REPORTS

 

2002年6月1日 中田浩二選手 日本代表会見インタビュー DATE : 2002年6月1日
     

メンバーを固定せずにチーム作りをしてきたトルシエ・ジャパン。しかし指揮官はディフェンスだけは多くの選手を起用しようとはしなかった。「フラット3」の中で、昨年全てのAマッチに出場したのは中田浩二ただ1人。

トルシエの申し子と呼ばれた男が、開幕を迎えたW杯について語る。

Q.いよいよ開幕しましたが。
A.そういう話はこれまでそんなにしてなかったんだけど、開幕戦を見て、やっと始まったって感じを受けましたね。

Q.気持ちも盛り上がってきたのでは?
A.やっと始まるので、徐々には感じてきてます。

Q.雰囲気はいかがですか?
A.中山さんとか秋田さんとか、そういう人たちが、いい雰囲気をつくってくれています。

Q.先日の練習試合への出場はなかったそうですが?
A.コンディションに問題があるわけではないです。練習試合のときに監督から出ないでいいと言われました。

Q.小野選手、宮本選手の様子は?
A.ずっと一緒なんで話はしてますし、落ち込んだ様子もないし、2人とも全然元気ですよ。

Q.ここ数試合、失点が続いていますが、DFとして何か修正は?
A.失点が全部DFのせいと言われてしまうとつらいんですけど。チームとしての問題だし、確かに失点はしたけど、問題点や課題が見えたし、試合でわかったのは良かったと思います。本番で同
じミスをしなければいいわけだから、修正はできています。本番にはいい状態で臨めると思います。


Q.DF同士で何か確認は?
A.DF内でもう一度確認はしましたし、ご飯を食べている時にも話して、確認はしていますから。

Q.監督から指示は?
A.特にそういうものはないです。ラインを上げるか下げるかは相手にもよるし、でかい人が前にたくさん来たらラインを上げるし、特に決められたものはありません。

Q.ベルギー戦の研究はしていますか?
A.特にまだしていないです。試合のビデオは見ましたけど、どういうパターンがあるかも把握しきってないです。

Q.ベルギー戦は自信はある?
A.そうでなければまずいと思う。初戦は大事だし、絶対落とせない試合ですから、しっかりやりたいです。

Q.大会の抱負を。
A.ステップアップの場になればと思ってます。これをステップにして、Jリーグや今後につなげていきたいです。

Q.個人的な目標は? 
A.負けるのは嫌なので、優勝、とにかく勝ちつづけたいと思います。

Q.各年代の代表でトルシエとは4年間つきあいがあるわけですが、ワールドカップはその最後となります。今大会をそういう意味でどういったものにしたいですか?
A.そういう考えはないし、勝っていければ、それだけトルシエと一緒に長くやれるわけだから。別にトルシエのためにという思いがあるわけではないけれど、勝っていければ恩返しにもなりますから。

 

 

Page up

 

    

TOP PAGE REPORTS Index