REPORTS

 

2002年1stステージ第5節 ベガルタ戦観戦レポート DATE : 2002年4月6日
     
現地レポ : みく  

  

アウグストが出場停止ということで、スタメンに関してはたくさんの情報が流れていた、VSベガルタ戦。

キックオフには間に合わずFMかしまでスタメン情報を聞いていました。

「アウグストが抜けたところには金古が入るのでは。」という私の予想ははずれ、

4バックには中田浩二がはいっちゃいました。個々の選手の詳しい批評なんかは、

雑誌にいくらでも載っているので全体的なことを書きました。

(アントラーズを応援する立場から書きました。)

試合内容は悪くはなかったと思います。ディフェンスにはいった中田も慌てることなく

プレイできたと思います(代表でのDFとしての経験の現われかもしれませんね)。

ディフェンスは普段どおりだったと思います。

中盤に関しては、普段よりも連携、バランスが悪かったのではないでしょうか。

原因は中田がいなかったということでしょう。この試合でわかったことのひとつとして、

中盤における中田の存在は大きかったということだと思います。

そして、オフェンスですが、悪すぎます。あれだけのチャンスをものにできないというのは........。

FWの役目は点を入れるということだけではありませんが、

相手ゴールにいちばん近い場所にいるのはFWなんだから、やっぱりFWに得点してほしいものです。
そして今後の課題と思われるものは、『誰かひとりが抜けても負けないチーム』だと思います。

 

この試合で、アウグストが抜ける→その穴埋めのような形でボランチの中田が

ディフェンスラインに下がる→中盤が崩れるということが起こったのではないでしょうか。

しかし、そのような状況で相手チームよりも攻めていたという事実もあります。

アントラーズというチームは強いですがそれは、ベストメンバーが揃ってのこと。

誰が出ても強いアントラーズでいてほしいです。 

 

Page up

 

    

TOP PAGE REPORTS Index