<1/14更新 今週の保育>



いよいよ3学期が始まりました。
3学期は実質2ヶ月程ですので、とても短いのですが、お遊戯会あり、卒園・進級準備ありで、
内容的には、とても充実した学期でもあります。
年度末を迎え、卒園や進級など、子ども達の気持ちも更に高まる時期だけに、
子ども達の想いを大切にしながら、保育を進めて行きたいと思います。

また、それとは別に、年末から懸念されていたコロナ感染ですが、年明けから急激に拡大してきました。
わずかの2週間程で10倍近い感染が報告されています。
そして昨日13日の都知事の会見でも、今後の方針として、病床率が20%に達した時点で“まん延防止対策”、
50%に達した時点で“緊急事態宣言”とされましたが、マスコミでは「時間の問題」という見解も多いようです。

ただ、当園としましては、いつ緊急事態が宣言されるか、また宣言された場合の対応などがどうなるのか?
ということが懸念されます。

事実、過去に緊急事態宣言が出された場合、休園要請や公共施設の貸出不可などがありました。
これからお遊戯会や卒園準備などを迎えるにあたり、今後の展開について、
事細かに政府の対応を考慮していく必要がありそうです。

そのような状況において、当園での感染対策も、今までの内容を再度確認して、
できることをしっかりと続け行きたいと思います。
そして、これからの見解ですが、今回の感染状況は、今までにないスピードで拡大しています。
また都の病床率を基準にした場合、その感染数はどこまで拡大するのか判りません。
そうなれば、やがて当園の関係者からも感染が報告されるケースも考えられ、お遊戯会を始め、
各行事に変更が生じる可能性もあります。
しかし、この様に感染が急激に拡大すれば、それもまた仕方がないことなのかも知れません。

先にも言及しましたが、本来でしたら3学期は子ども達を始め、誰しもが新年度に向け、
心の準備が高まる時節です。
しかし、コロナ禍が深刻になりつつあるだけに、その対策も並行して検討しながら、
3学期の保育を計画したいと思います。

保護者の皆々様、関係各位の方々には、本年そして3学期からも宜しくお願い申し上げます。







もどる