橿原市に住む4才以上中学生以下に限り無料。
    小学生は学校の名札を、中学生は生徒手帳を受付に出してください。
開館時間:午前9時30分〜午後4時30分(入館は午後4時まで)
休館日:毎週月曜日(月曜が祝日の場合は火曜日)
アクセス:近鉄大阪線の耳成大福駅から3キロほど、
     近鉄南大阪線橿原神宮前駅から4キロほど。
     バスを利用する場合は、近鉄大和八木駅から、
     昆虫館行きのバスに乗ってください。
     10月の運行日は、毎週土曜日と日曜日、そして、14日です。
電話番号:0744−24−7246


今回作る「ナナフシ」の話
・体がメスで10センチ程度(足を上下に延ばすと15センチ程度)の虫で、
 木の枝のような細くて茶色や緑色の体をしている。足が細くて長い。
 オスは細くて小さい
・木について暮らしていて、木の葉っぱを食べて生きている
・擬態をする昆虫で、つかむと棒状になって死んだふりをする
・自切(じせつ)をするのも特徴で、足をつかまれると、自分から足を落とす
 足はまた生えるが、子供の頃に落ちたものは成虫の段階で他の足と
 同じぐらいに成長するが、成虫になってから落とすと、
 成長が間に合わずに短い足になる。ナナフシは不完全変態で、
 さなぎがなく、脱皮を5〜7回して成虫になる