REPORTS

 

クラブハウス・練習見学レポート DATE : 2001年2月26日
     
現地レポ : スガシカコ特派員  

  

代表も戻って来て、鹿嶋での本格的なチーム練習は今日からという感じ。
ランニング組はヤナギ、満男、野沢、小林。

ゴム組(ゴムの中に電車ごっこのような状態で入って、前の人が後の人をひっぱる動き)は

カネゴン&根本ペア、武士&よしろ〜ペア。
平瀬は室内練の後、軽いランニングをし、少し体動かすという感じ。
レギュラー組はミニゲームなどをしていた。(あんまりよく覚えてないの。)
ほぼ2時間近くの練習。
平日にしては、かなりファンが多いので、ファンサービスは黒山のひとだかり。
浩二はどんなの多くても、ちゃんと応対。車は道路側にはなかったのに、

“おばちゃん”(管理人注:浩二と仲良さげな地元ファンのおばさん)がいたから、

道路側にわざわざ車からおりてまで、ファンサービス。
頭がさがります。えらいよ、浩二。

午後は鹿島神宮で必勝祈願。

花粉症の私には杉だらけの鹿島神宮なんて、大丈夫かしら?
と心配しつつ、選手が来るのを待ってました。
まず、隆行がおりてきて、浩二はカネゴンと楽しそうに笑ってる。
ラストはミツオ。ファンのカメラがよっぽどいやらしく、ずっと下を向いて歩いてる。

神殿前に整列して、キャプテン本田、牛島社長、セレーゾ監督、選手会長秋田が一歩前に立ち、
最前列は隆行、浩二、松島、クマ、よしろ〜、高桑、ミツオ。
ヤナギはわざとうしろの方に隠れてたみたい。
祈祷が行なわれた後、御神酒を選手全員がいただき、
全体写真撮影の後、バスへと戻っていきました。
スガシカコは浩二しか目に入ってないので、気付きもしなかったけど、
モトがいなかったらしい。
そして、その後、友人が市内の歯医者でモトの車らしきを見かけたと。
とにかく、体調がよくないから、欠席したようだ。

この日は夜、セントラルホテルにて、チームスポンサーなど、関係者とのキックオフパーティがありました。
中で歌を披露する友人に再三“潜りたいよー”とお願いしたけど、
“入れてあげたいけどね。600人もいるんだよ”と。
ここでも一番人気は浩二だったとの話。写真撮影に行列をなしてたらしい。

鹿嶋の夜は星がきれいと明日を待った。

Page up

 

    

TOP PAGE REPORTS Index