生活日記2月

2003年02月27日

  大変忙しい毎日を送っています。臨床の仕事と平行して行ってきた研究をいよいよ世に出す時期が来ました。5月のイタリアの学会と6月のEIOでの学会(2年前に一度日本から参加したことがあります)で発表します。5月のイタリアの学会ではプレゼンもイタリア語です。思えばこんなことも今では出来るようになりました。はじめの大変さを思うとなかなか感慨深いです。内容は、簡単に言うと皮膚の血流を視覚的に把握するシステムについてです。              



2003年02月24日

 マルペンサ空港(ミラノの国際空港)。先日マルペンサで、2つのことを発見しました。一つは、車を空港に何日間か置く機会があったのですが、空港内は異常に高いので、日本の成田もそうですが、空港近くの安い駐車場に車を止めました。初めてのことだったので要領を得ませんでしたが個別の送迎バスを出してくれたりして結構快適でした。ただし、野外駐車で、帰ってきたときに信じられないくらい車が汚れていてびっくりしました(青い車が白い車になったかのように汚れていました)。もう一つは、今まで何度となく利用している荷物用のカートの話です。はじめに1ユーロを機械に入れなくてはいけないのですが、使用後はいつもカートをその辺に放置していました。それがなんと、しかるべきところにカートを置くと1ユーロが帰ってきていたのです。空港で放置してあるカートを盛んに所定の場所に戻して何ユーロも儲けている輩を発見しました。これからはちゃんと戻したいと思います。



2003年02月11日

  今週末は病棟当番で、ずっと病院通いでした。順番だから仕方がないですが、今週末はサッカーで、中村のレッジーナとインテルの試合や、ラ・ボエームという超有名なオペラがあったので是非見たかったので残念です。気を取り直して頑張ります。



2003年02月08日

  実は今週、手術室の名物婦長が突然辞めてしまいました。まったくの寝耳に水で、仕事の申し送りのようなものもまったくなく、まるで死んでしまったかのように忽然と消えてしまいました。実はミラノ市内の他の病院に行ってしまったのです。今まで、聞くところによると、彼女のせいで200人以上の看護婦(士)が辞めていったといういきさつがあったので、気のせいが多くの看護婦達が生き生きしてきたように見えます。ただ、存在感が強烈だったために(僕も初日に些細なことでこっぴどく叱られました)、今となってはちょっと寂しいです。でも病院にとってはいいことなのでしょう。きっと。



2003年02月06日

  今日は、グランドラウンドで僕の研究内容を発表しました。結構評判良かったです。実は何日も前から準備していたのでこれで一段落です。ほっとしました。生活風景に写真を載せます。



2003年02月05日

  今日ミラノでは、偶数のナンバーを持つ人しか車を運転できませんでした。Targhe alterneといい、公害(光化学スモッグ)の限度が一定以上になると施行される決まりのようです。車のナンバーの末尾には偶数と奇数があるわけですが、それぞれが運転できる日を交互に設定し、交通量を半減させるのが狙いです。公害の80%は自動車によるものと考えられているからのようです。ですから僕はトラムで病院に来ました。今週は、奇数番号の車をもつ僕は週末の日曜日と月、水、金曜日しか運転できません。違反すると約70ユーロの罰金です。中心部(チェントロ)では警察が盛んにチェックしていました。興味深い体験です。ミラノの他にはローマ、トリノ、フィレンツエなどにもある決まりのようです。来週はどうなるかはまだ分かりません。



2003年02月03日

 週末はまたスキーに行って来ました。日曜早朝に出発、夕方帰宅という強行軍です。高速道路事情の良さのおかげで、往復400kmのドライブもそれほど苦になりません。今回はLA THUILEというところです。実は前回行ったCOURMAYEURから10kmしか離れていないいわば隣のスキー場です。感想は、今まで行った中で一番日帰りに向いているスキー場でした。それは、アクセスが簡単で、リフト(ロープウェイ)乗り場のすぐ側に大きな駐車場があるからです。あいにくの超強風のために、天気自体は良かったのですが、体感温度はおそらくマイナス20度以上だったと思います。スターダストが舞っていました。ちょっと長時間は続けられなく、早めに切り上げました。生活風景のアルペンスキー写真集に載せます。今回もデジカメの異常で山頂での写真を中心に7割方の写真が撮れていませんでした。対策を練らないといけないようです。



2003年02月07日

 イタリアで見る日本人。テレビや町中で見る日本人は、サッカー選手である中田、中村。モデルの川原なんとかさん(?)はCMで見ました。歌手の小野リサはイタリア語の歌のCDを出し、そのCDが平然と店に並んでいました。それぐらいです。





トップへ
戻る