CoolPix800 vs. Q-M100V 一年半の進歩

2000 年 1 月 25 日
デジタルカメラのウエブサイトでのサンプル画像は, 多くの場合カメラの CCD の画素数のサイズで置いてある. そのためカメラによって画面サイズが変わってしまうが, 同じドット数に直して比らべることも実用的には意味があるだろう. ここでは,1998 年初夏に出回ったコニカ Q-M100V (109 万画素)と 1999 年秋に発売されたニコン CoolPix800 (210 万画素)を コニカの画素数に合わせて比べてある.

Nikon CoolPix800(1600x1200 で撮影して 1152x872 に縮小 244281bytes).

Konica Q-M100V(1152x872 で撮影 178277bytes).

50% 縮小画像 では良好な結果だった Q-M100V も 100% 画像では無惨にも敗れ去った. この進歩の速さを見れば,記録写真でない記念写真をデジカメに移行するのが 1998 年時点で尚早だったことは明らかである.

もっとも CoolPix800 も満点ではない. ズームの広角側で過大な樽型ひずみは not acceptable である.


UP