深夜鈍行的人生格言 その2

重度の鬱ってぇ〜
人間考えすぎてもだめだめぇ、なるようにしかならない部分ってのは
どうしてもあるんだから、マイペンライマイペンライケセラセラ
ま、真剣に悩めるのも若いうちの特権かもだし、今の内に悩みましょう。
だんだん呆けてきて、真剣に悩んでたはずなのに気づくと

「夕飯はトンコツにしよう」

てフレーズが心に浮かんでて笑っちゃうような悲しいような・・・
おれどうなちゃうんだろう・・・なんて又さらに深く悩んだりするけど

「換え玉は無しにしてからし高菜でめしにしよう」

なんて又浮かんだりするからさ
30過ぎたらみんなそうだよぉ!・・・・(大嘘)
こんなおれだって20の頃は人間関係で十二指腸潰瘍になったりしてたんだから
大丈夫大丈夫・・・・大丈夫??
てか、もしかして新型クロイツフェルトヤコブ病!?なんて思ったりして・・・・

..12/21(Fri) 08:51[868]



付記:以上、掲示板におけるぐうたろさんの書きこみなのだ。
    俺がたいした意味もなく鬱状態になって凹んでいる時に
    こんなしゅんばらしい文章を書いてくれました。
    やっぱオトナはちゃいますね。
    俺も人生について何かしら記述したいのであれば
    このくらいのもんを書けるようにならなけりゃぁ。


徒然エッセイの目次へ

HOME