行きたい。

木曜日。表参道の洒落たアメリカン・バー。
店の壁にはさっきから映画が映し出されてる。

その洗練された雰囲気に、思いっきりそぐわっていない集団が、ひとつ。
大声で騒ぎ、
大酒を食らい、
彼らの時間はただ淡々と過ぎていく。


そして僕は壁に映った映画を見ている。


部長のハナシにあいづちを打ちながら、
彼の顔の向こうっかわにちらりとのぞいてる、その映画を。

取引先のグラスにフォア・ローゼズを注ぎながら、
彼のグラスを透かして見える、その映画を。


映画の題名は、ポイント・ブレーク。

部長の顔の向こうで、取引先のグラスの向こうで、
サーフ・ボードの上のキアヌ・リーブスが叫んでる。

「海はサイコーだ。俺はフリーだ。」 と。



海に、行きたい。

寒くても、遠くても、混んでても、

今の僕は、ただ、海に行きたい。




追記:ちなみに邦題は「ハート・ブルー」です。
    わー。ダサいですね。


徒然エッセイの目次へ

HOME