2001年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 TOP
 
1月 特集:さらば20世紀
THE YELLOW MONKEY 活動休止の真相
THEE MICHELLE GUN ELEPHANTetc.
7月 山崎まさよし ニュー・アルバム、完全独占
aiko、THEE MICHELLE GUN ELEPHANT、
CARNE、中村一義、BUMP OF CHICKEN etc.
2月 奥田民生 ロックよ、さらに走れ!
THEE MICHELLE GUN ELEPHANT
THE YELLOW MONKEY
etc.
8月 BRAHMAN トシロウ20000字インタヴュー
CHARA、奥田民生、THE MAD CAPSULE MARKETS、
エレファントカシマシ、ソウル・フラワー・ユニオン
3月 Dragon Ash ニュー・アルバム完成!
TRICERATOPS、BUMP OF CHICKEN、SOPHIA、
ゆらゆら帝国、山嵐、BOOM BOOM SATELITES etc.
9月 Mr.Children 桜井和寿、一年ぶりの完全独白
ROCK IN JAPAN FES.2001、スピッツ、宇多田ヒカル
FUJI ROCK FESTIVAL'01、ゆず、SADS etc.
4月 浜崎あゆみ 衝撃の40000字インタヴュー
Dragon Ash、石野卓球、山崎まさよし、m-flo、AIR、
岡村靖幸、BUMP OF CHICKEN、SOPHIA etc.
10月 THE HIGH-LOWS 甲本ヒロト単独インタヴュー
CORNELIUS、BUMP OF CHICKEN、HUSKING BEE、
smorgas、鬼束ちひろ、pre-school、bird、スガシカオetc.
5月 宇多田ヒカル 決定版:宇多田ヒカル!
THEE MICHELLE GUN ELEPHANT、Cocco、
岡村靖幸、RIZE、J、山崎まさよしetc.
11月 CORNELIUS 4年ぶりのアルバム『POINT』
奥田民生vs磯部正文、Mr.Children、RIP SLYME、
BUMP OF CHICKEN、LOW IQ 01 etc.
6月 THEE MICHELLE GUN ELEPHANT
THE MAD CAPSULE MARKETS、
LOVE PSYCHEDELICO、BUMP OF CHICKEN etc.
12月 スピッツ、第三の季節へ怒涛の突入!
特集:争いを前に今、ロックは何を鳴らすべきなのか?
スガシカオ、スーパーカー、RIZE、真心ブラザーズetc.
 
空前の高支持率を誇った小泉内閣が誕生した2001年の音楽界はまず、宇多田ヒカルと浜崎あゆみのアルバム同時発売が話題をさらった。売上げ結果は宇多田ヒカルが上だったが、この年のポップス界は2人がリードしたことに間違いない。JAPANでも、2人がそれぞれ4月号、5月号と初の表紙を飾り、大きな話題を呼ぶ。それまで女性シンガーに限られていた和製R&Bブームは、男性ヴォーカリストに飛び火し、前年にブレイクした平井堅に始まり、ケミストリー、ゴスペラーズが人気を得る。また、RIP SLYME、KICK THE CAN CREWらにより、ヒップホップが堂々とお茶の間に流れ始めた。
2001年最大の事件である、9月に起きたアメリカ同時多発テロは、音楽界にも大きな影響を及ぼした。JAPANでは12月号に「争いを前に今、ロックは何を鳴らすべきなのか」という特集が組まれ、シリアスなミュージシャンの意見が掲載された。またこの年は、Coccoの活動停止、CORNELIUS、小沢健二の活動再開という話題もあった。