夜明けの煙草はいつも苦い。

〜微妙な関係な男女の微妙な駆け引き〜

「好き」というセリフや
「愛してる」という言葉を
俺はエサには使わない。

自分のバック・グラウンドや
コマメな携帯メールを
撒き餌にしようとも思わない。


だからお前も、止めなさい。
自分のカラダという名のエサに針を付けるのは。
SEXを「責任」という言葉に言い換えるのは。

夜明けの煙草をことさら苦くさせる、そんな行為を。


お前はお前で楽しんだんだろ?、とか、
たかがSEXで俺を縛ろうと思うな!、とか、

そーゆーことしゃぁしゃぁと言えるほど上手くないから。
そーゆーことしゃぁしゃぁと言えるほど強くないから。



そんなわけで、
夜明けの煙草はいつも苦い。





追記:僕のは苦くないです。


徒然エッセイの目次へ

HOME