生活風景6月(2年目)

ハイデルベルグ















 ドイツは実は初めてです。スイスから薄々感じていたドイツ文化のようなものに触れる時がきました。町はヨーロッパ最古の大学ハイデルベルグ大学を抱え、小さいながらも綺麗な町でした。恐らく日本人観光客は非常に多いのではないかと思います。なにせ朝日新聞の世界100都市にも入っていますから。会場はいわゆるコンベンションセンターですが、古風でとても雰囲気が出ていました。ただ、冷房の効きが悪く、かなり暑い思いもしました。ミラノといい、ハイデルベルグといい、昼の暑さは耐えがたいほどです。ただし、ハイデルベルグの場合は朝夕は非常に涼しいです。きっと緑と川があるためではないかと思います。町の写真と朝市、船上ツアーと学会の様子です。あと、タクシーの写真です。色がクリーム色で趣味が悪かったです。



ライブサージェリー

 今回の僕たちの学会ではライブサージュリーを10件行いました。2年前に参加したときもこのライブに感銘を受けていたので今回は主催する側で楽しかったです。実際には患者さんの手術日(順番も)の設定や、同意書作成など大変で、実際の手術も見やすい映像のために、無影灯なしで室内灯(と照明2基)の手術になるのでそれが少々大変なのです。それでもディスカッションしながらの手術はとてもエキサイティングでした。参加者にとって細かな技術や考え方の向上には非常に有益であると思います。
 ひとつの手術室に2人の技術者が入りカメラをコントロールします。その様子です。



坂東先生と

 2週間EIOに見学に来ていた坂東先生です。日本人の先生は初めてだったのでとても新鮮でした。坂東先生は将来の乳腺外科界を背負うホープです。



GRINDELWALD

















 スイス観光の主役のような場所グリンデルワルトです。山好きにとっては相当メジャーな町だと思います。人口は4000人程ですが、観光客は年間100万人にもなるそうです。アイガー、メンヒ、ユングフラウという三連峰のすぐ近くにあります。町からは数々のドラマを生んだアイガー北壁が良く見えます。なんと1912年完成のユングフラウヨッホ展望台(3571m)まで電車でいけます。天候に恵まれ、小ハイキングをしました。
 登山列車、アイガー、メンヒ、ユングフラウをはじめ氷河、花の写真などを載せました。





トップへ
戻る