Newsgroups: fj.jokes
Subject: Jomon Vuitton
From: Koichiro Shida 
Date: 17 Jan 2001 12:43:28 +0900
Message-ID: 
Lines: 35
X-Newsreader: Gnus v5.3/Emacs 19.34
--text follows this line--
「縄文ポシェット」はヴィトンだった!

  青森県三内丸山遺跡は,日本最大級の縄文遺跡として大型建物や
漆器など,これまでの縄文時代のイメージを覆す品々が出土している.
イグサ科の植物で編まれた高さ13センチ程の袋も発見されていて,
「縄文ポシェット」と呼ばれていた.このたびその「縄文ポシェット」を,
詳細なエックス線分析に掛けたところ,”LV”の二文字を組み合わせた
ロゴがくっきりと浮かび上がり,ブランドものであることが判明した.

  当然,偽ブランド説が浮上したが,ブランドポリスに鑑定を依頼した結果
本物と判明.フランスのルイ・ヴィトン本社に問い合わせたところ,
「当時の記録は残っていないが,もし本当なら1857年創立とされる
当社の歴史を書き換える発見.近日中に本社から技術者を派遣し,
青森県と協力して調査したい」という.

  考古学者で県教育委員会主事の丘珠氏によると,今回の発見の意義は
二つあるという.

  一つは,縄文時代に地球規模の交易圏が形成されていたという証拠になる.
三内丸山からは,すでに新潟県糸魚川産のヒスイ,北海道十勝産の
黒曜石などが出て,船を使った広域的な交易が行なわれたことが
分かっているが,それが日本列島に留まらず遠くヨーロッパ・ガリア地方
にまで広がっていたわけで,世界史的な発見といえる.

  二つめは,縄文時代にも現代と同じような若い女性特有の文化が
あったことを示す.三内丸山では,すでに首長の墓と見られる墳墓が
発見される一方,埋葬されていない人骨も出るなど,社会階層が
形成されていたと見られるが,さらにムラ社会の中にも,年齢層,
性別などによってサブカルチャーが形成されていた可能性がでてきた.
今後,出土した人骨やアクセサリーをさらに細かく調べることで,
「縄文ギャル」の実態が明らかになるかも知れない.

-- 
----------  
                                                    志田晃一郎