持ち物はどうすんねん?

日本縦断の持ち物って、むっちゃくちゃ多い。
まあ、当たり前ゆわれればそれまでやねんけど。
とりあえず、以下にズラッと挙げていきますわ。


日本縦断バイク旅行携行品 全リスト

重要度は5段階   5(めっちゃ重要) ⇔ 1(あると便利)
No 名称 説明
1 サングラス 特に半ヘル人は必携。サングラスよりも、シェード(ほこりよけ)が便利。夜やトンネルのことを考えて、なるべく色の薄いものを。 5
2 ジッポ タバコ吸うなら、やっぱ、これで雰囲気にひたりたいっすね。 2
3 ジッポオイル でも、オイル忘れたらコンビニで買う羽目になる。ついでにフリントストーンも。 2
4 ノート メモ書き、住所交換、そして日記。 5
5 下着 3日分ありゃ充分。どーせ、旅行中は女の子とはほとんど縁のない生活。万が一のときはコンビニで勝負下着調達!! 5
6 ほんまに、ほんまに北海道をなめたらあかんよ!!(泣) 最低でもスウェットは欲しい。 5
7 タオル 温泉三昧には必携。温泉あがった後は、ハンドルの横にでもくくりつけとけば天然乾燥!! 5
8 シャンプー 石鹸、洗剤がわりにもなる、便利な液体。 4
9 ひげそり ヒゲ伸ばしたい人にはいらないもの 3
10 コンタクト めがねケース、コンタクト溶液、替えのコンタクト、コンタクト容器も忘れずに! 5
11 携帯充電器 忘れると悲惨の極み 5
12 蚊取り線香 何気に、あんまりつかわないかも・・・ 3
13 虫除けスプレー 何気に、あんまりつかわないかも・・・ 2
14 ラジオ 雨の日のテントの憂鬱・・・ 3
15 車検証 フェリー乗船時、もしもの時に 5
16 調味料 塩、コショウ、醤油、ソース、味噌、トウバンジャン・・・ 旅が進むに連れ、どんどん欲しくなる・・・・(笑) 5
17 500mlペットにいれればオッケー!! 5
18 ナイフ まあ、あったほうがいい。野菜なんて、手でちぎればいいのだけれど。 4
19 コッヘル 鍋、兼 皿。 5
20 バーナー ちなみに僕が使ってたのはキャプテンスタッグ。地方のホームセンターでいちきゅっぱ。 5
21 寝袋 安ければ、安いほど巨大化し、日々のパッキングが辛い。 5
22 テント なるべくなら良いものを!! 我がウン千円テントは雨漏り。ちなみに、一人用と二人用なら、絶対二人用を!! 二人用でも充分せまい。(笑) 5
23 水着 アバンチュール用、兼、寝巻き用。 3
24 雨具 なかったら、死ぬがな・・・ 5
25 ごみぶくろ 急な雨の時、荷物を守ります!! 5
26 スーパーの袋 もってて損はしない。 3
27 網もしくは紐 パッキング用。どちらかと言えば、網の方が楽? ジュースとか、土産とか、網目にがんがん差し込んでおけるし。 好みの問題。 5
28 シート まあ、あったほうがいいんでしょうね。キャンプするなら。 3
29 地図 やっぱり、天下のツーリングマップル。 5
30 懐中電灯 マグライト。口にくわえれば両手がききます。 5
31 フェリー券 これがないと、日本一周になります。 5
32 保険証 使うことのないように・・・! 5
33 運転免許証 見せることのないように・・・・! 5
34 ユースホステルガイド どしゃぶり、病み上がりはユースへ直行!! 3
35 キャンプ場ガイド あると、どつぼのキャンプ場にはまらなくて済みます。 3
36 炊くのめんどくさいし、僕はヤキソバ、パスタ派。 2
37 カメラ 旅が進めば進むほど、一眼レフ、欲しくなります。 5
38 持病があるひとは・・ 5
39 歯磨き 磨かないわけにはいかんでしょう。 5
40 ブーツカバー あると、めっちゃ便利!! 旅の途中、大阪の南海部品で買いました。 4
41 洗剤 旅行用のちっちゃい奴を買いましょう。 4
42 銀マット 僕は持っていきませんでした。てゆーか、寝袋が場所取りすぎて、バイクに載らなかった・・・ なくても、若さでなんとかなります。 3
43 ジップロック 今回の一押し!!(は言い過ぎか・・) ようは、チャックが付いたちっちゃいビニール袋。これに、とにかく何でも、小分けして詰める、詰める!!。これでかばんの中もすっきり!。大事なもの(フィルム、手帳、フェリー券・・)が雨に濡れる心配もなし! 5
44 スポンジ+食器用洗剤 意外に必要。キャンプ場においてあるだろうと思っても、実は、ない時の方が多い。まあ、水洗いで良ければ・・ 3
45 バイカーにそんなものいらん!! 土砂降りの日の観光地めぐりは、メットをかぶって行いましょう。 ・・・それが嫌な人に。 1
46 ビーサン 靴が濡れた時。キャンプ場でゆっくりする時。 3

バイクで日本を縦断する方法に戻る

HOME