スリランカ初日

翌朝。
早速フロントにヒアリング。

「ミニスター・オブ・フォーリンの件、大丈夫なん?」

「あれはあくまで彼個人の問題だから。
 大丈夫だよ。LTTEの支配地域にさえ行かなければね。」

かなり気持ちがラクになる。

朝食はグランド・オリエンタルのメインレストラン。
4階にあるそれに一歩足を踏み入れた瞬間、
前方の窓いっぱいに広がる朝靄のコロンボ埠頭。
カモメがミャアミャア鳴いてる。朝焼けが眩しい。

旅に来た。

そんな気持ちがカラダいっぱいに染み渡っていった。


日程は短い。

朝食を済ませた後、早速バックパックを担ぎ、
コロンボ駅目指して、歩く、歩く。

昨日スラムのように見えた街は
通勤客に溢れ、活気づいている。

まんまインド。

街並みも、人々も、喧騒も。

なんだか懐かしくなって悠々と街を歩いた。

コロンボからは世界遺産の街、ボロンナルワへ。
切符売り場の兄ちゃんに聞くと、

「20分後に4番ホームから出るよ。」

なんたるラッキー。
そのまま列車に乗り込んだ。

切符代は2等列車で240ルピー(≒240円)。4時間の道のりだそうだ。



さて、出発。



05.10.11


NEXT

旅エッセイの目次へ

HOME