『月下獨酌』其の一

この漢詩は李白くんです

月見酒(その1)

春の夜、花見でもと酒徳利を持ち出したけど
一緒に遊んでくれる友達だれも来ぉへんねん

乾杯して夜空からキレイな月を招いたら
ワシの影と合わせて三人のツレになった

でもな
お月さんは、全然お酒飲まれへんし
影法師は、ワシに付いてくるだけや

まぁエエ
暫く、こいつらと春が行かんウチに楽しんでみよか
ワシが歌うたら、お月さんは夜空をウロウロ歩いて
ワシが踊ったら、影法師は地べたをユラユラ揺れる

起きてるときは、一緒に遊び楽しんでぇな
酔いつぶれてしもたら「ほなサイナラ」や
お月さまと影法師この感情のないモンとは
ずぅぅぅっと永遠に仲良くいられるんやし

ワシら三人は
「夜空の天の川で一緒また会おな」て約束するねん

表紙に戻る


『月下獨酌』其の一
花間 一壺の酒
独り酌みて相親しむもの無し
杯を挙げて明月を迎え
影に対して三人と成る
月 既に飲むを解せず
影 徒らに我身に隨う
暫く月と影を伴い
行樂 須く春に及ぶべし
我歌えば 月 徘徊し
我舞えば 影 零乱す
醒むる時 同に交歓し
醉うて後 各々分散す
永く無情の遊を結び
相い期す遙かなる雲漢に