REPORTS

 

日本代表候補合宿 DATE : 2002年2月27日
     
レポ : MAKI  

  

2月25日から静岡で行なわれている代表候補合宿の最終日、

27日に一般公開で紅白戦が行なわれるとのことで、早速チケットをGET!

それにしても、紅白戦なのに入場料1,000円とは・・・せこいなぁ、日本サッカー協会も・・・。

 

3時半開場ということで、12時過ぎに日本平スタジアム到着!もう既に列がかなり

長く続いています。日本平という場所柄か、オレンジ色っぽい人や、サックスブルーっぽい人が

多いけど、さすがアントも7人もの代表候補を送りこんでいるだけあって

アントのスタジアムやクラブハウスでよく見かける人も何人も来ていました。

 

入場は30分繰り上がって3時に。入場した途端に、みんな走る走る!!

私達もバックスタンドの前の方を狙っていたので、入場するとダッシュ!!

無事、バックスタンドの前から2列目、真ん中よりちょっとアウェー側に陣取りました。

 

さて、いよいよ選手登場。サッカー少年達と入場し、代表激励会とのことで、

サッカー少年と記念撮影。メインスタンドに向かって立っているのですが、

浩二は選手の中で1人、ハーフパンツなので、遠目でもよくわかりました♪

でも、他の選手は“あれ〜、ヤナギさんはどれ〜?”てな感じで、なかなか

分からず・・・実は今日は眼鏡も双眼鏡も忘れて来てしまったのでした(><)不覚!!

 

まずは黄色ビブス組を赤ビブス組に分かれてアップ。浩二は黄色ビブスのNo.20。

最初、ハーフウェイラインよりもホーム側でアップをしていたので、よく見えな〜い!!

すると、やっぱりファンへのサービスなのか、今度はこちら側へ来てアップ。

三角にボールを回して、最後にシュートをするという練習。どの選手もなかなか動きがよく、

浩二も遠征・連戦の疲れも見せず、真剣な面差しでボールを追っていました。

 

アップの後、一旦退場して、今度は新代表ユニで登場。紅白戦なのでビブスでやるのかと

思っていたのだけれど、新ユニお披露目となりました!浩二は当然16番よね〜・・・

と思っていたら、なんと、青ユニの11番!!16番は俊輔でした。満男さんは白ユニの11番。

どうやら黄色ビブスの主力組が青ユニで、赤ビブスのサブ組が白ユニのようでした。

察するに、背番号はいつものとは違う、好き勝手なものを付けていたような気がします。

スタメンは

青組(なんか加茂さんみたいだな〜)

GK: 楢崎

DF: 宮本、大岩、中田

MF: 波戸、中村、戸田、福西、森島

FW: 高原、西澤

 

白組

GK: 南

DF: 山口、鈴木秀、秋田

MF: 市川、本山、遠藤、藤田、小笠原

FW: 中山、久保

 

でした。主審はW杯審判に選ばれた上川徹さん。やっぱりW杯に向け、多くの試合を

こなそうということなんでしょうか。そういえば、ゼロックスも上川さんでしたよね。

各選手、やぱりここがアピールの場だと思っているのか、かなりハードにボールに行きます。

中でも特に目を引いたのがモリシ。やっぱりいい動きで、再三いい飛び出しを見せました。

久々のタカも、やる気満々でFWとしての迫力十分でした。

全体的には、やはり主力組の青組が優勢で、白組は攻撃の起点がなく、市くんがいい上がりを

見せるも、なかなかチャンスにつながる展開にはなっていませんでした。

ツネさんのフラット3真ん中はやっぱり、安心してみていられます。今日はマツ、森岡が

怪我で不参加だったため、青組では大岩が右側をやっていたけど、ラインもきれいに揃って、

無難な出来だったような気がします。浩二は何度かいいオーバーラップをしましたが、

点にはつながらず。というわけで1セット目は0−0のまま終了。

 

2セット目は、青組のGKがソガちゃんに、波戸が酒井くんに、戸田がおっくんに、

モリシがサントスに、そしてタカが隆行(7番)に交代、一方、白組は南が楢崎に、

ゴンちゃんが山下に交代してスタート。俊輔がトップ下に入って、左サイドにはサントスという

見てみたかったコンビ!!何度か俊輔からサントスにナイスパスが通って、

会場からも“おぉ〜”という歓声が。ソガちゃんはこちらサイドだったので、

大きな声でコーチングしていて“コージ、コージ”と、浩二に盛んに何か言っているのが

よく聞こえました。

 

そうこうするうちに浩二がボンバー中澤くんに交代してしまいました(><)

ここからは満男さんウォッチするか〜!!交代後、浩二はグレーの“KIRIN”トレーナー

(胸の部分に赤でKIRINと刺繍のあるグレーのトレーナー)に着替えてベンチに戻ってきて、

グランドコートを羽織って観戦していました。

あと、西沢がヤナギさんに、白組のモトが藤本主税に交代。ヤナギさんは背番号14番!

藤本がすごいいい動きをしていました。やっぱり、ここでアピールしようとしてるんですね〜。

でもゴールにはつながらず、主税の阿波踊りは見れませんでした(^^; 

その後、前田遼一くんが久保竜に代わり、in。

ゲームは福西がペナルティエリア内で秋田さんに倒され、PKとなり、

隆行が決めて、1−0で青組の勝ち。流れの中からの得点を見たかったけど、

まぁ、中盤でのボールの奪い合いも激しくて、それに代表候補の白熱した紅白戦なんて

めったに見れるものではないので、おもしろかったです。

 

それにしても、新ユニ、見慣れないせいもあるけど、なんか、ヘンですね。

背番号の字もなんかな〜・・・。特に白いセカンドユニは、胴と背部分が薄いグレーで、

なんか違う・・・。でも、きっと見慣れれば大丈夫なのかな・・・?レプリカ買うかどうか

悩みどころです。

 

以上、公開紅白戦レポでした。

 

後日談:

小耳に挟んだところによると、紅白戦のときの背番号は強制的に渡された物だそうです。

ベルギーとかの視察も来ていたから、本当の背番号は明かさず、かく乱する作戦だったのかな?

Page up

 

    

TOP PAGE REPORTS Index