N. Y.行きNH10便にて
敵将、あっさり発見
2度目の発作
ICUの眠れない夜
お薬あれこれ
手術室へ
ビバ!サイバーパンク!!
本手術へ
3cmの忘れ物
つながった瞬間
断髪式、サラバ金髪
寝たきり生活は続く
放射線治療と
やがて訪れる退屈

退院を前に

トップに戻る

 

3cmの忘れ物

 

 翌31日。午前中にCTを撮りに出て、戻りはICUではなく通常の病室ということになった。父、母、兄、M子が見舞いに来てくれる。

 昼過ぎにY先生が来室して、傷の様子を調べる。この時点ですでに何やら怪しげな様子。先ほど撮ったと思われるCTの画像を見ては、首をかしげている。

 そこであるまじき事実が発覚。あろうことか、埋め込んでいた電線の一部を3cmほど取り除き損ねていたというのだ。とんでもない忘れ物である(笑)。

 その日の午後には家族に説明があり、追加処置が行われた。局所麻酔を頭に直接注射、頭皮を1cmほど切開しほじくられたのだが、これが猛烈に痛い。思わず「いたたた…痛いよ!」と叫び声を上げる。追加の麻酔をちくりと打って作業は続行。傍らのレントゲンモニタでしっかりチェックしながら、今度はきれいに取り除いてもらった。

←前へ | 次へ→