REPORTS

 

マルセイユ観戦&観光レポ @ DATE : 2006年1月3〜13日
     
現地レポ : MAKI  

  

2006年1月3日

まだ三が日中というのに、親の文句も『お土産買ってくるからさぁ〜』でごまかし、

ロンドン経由でマルセイユへ!

2006年1月4日

早速、今日はマルセイユの練習場へ行こう!と、張り切って朝、起床!とはいえ、

練習が始まるのが何時かもわからないし・・・

練習は非公開らしいし・・・

浩二に会えるのかわからないし・・・

でも、まぁ、きっと朝10時くらいから練習が始まるものだろうと思い、

11時くらいに練習場に着くように、まず、ちょっと街を散策。。。

ホテルから港の方へフラフラ歩いて行くと、港の前にウワサのOM Cafe発見!

 

OM Cafe

Cafeの横にチケット売り場があったので、今夜のランス戦のチケットを購入。

それからタクシーに乗り、練習場へGO!

。。。と、運転手さん、英語できませーん!

えっと、えっと・・・『Commandarie, s'il vous plâis』と片言のフランス語で言うと

どうやら通じたらしく『OK!OK!l'Olympique Marseille ? Nakata?』というので、

必死に『Oui, oui!』!

で、市街地を抜け、山道を行くこと30分くらい。そして着いたのが、ここ!!

 

 

マルセイユのクラブハウス

Commandarie

いや〜!まさに抜けるような青空で、空気は冷たいけど、

陽射しが暖かいので、フェイクファーのコートが邪魔なほど!

運転手さんに『練習が終わるまで待っていて〜』というようなことを言うと、

『じゃぁ、ちょっと練習を覗きに行こう!』というような感じでタクシーにまた乗り、

練習場の裏へ!しかし、塀が高くて何も見えないよ。。。声は聞こえるけど。

今日は試合だから出場選手は練習はないはず。

ということは、この声は浩二?!

すると、運転手さんがボンネットの上に乗り、

『ヒューヒュー(口笛)!ナカータ!!!』

私:『えっ?浩二?浩二?(日本語)』『ナカータ???ナカータ???』

すると運転手さんは私のこともボンネットの上に乗せてくれ、

また『ヒューヒュー(口笛)!ナカータ!!!ナカータ!!!』!

そうしたら、3、4人で鳥かごをやっていた浩二も気がついたようで、

こっちを向いて、手を振ってくれました!きゃーっ!!!!!

思わず、運転手さんに抱きつく私。

 

 

運転手のモーリスおじさん

さて、表門に戻り、待つこと・・・1時間くらい。

無事、浩二に会うことができました。

 

浩二とお話して、もう気持ちがいっぱいいっぱいになったので、

モーリスおじさんに、また街中まで連れて帰ってもらいました。

そして、またよろしくね〜♪と。

 

この日の夜はStade Velodromeでランス戦。

浩二は出ないけれど、見に行こう〜と、一旦ホテルに帰って

お昼寝の後、出発!

スタジアムまではバスで行けるらしいのでラクちん♪

 

冬のヨーロッパは日が暮れるのが早いので、

ホテルを出る時には、もうすっかり真っ暗。。。

まだクリスマスの名残りを残す街のイルミネーションがキレイでした。

 

 

 

マルセイユのホームスタジアム

スタッド・ベロドローム

 

 

スタジアム内は、さすが熱狂的で知られるマルセイユ・サポ!

すごい声で迫力満点です!

 

 

ランスサポは『出島』に閉じ込められつつも、応援しています!

というわけで、1−1のドローで、試合終了!

全然、アブナイ思いをすることもなく、無事にホテルに帰りました。

Aにつづく。。。

 

    

TOP PAGE REPORTS Index