2001年7月号 VOL.205
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 2001年TOP TOP
 
表紙 山崎まさよし
SPECIAL 山崎まさよし 最新作『transition』独占クローズ・アップ!
INTERVIEW ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2001 遂に最終ラインナップ決定
  aiko aikoが作ってるのは「歌謡曲」
  THEE MICHELLE GUN ELEPHANT 5・23ドキュメント&チバの最新インタヴュー
  CARNE 二つの極点が描いた切り裂かれた世界
  中村一義 遂にレコーディングに突入
  BUMP OF CHICKEN 知られざるメモリー・オブ・アーリーデイズ
  LOVE PSYCHEDELICO 2ヵ月連続インタヴュー・KUMI編
  ウルフルズ 久々登場のトータスと恒例セメント・マッチ
  SADS 清春、SADSを捨てて黒夢に回帰したか?
  SHING02 知能犯の本性と革新性
  EGO-WRAPPIN' 『満ち潮のロマンス』を引っさげ初登場
  チェンバロ 初のフル・アルバム遂にリリース
  POLYSICS マジック・マッシュルーム・アルバム誕生の秘密
SCENE BRAHMAN 2年半ぶり待望のアルバム
  GRAPEVINE アルバム完成!絶倫の季節に向かって
  GOING STEADY セカンド・アルバム『さくらの唄』をリリース
  GOING UNDER GROUND 『グラフティー』、期待以上の出来
THE LIVE! CHARA、くるり、RIZE、TRICERATOPS、ゆらゆら帝国、GREAT3、
PLAGUES、電撃ネットワーク、KICK THE CAN CREW、鬼束ちひろ、牧謙次郎、Hi-5
NEW COMER 空気公団
CHECK IT OUT! RIP SLYME、岡北有由、FEED、キセル、古明地洋哉、KOHKI、龍之介、
DABO、SOBUT、少年ナイフ、THE MODS、青山陽一、ZZ、大久保海太、
FANATIC◇CRISIS、What's Love?、cameramans、HOLiDAYS、森久保祥太郎、春木慎平
JAPAN REVIEW Cocco、浜崎あゆみ
JAPAN CRITIQUE 特別企画:ロック憲章を学びた〜い 大貫憲章インタヴュー
DISC&VIDEO REVIEW
(ALBUM)

合評:BRAHMAN『A FORLORN HOPE』
   CHARA『マドリガル』
   山崎まさよし『transition』

THE MAD CAPSULE MARKETS、aiko、THE YELLOW MONKEY(best)、
SHAKKAZOMBIE(mini)、54-71、GOING STEADY、古明地洋哉、
加地秀基(instrumental)、カヒミ・カリィ(best)、advantage Lucy(best)、
堂島孝平、岡北有由、DABO、rei harakami、LABCRY、青山陽一、
サンプリングサン(mini)、The Kaleidoscope
(SINGLE) SHERBETS、AJICO、GRAPEVINE、TRICERATOPS with LISA、SOPHIA、Sads、
チェンバロ、KICK THE CAN CREW、RIP SLYME、GOING UNDER GROUND、
ZEPPET STORE、SOBUT、Youjeen
(VIDEO) NUMBER GIRL(live)、スピッツ(clips/live,DVD)
 
JAPAN TIMES: ミキとナテンの覗き窓(中尾憲太郎(NUMBER GIRL))、教えてクンタキンテ(遠藤章造(ココリコ))、
ロック語る死す(隔月新連載、
曽我部恵一が語るVIBRASTONE『ENTROPY PRODUCTION』)、
FREE BOX
 COMIC:
やまだないと『西荻夫婦』、BOOK:中原昌也『あらゆる場所に花束が…』
 DEMO:
小倉あやまれ友の会、MOVIE:須永秀明監督『けものがれ、俺らの猿と』、EDUCATION:円周率
いざ戦場へ!、鹿野淳の食獣日誌2001(
おむすび)、
中込智子のケモノ道通信(新連載、
鈴木美潮(読売ウイークリー)
場末のクロストーク(
古河晋vs上野三樹)、井上三太「ティラウチ完太郎」
TOPICS: