2001年8月号 VOL.207
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 2001年TOP TOP
 
表紙 BRAHMAN
SPECIAL BRAHMAN ブラフマンを暴いた!トシロウ20000字インタヴュー
INTERVIEW ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2001 いよいよ開催まで20日、タイム・スケジュール発表
  CHARA 全曲解説&7枚のアルバム・レヴューで現在位置を多重奏
  奥田民生 大名曲“The STANDARD”誕生
  エレファントカシマシ スリリングな季節の到来を告げる激論取材
  ソウル・フラワー・ユニオン 最前線に帰還した孤高の戦記
  THE MAD CAPSULE MARKETS 飽くなき内的闘争の末に辿り着いた境地を今、語る
  RIP SLYME ポップ・シーンの鳩尾にヒップホップの魔球をねじこむ
  GRAPEVINE すべての可動スウィッチを押す全能アルバム
  Steady&Co. “Stay Gold”を引っさげ「最強新人ユニット」堂々の登場
  eastern youth 一大叙事詩『感受性応答セヨ』
  BACK DROP BOMB 露になった複雑怪奇なメカニズムを肴にクロスdeトーク
  54-71 謎の海綿体のごときブレイクビーツ・アルバム
  SHAKKAZOMBIE 誰も知らないオオスミの心、今ここに
  GOING STEADY 汗と涙の全面放射『さくらの唄』
  Hermann H.&The Pacemakers 初ロング・インタヴューで知恵くらべ
  椎名純平 根深きソウルの振れ幅を暴き出す
SCENE THE HIGH-LOWS ロックンロールを奪還するシングル“十四才”
  電気グルーヴ セルフ・トリビュート・アルバムリリース
  bloodthirsty butchers 新曲“nagisanite”の気の遠くなるような美
THE LIVE! 石野卓球、pre-school、NUMBER GIRL、m-flo、EAST WOMAN、
Missile Girl Scoot、little creaturss、DMBQ、つじあやの、Stereo Fabrication of Youth
LIVE JAPAN 小島麻由美、東京スカパラダイスオーケストラ
NEW COMER AOA
CHECK IT OUT! Tommy February6、松崎ナオ、zoophilia、三木道三、NEVER GOOD ENOUGH、
THE JERRY LEE PHANTOM、STORM、COATZ、サード・クラス、m's q's、
Port of Notes、Lita、小林建樹、drug store cowboy、妄想族、ガガガSP、ALL LIVING THINGS、
Brownies、COO、谷口崇、風神、bice、京田未歩、天野月子、伊藤サチコ、松浦友也
JAPAN REVIEW THEE MICHELLE GUN ELEPHANT、スーパーカー
JAPAN CRITIQUE RISING SUN ROCK FESTIVAL 2001(能野哲彦インタヴュー)
DISC&VIDEO REVIEW
(ALBUM)

合評:GRAPEVINE『Circulator』
ソウル・フラワー・ユニオン、eastern youth、Mr.Children(best2作)、電気グルーヴ(self tribute)、
AJICO(live)、RIP SLYME、BBQ CHICKENS、チェンバロ、椎名純平、fOUL、WRENCH(mini)、
Port of Notes、キセル、FEED、Youjeen、zoophilia、CANNABIS、ラッパ我リヤ
(SINGLE) THE HIGH-LOWS、宇多田ヒカル、奥田民生、BACK DROP BOMB、Steady&Co.、
エレファントカシマシ、bloodthirsty butchers、suger soul、スガシカオ、J、キリンジ、
スケボーキング、小島麻由美、Hermann H.&The Pacemakers、
東京スカパラダイスオーケストラ、ホフディラン、GO!GO!7188、宇頭巻
(VIDEO) 中村一義(clips,live&etc.)、THEピーズ(live)
 
JAPAN TIMES: ミキとナテンの覗き窓(ハヤシ(POLYSICS))、教えてクンタキンテ(デーブ大久保)、
ジャパリンピック2001(
In the Soup)、
FREE BOX
 MOVIE:
スティーヴン・スピルバーグ監督『A.I.』、『テルミン』、TV:TOKIO
 BOOK:リーナス・トーバルズ&デイビッド・ダイアモンド『それが僕には楽しかったから』、
 平間至『捨て猫ミーちゃん』
いざ戦場へ!、鹿野淳の食獣日誌2001、中込智子のケモノ道通信(
ミスター・スポック
場末のクロストーク(
其田尚也vs柴那典)、みずしな孝之「妄想トリビュート」(新連載)
TOPICS: ・Oblivion Dust解散
・元wilberryの城理生がソロ・プロジェクトduskを始動