そしてHPは錯綜する。 第9話

2001年11月12日(月) 怠惰管理人 IS BACK。 
・・・・・・・・なんだろう。この照れくささは。
・・・・・・・・なんだろう。この気まずさは。


えー、この文章の右上あたりにですね、
「このHPの歩き方」という、「地球の歩き方」を思いっきりパクッたふざけた名称のコンテンツがありますが、
そこに管理人たる潮見はいけしゃぁしゃぁとこう書いております。




鈍行日記: 更新頻度は一番高いです。2・3日に1度くらい?






2・3日に1度くらい?






2・3日に1度くらい?







いや、2・3日に一度くらい、ハテナ。じゃねーよコラ。
14日間更新しないで何を抜かしとんねんこのコゾーは。
23日に一度くらいの間違いだろコラ。
2と3の間にある・はいらねーだろがボケ。




などと一人で突っ込んでみても、
この気まずさは消えてくれるわけもなく。



この14日間、別に何をしていたわけでもないのです。

旅に出ていたわけでもない。
研究は確かに忙しかったけれども、更新が出来ないほどの忙しさではなかった。
合コンもサーフィンもしていたけれども、毎日毎日そればっかりしていたわけでもなかった。
意味もなくちょっと鬱気味だったけれども、パソコンの電源もつける気にならないほどの鬱でもなかった。


結局、ハマってしまったわけですね。
HP管理人特有の悩みに。


1周年も近い。
1万ヒットも時間の問題だ。
毎日数十人のお客サマが見に来てくれてる。
これからも2,3日に一回の更新を続けていけば順調にお客サマは増えていくだろう。
毎日更新なんてしてみた日にゃぁ、もっともっとお客サマが増えていくのかもしれない。






・・・・・・・・SO WHAT??   ・・・・・・それがなんなん??




1万ヒットを過ぎたら次は2万ヒットを目指すのか?
100ヒット/日を超えたら次は200ヒット/日を目指すのか?
いったいその先には何がある?



、とまぁ、この14日間潮見はですね、こんな感じのHP管理人に至極ありがちな事をちまちまと考えていたわけです。


実際、ちょっとしたプレッシャー?はこんなへちょいHPでもちったぁあるわけです。(えらそうに)


2,3日に一度の更新を続けていれば毎日お客サマがどかんどかんと来てくれる。
それが更新頻度を4,5日に一度に落とした途端、お客サマがずどんずどんと減っていく。

いや、ほな更新ペースを落とすわけにはいかへんやん。
別に文章を書きたくないときでも、ないやる気を出して書かなあかんやん。
別に文章のネタがないときでも、ない知恵を振り絞ってネタをひねりださなあかんやん。

これを続けていくうちに、いつしかHP更新は重荷になっていくわけです。仕事になっていくわけです。 たぶん。



HP更新が「楽しみ」から「仕事」に変わってしまった時、、
そして、
「1周年」や「1万ヒット」といった「目標」すら失われてしまった時、

その時人は、HP管理人という称号を躊躇なく捨て去ってしまうのだろう。 たぶん。




って、なんか、めっちゃ
「深夜鈍行最終回」
みたいな匂いがプンプンしてますが。

性懲りもなく全然やめる気はないのであしからず。



もう一度原点回帰して、(←何回目やねんおい)

本当に書きたいことを、本当に書きたい時に、のんびりと書いていこうと思っちょります。
深夜「鈍行」の名に恥じぬよう。


んで、それを読んだお客サマに
俺の本当に表現したかった事をちっとでも感じとって頂く事が出来るのであれば、
それだけでも「深夜鈍行」を続ける意義は有ると思うわけで。
それだけでも「管理人」を続ける意義は有ると思うわけで。



P.S. 何気に大先輩のおニ人(お一人休止中、お一人もっさり中)にこの文を捧げてみたりして。



追記1:1週間後くらいに、感想掲示板、消えてるかもしれないです。
     理由は・・・・、まぁ感想掲示板の書きこみが少ないのとか(笑)
     基本的に常連サマはまったり掲示板に
     初めての方は感想掲示板に書きこむ傾向があるので、
     どうせなら統一しちゃって、その常連サマと初めての方の垣根をとっぱらっちゃったほうがいいのかなぁとか、
     まぁそんな感じです。宜しいでありましょうか?




徒然エッセイの目次へ

HOME