BEN FOLDS FIVE AT東京国際フォーラム

今日はBEN FOLDS FIVEのコンサート。行くのは2年ぶり2回目。前回は赤坂BLITZ。時間は早めの5時スタート。席は1階の前のかたまりの一番後ろでした。ステージはピアノ2台にドラムセットがあるだけのシンプルなもの。観客は意外に超満員。今日は最終日でした。

1曲めはNEW ALBUMのラインホールト・メスナーの肖像からDON’T CHANGE YOUR PLANS。最後はトランペットが入って締めました。続いて、1枚目のOUTTAKEEMALINE。そしてシングルになったARMY。ベースが前に乗り出し、ピアノを最後は2つも使って演奏。今回のアルバムはストリングスも入って、ハードさがなくなったといわれてるが、どうしてどうして。演奏は未だエネルギッシュ。次は1枚目から懐かしのALICE CHIRDRESS。そしてピアノ・オンリーで始まる、MAGIC。ここでMC。合間にピアノのちょっと壊れた?部分を手直し。そして、ドラムの大活躍にBENのピアニカが絡む、STEVEN’S LAST NIGHT IN TOWN。ちょっと毛色の変わった曲ですが、ライブでは盛り上がる。日本語でのコミカルな応対のあと、NEW ALBUMの中では最もいままでのBFFらしい、YOUR REDNECK PAST。これは激しいピアノにベースも絡み盛り上がります。美しいピアノのバラードのMESSが対照的に続きます。短い曲であるHOSPITAL SONGが終るや否や、あの印象的なイントロで始まるPHILOSOPHYが…この曲はほんとに鳥肌が立ちました。歌詞もいいです。最後の盛り上がり部分も。次はベースのソロから始まる、FAIR。コーラス部分のPAPAPAパパパが耳に残ります。長いピアノの導入部分からNARCOLEPSYJOE JACKSON的な曲調です。REGRETSをやったあと、2枚目のTOPONE ANGRY DWARF AND 200 SOLEMN FACES。これはノリノリ。最後は1枚目からUNDERGROUND。デビューシングルです。アンコールはまず、JACKSON CANNERY。これは前回やってなかったので嬉しかった。STOP THE BUSから始まる奴。そして最後は日本語で金返せ。大盛り上がり大会でした。最後は観客もステージに上がって、ドラムやシンバルをたたきベースにピアノにも参加というてんこもり状態でした。

BEN FOLDS FIVE JAPAN TOUR 99 (TOKYO KOKUSAI FORUM99/9/11,5:00-6:40)
(曲目)1.DON’T CHANGE YOUR PLANS2.EMALINE3.ARMY4.ALICE CHILDRESS5.MAGIC6.STEVEN’S LAST NIGHT IN TOWN7.YOUR REDNECK PAST8.MESS9.HOSPITAL SONG10.PHILOSOPHY11.FAIR12.NARCOLEPSY13.REGRETS14.ONE ANGRY DWARF AND 200 SALEMN FACES15.UNDERGROUND(ENCORE)16.JACKSON CANNERY17.金返せ

のページへ戻る